見出し画像

野鳥とニュートリノ

こんにちは。

6月になりましたね。

過密スケジュールに追われながらも、大好きな夏がそろそろスタート♪

==========

先の週末3日間、緊急事態宣言が延長のため、温泉宿はあきらめて、山へ行ってきました。

==========

滞在したのは、岐阜の高地で、知人所有の無人家屋です。

==========

目的は野鳥観察とニュートリノ


目的①野鳥

わたしは、鳴き声の聞き分けが、ほとんど出来ません。

ーーま、どうせわかんないし♪

あきらめることは、気分を自由にします。色々さえずりが聞こえても、探し回る気持ちもなく、のんびり。

相方は、音をたてずに双眼鏡と一心同体。気配を消しながら野鳥観察。

忍者か。

画像9

コゲラの掘ったあと。

画像10

さえずりの中、望遠かついで木洩れ日を満喫。


唯一撮れたオオルリ

画像1

背景は月ではありません。デジスコ撮影なので、レンズ輪郭です。

画像2

拡大したら、ピントが木肌に合ッテタ。

ルリ色。鮮やかな色。

==========


目的②カミオカンデ訪問

◆前置き

今年の頭にnoteを始めた頃、ちょろんと記事にして載せたカミオカンデ♡

==========

◆カミオカンデのnote紹介

無限という概念さえも超えている宇宙。

==========

◆カミオカラボの場所と料金

カミオカラボは、飛騨市の道の駅「スカイドーム神岡」にあり、入館無料です。

==========

◆スーパーカミオカンデの本体を構成する玉の模型

画像3

画像4

丸い玉の直径は50センチ。

==========

次の写真をご覧ください。

広大な筒状の内部に、この球体がびっしりと並べられています。本物のスーパーカミオカンデには、見学者は入れません。しかし疑似体験できるムービーが、館内でまめに上映されています。

3人の人間がいます。この巨大なタンクの中に、きれいな水を入れて装置とします。

画像6


==========

◆スーパーカミオカンデって?

宇宙に飛び交う素粒子「ニュートリノ」を観測する装置が「スーパーカミオカンデ」です。

無数に飛び交う素粒子「ニュートリノは」とてつもなく小さいため、何でも突き抜けてしまいます。

その質量は0.0000000000000001以下。0は16個。 

この装置で、質量ゼロだと思われていたニュートリノをつかまえて、反応させることで『ピカッ』と光にし、確認できるようになりました。

無数に飛び交っている素粒子。にもかかわらず、この巨大な「スーパーカミオカンデ」でさえ、めったに反応してくれないそうです。でも発光色は、とてもカラフルでキレイ!そして種類もいくつか(3つか?)あるらしい。オモシロイ!

宇宙には大量のニュートリノが、ピューピューと無数に飛び交っていて、熱量の高い太陽からもバンバンに発生。何かの小爆発などがあるたびに、どんどん絶え間なく大量のニュートリノが発生し続けて、宇宙はニュートリノだらけ!!

今も宇宙から地球へ、日本へ、この体中へ、降り注ぎ続けています。

見えないだけで、ニュートリノは、この瞬間も、私たちの体を無数に突き抜けています。

==========

◆館内の様子

こんな時期なので、とても人が少なく、安心して見ることができました。

館内に入ると、スーパーカミオカンデの案内上映が4~5分。擬似体験の臨場感で、体がのけぞります。

一人のスタッフお兄さんが、プリキュアが持ってそうな7-8センチほどの星のオモチャがついた棒をもって、そばに立っていました。

お兄さん曰く、その星くらいの小さな面積でさえ、一秒間に5,000億個のニュートリノ素粒子が通過しているそうです。

画像7

==========

いつもは無口な理系の相方が、

ーーちょっと聞きたいことがあります

とプリキュアお兄さんを捕まえました。

ーーニュートリノって何の役に立つんですか?


なんつーことを聞く……!


プリキュア兄貴は、真顔で、

ーーここに答えがあります

と、壁に貼られた一枚のビニールを、プリキュア棒でペロンと、めくりました。

そこには「何かの役には立っていない、まだ今はね!!」という趣旨の一言が。


館内は広くないです。小学校の体育館くらい。

各コーナーをじっくり見せていただいて、個人的にはカムランドのコーナーに感動!(説明は、伝える自信質量ゼロのため、省きます)

==========

私のココロ、ピカッと発光しました。

前回の「ピカッ」は、水月湖年鎬博物館だったなぁ、と思い出しながら、おやつの牛肉を買い込んで、山小屋へ戻りました。

まだ見つけられていない大事な使命は、これから見つかるんだ

と、山の木々の間から少しだけ見える、晴れた夜空の宇宙をあおぎみて、強く感じた夜でした。


==========

◆訪問後に、あれこれ記事を読み漁り。

ニュートリノをふりかけご飯にしたい研究者の方もいらっしゃるようで、吹き出してます。それって何味ですか?


🌸ご覧いただいて、ありがとうございました。あき🌸

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
またきてくださいね❤️
52
【仕事】営業畑の専門家。外資系企業に所属【家庭】義母・夫と3人暮らし(息子2人巣立ち済)、仕事フル稼動中。孫👧👶love💓。夫婦でセカンドライフ満喫中【好き】☕+読書、ワークアウト、♨️旅、野鳥観察、落書きスケッチ