中村 仁 (400F 代表)
上場予定だった住信SBIネット銀行を中心としたネット銀行の業界分析
見出し画像

上場予定だった住信SBIネット銀行を中心としたネット銀行の業界分析

中村 仁 (400F 代表)

こんにちは。お金のマッチングプラットフォーム"お金の健康診断"を提供する株式会社400Fで代表をしている中村仁です。

2022年3月24日の上場予定であった住信SBIネット銀行が3月7日にクライナ情勢の影響や最近の市場動向などの環境変化を勘案した結果上場延期となりました。2022年目玉の大型上場であり、同社はBaaSを推進していたこともあってFinTech関係者としては非常に残念なニュースでした。

そういった中で同社の経営モデルはどのようなものなのか、そしてそのほかのネット銀行との規模感を含めた比較が気になったので今回のnoteではネット銀行を取り上げて分析いたします。

こちらのnoteは有料(500円/本、マガジンは1000円/月)です。またこちらのnoteをご購入いただくと以下のようなことがご覧いただけます。

- ネット銀行5社(住信SBIネット銀行、楽天銀行、PayPay銀行、auじぶん銀行、ソニー銀行)の業績比較
- ネット銀行5社の主要KPI比較
- ネット銀行5社各社のビジネス状況

この続きをみるには

この続き: 4,072文字 / 画像27枚
記事を購入する

上場予定だった住信SBIネット銀行を中心としたネット銀行の業界分析

中村 仁 (400F 代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中村 仁 (400F 代表)
MBOしてオーナー経営者へ |(株)400Fの代表取締役社長 | 野村證券→ベンチャー転職(お金のデザイン)→ベンチャー経営者(お金のデザイン)→子会社400FをMBOしてオーナー経営者 | 異色のキャリア | 営業/育成で結果を出すための営業サークルを運営しています|