マガジンのカバー画像

鍼灸師のスキルアップマガジン

若手鍼灸師向けにトリガーポイント、電気鍼、運動鍼を系統だてて学んでいけるマガジンです。 ブログ、Youtubeでは踏み込んでかけていない部分を含んだ内容になっています。 噛み砕い… もっと読む
マガジンを購読していく事で理論的に再現性のある鍼灸臨床が出来ていくような内容です。刺鍼も静止画、動… もっと詳しく
¥580 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

上殿皮神経由来の腰痛への刺鍼について

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『上殿皮神経由来の腰痛への刺鍼について…

380
陣内由彦
2週間前

傍坐骨神経刺鍼のあれこれ

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『傍坐骨神経刺鍼』について解説していき…

480
陣内由彦
3週間前

大腿筋膜張筋の電気鍼(解説)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『大腿筋膜張筋の電気鍼(解説編)』につ…

380
陣内由彦
1か月前

小胸筋の電気鍼(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『小胸筋の電気鍼(解説編)』について解…

380
陣内由彦
1か月前

大腿二頭筋短頭の電気鍼(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『大腿二頭筋短頭の電気鍼(解説編)』に…

380
陣内由彦
2か月前

肩関節障害に!烏口腕筋の電気鍼(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『烏口腕筋の電気鍼(解説編)』について…

380
陣内由彦
2か月前

緊張型頭痛の鍼治療の一例(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『緊張型頭痛の鍼治療の一例(解説編)』について解説していきたいと思います。 まず刺鍼法をご紹介している動画はこちらになります。 鍼灸の臨床で頭痛で来院される方は多いと思っています。 主訴が頭痛で来院されることは少なくても肩こりや眼精疲労、その他の症状に随伴して症状を持っている方は非常に多く感じます。 ですので問診で不定愁訴がある場合などで頭痛は確認しているようにしています。 というのも頭痛はQOLの観点からみる

有料
480

棘上靭帯、棘間靭帯刺鍼(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『棘上靭帯、棘間靭帯刺鍼の解説編』につ…

380
陣内由彦
4か月前

傍後脛骨神経の電気鍼(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『傍後脛骨神経への電気鍼』について解説…

380
陣内由彦
4か月前

膝窩筋への電気鍼の解説編

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『膝窩筋への電気鍼』について解説してい…

380
陣内由彦
4か月前

薄筋への電気鍼の解説編

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『薄筋への電気鍼』について解説していき…

380
陣内由彦
5か月前

後脛骨筋の電気鍼(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『後脛骨筋の電気鍼(解説編)』について…

380
陣内由彦
5か月前

広背筋のトリガーポイント鍼治療(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『大殿筋のトリガーポイント刺鍼(解説編…

380
陣内由彦
6か月前

大殿筋のトリガーポイント刺鍼(解説編)

こんにちは!陣内(@jin_anzu)です。 今回の記事は『大殿筋のトリガーポイント刺鍼(解説編)』について解説していきたいと思います。 まず刺鍼法をご紹介している動画はこちらになります。 大殿筋はご存じの通り殿部にある筋肉では最も大きい筋肉になります。 そのため運動軸から見ると股関節の伸展や外転の作用だけではない部分もあります。 ということは股関節に対してや逆に股関節を固定した場合の体幹への運動への貢献度は非常に高いことは容易に考えれます。 そのため負担がかかって

有料
380