「本当に必要?」カメラ購入に迷ったらこれを見て!

画像1

今回はフォトグラファーの自分から見た、カメラ購入をする際についてのお話しをします

たまに友人から「どんなカメラがオススメ?」とか聞かれます

趣味で使うのであれば「自分がいいと思ったものであれば何でもいいんじゃない?」と答えています

投げやりではなく、本当に何でもいいと思います笑

趣味で使うカメラの場合、持ち運びしやすいかどうか?だけが自分の中でのポイントになります

自分の経験から「どんなに高い機材を買っても、家で重たい鉄の塊になるくらいなら軽いものがベスト」という自分なりの答えを見つけました

市販のデジタルカメラを趣味で使うのであれば、正直どれを買っても大きな差はありません

要は、あなたがどんな写真を求めて・どういう用途で使うのか?によって買うべきカメラは変わってきます

「あなたに必要なカメラ」に関しての解説をしていきます


あなたは写真が好きですか?それともカメラ「機材」が好きですか?

デジタルカメラになってから、「一眼レフ」→「ミラーレス」といった形でプロが使う主流機材は移行してきています

スマートフォンの性能は年々上がっていますが、自分がスマートフォンで撮影する仕事は今後もないと思います。。

今後の主流は完全にミラーレスカメラになります

これはカメラを販売する「Canon」「Nikon」「Sony」などの会社が、一眼レフよりミラーレスに力を注いでいるからです

自分の仕事で使う機材は一眼レフを使用しています (Canon 5D Mark3)

自分がミラーレスに移行していない理由は、スペック的に支障がないからです

あと、今のカメラに愛着があるからですかね

そんな小さな理由です

必要になれば買い替えますが、自分はなるべく機材投資は最小限にしています

自分は一時期、自分の好きなフォトグラファーはどんなカメラを使ってるんだろう?とリサーチしては同じような写真が撮りたいが為にカメラを頻繁に買い換えていました

写真ではなくて、「カメラ」という機材に取り憑かれていたのでしょう笑


昔の自分にも言い聞かせたい、、重要なポイントは、

デジタルカメラである以上、写真の色味は編集ソフトで調整します

プロが使っているカメラを使っても、編集なしでは同じような仕上がりにはなりません

「なぜならプロの仕事は全部「Photoshop」などの写真編集ソフトで色味を変えているからです」

このカメラの持ち味である色味は、、、とか、正直関係ないです

色味を気にするのは、フィルムカメラを使う場合のみです

フィルムカメラはカメラ本体ではなく、レンズと使用するフィルムによって仕上がりが左右されます

フィルムをスキャンした後に多少の色味はいじっていたとしても、フィルムカメラの基本の仕上がりは「レンズとフィルムです」


画像2

ここ数年、世間ではフィルムカメラが非常に人気があります

性能の良いデジタルカメラで綺麗な写真が撮れて当たり前の今、手間はかかるけど人と違うスタイルのアナログカメラが人気なのでしょう

最近ではフィルムカメラの人気も一時期に比べると落ち着きました

今は、フィルムカメラを使って撮影するよりもスマホのアプリケーションでデジタル写真を''フィルム''テイストとして仕上げるのがインスタグラムを見ていても流行りのように見えます

「HUJI」や「VSCO」などの''フィルム''シュミレーション機能を備えたアプリケーションも数多くあります

今の時代スマホはコンパクト''カメラ''でもあり、コンパクト''編集機''でもあります

撮影から編集まで高性能に行えるので、今後コンパクトカメラ市場は完全に需要がなくなるのでは?というくらい今のスマートフォンはカメラ性能が高いです


カメラはあくまで写真を撮るための「道具」
フィルムカメラのようなアナログ機材であれば、カメラによって味があって面白いといった表現もありますが、

デジタルカメラである以上、新しい機材であればあるほど機能も性能も良いです

そして値段もピンキリです

これから「しっかりしたカメラ」を買おうと思っている方であれば、迷わずミラーレスカメラを選択してしまった方が良いでしょう

数年前までフォトグラファーとして仕事現場に行ってもほとんどのフォトグラファーが「Canon」か「Nikon」のデジタル一眼レフカメラでした

しかし最近はSonyのミラーレスカメラを使っているプロのフォトグラファーを多く見かけます

撮影するジャンルにもよりますが、基本的にプロとして仕事をするのであれば、世間的には「フルサイズカメラ」が好まれます

人気のあるミラーレスカメラも今ではほとんどがフルサイズカメラです

*フルサイズとはカメラの「センサーサイズ」のことを意味します


正直、仕事でフルサイズ以外の''APS-Cサイズ''のカメラを使用したところで、あなたの周りのクライアントが写真だけを見て「これはフルサイズじゃないね」と判断できる人が多くいるでしょうか?

APSーCのカメラとフルサイズの違いがわからないクライアントが大半です

ここで自分がお金を費やしてきた機材について考えさせられます

「本当にその機材は必要?」と日頃から考えるようになってから自分の物欲はかなり軽減されました


「カメラはあくまで写真を撮るだけの機材です」

私たちフォトグラファーは、「良い写真=クライアントが満足する写真」を撮ることが私たちの仕事です

毎日仕事で使うカメラの問題をお金で解決できるのであればフルサイズを使うに越したことはありませんが、

機材にこだわるよりも、もっと「写真」にこだわるべきだと思います


画像3

デジタルカメラを使って写真の上達を目指すのであれば、機材よりも「撮影テクニック・写真編集の技術」に熱を上げましょう

高いカメラ・レンズを買い続けてもあなたのスキルは上がりません

上記でも解説しましたが、カメラは写真を撮るための道具でしかありません

必要なのは、「あなたのセンスと写真編集の技術」だけです

今、欲しいカメラがあって悩んでいるあなた

一度、深呼吸をして本当に今すぐ必要なのか考え直してみましょう

カメラをあれこれ購入してもあなたのスキルをあげてくれません

写真の上達を目指すのが理由であれば、機材よりも「撮影スキル・写真編集のスキル」向上に熱を上げましょう


まとめ
カメラを購入するときは自分の予算を圧迫しない程度のカメラを探しましょう

何度も同じことを言いますが、高いカメラを買っても良い写真は撮れないですよ

「アナログカメラ」と違い、「デジタルカメラ」は時代とともに進化します

常にアップデートしていくマーケティングの中で、新製品を追い求め続けるといつかお金が尽きます

そして今はたくさんの選択肢がたくさんあります

趣味の写真を楽しむのであれば、カメラだけではなく「スマホ」も視野に入れてみてください

あくまでカメラは写真を撮るための道具です

視点を変えて「カメラ」ではなく、「写真」を主題に切り替えて写真を楽しみましょう

ご覧いただきありがとうございました m(_ _)m

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。