見出し画像

ゴロー目線で回転寿司紹介してみた件

今日は、紹介したい回転寿司屋があるので、ゴロー目線で、書きます。


孤独のグルメ主人公が食べログ評価を書いたら編

第1話 ○○県○○市の一人回転寿司とパリパリチョコパフェ

なんとか仕事の打ち合わせを済ませ、私は、歩き始めた。

妖怪、妖怪、妖怪。

なんだ、この街は。何かに取り憑かれているのか。うーん。

そんなことより、腹が減った。

さあて、お腹がペコペコちゃんだ。

港町に来たなら、海鮮だ。ちょっと歩こうかな。

うーん、海鮮丼。悪くない。悪くない。

でも、今日はもうちょっと欲張っちゃいたいんだよな。

お、回転寿司か。あそこなら、色々食べられるし、ワクワクしてきたぞ。

お寿司のメリーゴーランド。なんちゃって。

「いらっしゃいませ。」

うん、うん。回転寿司のいいところは、座った瞬間から食べれるということだ。

でも、待て。落ち着け。ここは、お茶で一旦心を落ち着かせよう。

「ずぅー。」よし、気持ちを切り替えたぞ。

さあて、まずは、白身から。

これは、タイか。うん、うん。淡白だけど、味わいがある。

これ、これ。始まりは、タイから始めタイ。

なんちゃって。

次は、どうしよう。

あ、イカだ。

でかいぞ。シャリからはみ出しすぎだ。

これは、取らないと。ダメだな。

お、歯ごたえがあるけど、ねっとり舌に残るのがたまらない。

甘い。しかも、これは、なかなか食べ応えがあるぞ。

(ポスターを見つける。)白いか?なになに、山陰名物?

ケンサキイカのことを山陰では、白いかと呼び、その漁は漁火を灯して行うため鳥取沖の水平線上が、美しく照らされ、夏の風物詩となっている。

ふーん。そうなんだ。夏の風物詩、白いか。

いいじゃないか。いいじゃないか。

このキラキラ光る白いかちゃん。うまいだけじゃない。

さあて、お次は何を食べようかな。

(また、ポスターが目に入る。)旬冷旨味熟成?ほうほう、鮮度を保ったまま冷凍して、旨みを熟成させる。肉では、聞いたことあるが、魚でもできるんだ。知らなかった。

とは、いえ、食べてみなきゃわからない。

ここは、寿司の遊園地。なんでも選び放題。

落ち着け。見ただけじゃ、どれが旨味熟成か分からないぞ。

ここは?お、注文は、iPadか。なかなか、洒落てるな。

旨味熟成は、と。

お、のどぐろか。

そうだ。のどぐろちゃんを忘れていた。危うく食べずに帰るところだった。ありがとう。旨味熟成。

よおし、頼んじゃうぞ。ボタンを押して、注文と。

あとは、待つだけ。回転寿司は、この選ぶ楽しみがたまらない。

待ってる間も、メリーゴーラウンドを流れていく、寿司、寿司。

目移りする。いやいや、待てよ。

今、この口は、のどぐろちゃんのために空けてあるのだ。

我慢。我慢。

「はい、ノドグロ一丁。」

ほほう、ここはカウンター席だから、直接手渡しか。

これは、これで。うれしくはある。

さあて、いただきます。

おお、このあぶら。旨味があふれてくる。

この、淡白に見えて、あぶらがのってるのが、ノドグロらしさだよなあ。

旨味があふれてくるのは、やっぱり旨味熟成のおかげか。

感服しました。旨味熟成。

〜中略〜

そろそろ、ペースが落ちてきたな。ここいらで、デザートに目を向けるか。

ほほお、かき氷か。今日はちょっとそんな気分じゃない。

パリパリチョコパフェ。

パリパリ。

そそられるなあ。

ようし、これだ。ポチッと注文。

ポチッと言わないけど。

こうなると、回る寿司たちが、ただの鑑賞物になる。

見てるだけで、面白いけど。

お、来た来た。

これが、パリパリチョコパフェですか。

寿司の後に、パフェ。

ごめんなさい。寿司の神様。

でも、この背徳感がまた、やめられない。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。