見出し画像

【やらなきゃよかった・・・】ブログ副業歴4年の僕が後悔している「40の失敗」と学んだ教訓を公開

当記事では、ブログ副業歴4年になる僕が後悔している失敗と教訓を全て共有します。

こんにちは。副業ブロガーのジッキーです!

僕は副業ブログで33万ほど稼いでいますが、ここまでくるのに4年かかりました。記事は1000記事ほど書きました。

画像7

1年経過時点:月1万円
2年経過時点:月3万円
3年経過時点:月10万円
4年経過時点:月33万円

半年とかで月50万円に到達する人もたくさんいる中で、僕は10万稼げるようになるまで、3年間かかっていますので、絶望的才能の持ち主です(笑)

まさに、以下のような感じです。

さてそんな感じで、センスなしで凡人な僕だからこそ、4年でたくさんの失敗をやらかしました。

それらの失敗があるからこそ、今の僕があります。

そして、今、確信していることがあります。

「僕の4年間の失敗を避ければ、僕よりうんと早く6桁に到達できる」

というわけで、以下が本記事の内容です。

【本記事の内容】
・僕の4年にわたる大量の生々しい失敗の数々
・各失敗から学んだ教訓=収益6桁到達するために生かしたノウハウ

世の中に成功のメソッドはわりと溢れていますが、生々しい黒歴史を晒す情報はあまりありません。

初心者の方や、僕と同じく長々とくすぶっている方にとっては価値ある情報だと思います。

●金額:500円
今後もたまーに僕のブログ副業でやらかした失敗も追記します。

※マック1食分くらいです。ブログ歴4年にバリューセットを買っていただき、ひたすら失敗談を引き出すみたいな感覚で読んでいただける方であればどうぞ。
※返金も受け付けています。

●想定読者の方
・ブログ初心者の方(月収5万未満くらい)
・ブログをこれから始める方
・ブログで月5万も稼げずに迷走している方

上記のような方にとって、僕を反面教師として、4年で積み上げた失敗をしなくて済むと思えば、時間を買う感覚で、コスパいいと思います。

マヌケな話から、マーケティング視点の話まで、幅広く僕の失敗をみて参考にしてください。

そして、「こいつ馬鹿だなー。自分は絶対やらねぇぞ」みたいな気持ちで、マインドセットしてもらえると嬉しいです。

※内容のイメージを見ていただくためにも、失敗10個まで無料公開しますね。

【失敗1】有料noteを警戒しすぎた。

画像11

稼ぐのが遅れた根本的な失敗でもありますね。僕がブログを始めた頃はもういろんな先輩ブロガーがnoteで、生のノウハウを出してくれていました。

でも僕は過去何度か情報商材の購入し、失敗していたことから、

「ネットの有料情報」=「怪しい情報商材」

と勝手に決めつけていました。だから一切買わなかったし、読もうともしなかった。

でも僕の転機は有料noteからでした。

ブログを始めて1年以上稼げなかった僕は、藁にもすがる思いでたまたま見つけた「クロネコ屋」さんのnoteを購入。

noteの中身までは当然言えませんが、初心者が稼げるようになるまでの、ジャンルの選び方、広告の貼り方、記事の書き方、学ぶべき知識など体系的が整理されており、まさに生々しいノウハウでした。

それまでネット住民の発言を一切信じなかった僕も、その時は心が折れていたので、「よし、この人を信じてみよう」と、書かれてある通りに実行したところ、1年ほどで「1万円→5万円」まで伸ばすことができました。

▼失敗からの教訓

その後いくつか有料noteを購入しました。以下は一例のスクショです。※リンクではないです。

スクリーンショット 2020-01-24 23.34.47

スクリーンショット 2020-01-24 23.34.58

スクリーンショット 2020-01-24 23.35.09

スクリーンショット 2020-01-24 23.35.20

紆余曲折して稼げるようになった先人たちのアドバイスは、有料でも価値があり、回収できることが多いと感じました。

情報に対しては、積極的に投資すべきだと思いました。その方が時短になります。

人生で一番高級なのは命と時間ですから、時短はお金を使うべき部分です。

ただもちろん情報のクオリティの目利きは必要です。ツイッターなどの評判を見たり、その人が普段発信している内容のクオリティーを見る必要があります。

僕が既に有料noteを購入して、絶対この人は大丈夫だという方をお伝えしておきますね。品質は僕が保証します。

以下の4人はめちゃくちゃ気づきの多いnoteを販売されています。

クロネコ屋さんのnote
マナブさんのnote
Tsuzukiさんのnote
クロネさんのnote

彼らはツイッター上でもインフルエンサー的な存在なので、もうご存知の方も多いでしょうけどね。

【失敗2】競争戦略がゼロだった

画像12

ブログも競争であるという考えなしで、「とりあえず記事書いていけば、お金もらえるんだろ。」くらいにしか思ってませんでした。

これは、マインドセット上の失敗です。

僕が最初に作ったのは「就活情報サイト」。その就活サイトで書いていたのは、例えば「履歴書の書き方」みたいな誰でも書ける記事でした。

競合サイトの分析もせず、自サイトの強みとかも考えることなく、記事を量産してました。

→全くアクセスは伸びませんでした。

当たり前ですよね。だって、WEB上には「履歴書の書き方」について、星の数ほど情報がありますから、僕が書いた記事を読むメリットが特にないですから。

もちろん、誰でも書ける記事を書くのがダメって話ではないです。

ドメイン内に情報を格納して、サイト内回遊を起こす&Googleにサイトの網羅性をアピール→これはオッケーですから。

ただし、サイトの中身全部がそんな感じだと厳しい。

ユーザーからもGoogleからも評価を得られず、一向にアクセスは増えないでしょうね。

▼失敗からの教訓

アクセスを上げて、サイトで稼ぐには、他サイトに勝つための戦略が必要。となれば、競合となりそうなサイトをしっかりと分析した上で、

・世の中の就活ジャンルのサイトの中でどんなポジションを取る?
・何を強みにして、何をサイトの競争力に置く?
・誰をターゲットにして、どんな記事を書く?

こういう戦略を考えなければです。

考えてみたら当たり前のことですが、意外とサイトを作り始めた初期は盲点です。

趣味のブログならいいのですが、稼ぐなら、やはり競争は絶対に存在します。

じゃあ具体的にはどんなことを考えればいいの?って話ですが、

ここから、しらばく戦略面についての失敗が続きますので、そちらをご参考ください。

【失敗3】サイトのターゲットと内容を絞らなかった

画像13

以下は最初の1年で作ったサイトです。

就活生の悩み全般に応えるサイト
男性の悩み全般に応えるサイト(閉鎖済み)
お金稼ぎ全般を研究するサイト(閉鎖済み)

お分かりのとおり、想定読者層もコンテンツも広いサイトです。

3サイト、とにかく毎日の勢いで更新していましたが、いくらやっても検索上位に現れることなく、アクセスは一切伸びませんでした。

全部デイリーのアクセスが5〜10とかでした。

全般情報サイトで検索上位を量産すると、それはそれはすごいアクセスが獲得できて、儲かるでしょうね。

でもこの「全般情報サイト」を作るのは、先ほどの「競争戦略」という側面でいえば、初心者の個人ブロガーにとって最低の戦略でした。

儲かる全般情報サイトは、企業とか、個人の強いアフィリエイター がすでにたくさん作っていて、これからもどんどん参入してくるのです。

そんな中、初心者ブロガーって、ブロガー界では一番の弱者。

僕はお金もなかったし、労力も自分1人だけ。取得したドメインも弱いし、ライティングスキルも低い状態でした。

一方でメディアを運営する企業や、お金持ちのアフィリエイターは、お金もあるし、労力は雇えるし、ドメインも強いし、ライティングスキルも高いわけで。

この状況で、初心者の僕が企業やお金持ちアフィリエイターと、正々堂々と真っ向勝負しても、勝てるわけなかったのです。

▼失敗からの教訓

じゃあどこで彼ら強者に勝つかというと、「一点突破」です。

「強者である企業が面で勝負してくるなら、個人は点で勝つ」みたいなイメージです。

例えば、企業が「男性の悩み全般を解決するサイト」で広く攻めてくるなら、個人は「妊活時期の嫁との関係」などに特化して、そのジャンルに至っては企業のメディアよりも深い情報が得られるようにするなど。

で、特化して「点」で勝てたら、別のフィールドに広げていく。勝てる「点」を増やしていく。そしてだんだん強者に近づいていく。

こんな感じをイメージしておくといいかなと思います。

最初から総合サイトを作るなんて実は馬鹿げている。

戦国時代にたった1人で奇襲作戦もなく、武装もせず100人の武将に挑んでいくようなものです。

弱者の戦略に詳しくなりたいのであれば、ランチェスター戦略の本を読めばいいと思います。

マーケターとしては必須の知識で、個人ブログで稼ぐためのイメージに落とし込みやすいですのでオススメです。

【失敗4】自己分析をしなかった

画像14

「自己分析?就活か???」

なんて思ったかもしれませんが、サイト運営上でも「自己分析」はとても大事だったと今になって感じます。

「自分は何を語れるのか」の分析につながります。

僕はたまたま人材系の企業にいて、就活支援事業を立ち上げた経験があることから「就活生向けのサイト」を始めました。

ですが、それ以上に自分の強みについて深掘りしなかったため、結果、誰でもかけるような、以下のような記事を書いてしまったのです。

「履歴書の書き方」
「自己PRの作り方」
「面接のマナー」

せっかくプロとしての情報を持っているのに、本一冊買えば誰でもわかるような内容の記事ばかり書いていました。

当然アクセスは集まりませんでしたね。

同じ内容だったら、胡散臭い個人のメディアよりも、企業のメディアの方が信頼度高いですからね。

▼失敗からの教訓

記事を他サイトと差別化をするには、自分の強みを理解しておくことが必須です。

例えば以下のようなことを考えておくといいですね。

自分はどんな経験があるか。
自分はどういうことに悩んできたか。
悩みをどう乗り越えてきたか。
自分が持つ希少性の高い知識や経験は何か。

僕の場合は、「人材系の会社に勤めるプロ」として、「人事側」に通じていることを生かす記事を書くようにしています。

ことあるたびに「人事の本音はこんな感じだから、こうすればいい」などの内容を組み込むようにしましたね。

いまのSEOは「記事内容の質」だけでなく、「その内容を書くべき人が書いているか」がとても重視されますから、自己分析って実はめちゃくちゃ大事です。

僕が自己分析を始めたのは、実はブログを始めて、2年経った後です。(遅)でも、そこから1.5年で収益は3万円→20万円と増えました。

また自分の強みを理解して、企業や他の個人がかけないような記事を書くことで、検索上位を量産できるようになりました。

↓わかりにくいかもですが、就活ジャンルのサイトに入れている検索順位チェックツールの画面です。66個狙ったキーワードで検索順位1位を取れているということです。

スクリーンショット 2020-01-19 20.34.50

以下は、同じく検索10位以内までの狙いキーワードが195個あるということです。

スクリーンショット 2020-01-19 20.36.03

大事なのでもう一回言いますね。

いまのSEOは、「記事内容の質」だけでなく、「その内容を書くべき人が書いているか」がとても重視されます。

つまり、「ユーザーにとってあなたが語った方が良い情報」を自己分析から導き出すことが大事。

あなたが語るべき内容を語っていれば、サイトの強みが形成されやすくなり、特定分野でグーグルからも評価されやすくなります。

だからまずは自己分析しましょうって話。

ただし次に必ずでてくる悩みが「自分にそんな誇れる強みはないなぁ。。」ですよね。笑

僕も全く同じでした。

では次の失敗をどうぞ。

【失敗5】自分に強みがないと勘違いした。

画像16

自分にしかかけない記事・・・?そんなもんあるわけない・・・。
日本だけで1億人くらい人がいるのに、僕しか経験してないことなんて存在しないよ・・・。

↑のように、自己分析すればするほど、自分には発信できる強みがないという確信が深まり、だんだん記事を更新できなくなりました。

考えてばかりで、記事の執筆が全く進まないという、大失敗。

▼失敗の乗り越え方

厳密にいうと、自分にしか書けない記事なんて存在しません!

そりゃ日本人だけで1億人いるわけですから、自分しか経験していないことなんてないですよ。

ただ、それでも、強みのある記事を書かなければ、読者のメリットがない。

この難題を乗り越えるために、ポイントが3つほどありました。

1:希少であれば、オンリーワンじゃなくてもいい。
2:●●の経験×30代×ブロガーなど要素を掛け合わせれば
  オンリーワンに近づく。
3:過去の自分に対して書く記事は、自分にしか書けない。

特に3つ目ですね。

過去の自分に対してなら、細かい感情にも配慮した最高のアドバイスが送れます。

「自分の人生は自分だけが送ってきたものだ」

これだけは間違いないですから、人生経験という強みを、自信持って発信しましょう。

【失敗6】オリジナリティの出しにくいジャンルに手を出して消耗戦になった

画像46

オリジナリティが発揮されにくいジャンル、つまり「誰でも書けるジャンル」を選んでしまったがばかりに、他サイトと差別化できず、記事量とか情報量で勝負する消耗戦に巻き込まれたことがあります。

それが実は、以下のサイトです。

このサイトを作ろうと思った時、僕の頭の中はこうなってました。

・節約ジャンルのサイトはたくさんあるので、楽天ポイントの貯め方というニッチジャンルに絞ろう
・自分自身楽天ポイントの貯め方はマニアだから、書ける内容はたくさんある。
・ターゲット絞って、コンテンツ絞って、自分の強みが発揮されて・・・。これ結構うまくいきそうだな・・・。

一見理にかなった戦略ですよね。

でも、実は落とし穴があるんですよ。

楽天ポイントの貯め方って、やり方が決まってるので、「答えがあるもの」なんです。

「●●流!誰よりも貯まる方法」なんて存在するわけなくって。

だから、誰が書いても大体同じ内容になるんです。個人の体験に基づく記事が書けないジャンルなのです。

だからしっかり更新しましたが、アクセスも収益も伸びきりませんでした。月1〜2万程度ですね。

それに楽天マニアは世の中にたくさんいるわけなので、余計に差別化できなかったんですよね。
特に家にいる主婦とかは、楽天マニアな人も多く、ブログで発信しやすい層ですから、いよいよ相手も悪い。

すると、情報量とかわかりやすさの勝負になってきますから、消耗戦の始まりです。

▼失敗からの教訓

サイトジャンルを選ぶ時、「自分しか書けない記事を書くことが可能なジャンルかどうか」は僕は見るようにしますね。

それくらい差別化とか自分サイトの強みの設定とかは大事。

例えば「就活の面接の方法」のように、「答えが無限にあるジャンル」だとオリジナリティって出しやすいです。

もちろん、節約系のサイトを作ったらダメとかではないですよ。何かオリジナリティの要素を入れ込めるならアリだと思います。

ただ、僕は思いつかなかったです;;

【失敗7】最初から月100万円を目標にしてしまった。

画像18

僕は1年で50万とか半年で100万稼いだりする人に憧れてブログを始めました。

だから1年くらい頑張れば、月100万くらい稼げるイメージを持ってました。

でも実際は、最初の3ヶ月とか収益はゼロで、半年経っても最低振り込み金額にすら届かず。

そして、1年経った時点で稼げたお金が月1万円。

イメージの100分の1です。理想とのギャップが大きすぎて萎えてしまいました。

これも失敗でしたね。多分同じような人多いのではないでしょうか。

▼失敗からの教訓

0円の状態から、100万に至るまで越えるべきハードルは非常に多いので、100万円は最初から目指すべき目標ではないですね。

目標は、「頑張れば達成が見える」という状況の方が、現実的に頑張れるってことがわかりました。

まず1万円稼ぐこと、次に5万円、次は10万円と、目標を刻みつつ、こまめに達成していく方がモチベーションが保ちやすいってことですね。

あとモチベーションがらみで、もう一つ失敗をどうぞ。↓

【失敗8】ブログオワコン説に何度も心を折られた

画像19

「ブログはオワコン」

よく言われますよね。稀に、インフルエンサーの口から出ることもあります。そして、主に言われている、オワコンの根拠は以下です。

これからは動画の時代。
ブログは飽和状態。
個人ブロガーの記事はSEOが難しい。

僕はわりと、人の言うことに影響されやすく、ブログオワコン説を見る度に、「もうブログやめよう」と思い、更新をストップしました。

その時はまだ稼げていなかったので、「今稼げていない理由」を「オワコンだから」と言う安直な理由として逃げていたような気がします。

▼失敗からの教訓

今はこんな考えを持っています。

「やれない理由を探すのは簡単。だけど諦めたらそこで試合終了。」
「やれない理由より、やれる方法を考えよう。」

この考えでいくと、ブログに対する捉え方が変わります。以下の通り。

これからは動画の時代だけど、記事のニーズは無くならないし、ブログで成功するノウハウをつかめば動画にも活かせる。

ブログは飽和状態かもしれないけど、ブログオワコン説が流れる度に頑張る人が減っていってくれるから、飽和状態ではなくなる。

個人ブロガーの記事はSEOが難しいわけない。個人ブロガーが書くべき記事を書いていけばいい。それに裏技がない今のグーグルのSEOを極めればかなり価値がある。

こんな感じでプラスに捉えておけばオッケー。だって僕が実際に稼げるようになってますから「オワコン」ではないでしょう。

ブログオワコン説は、定期的に流れてきますが、これまでGoogleのAIの粗を探して、裏技的なSEOばかりやってラクしていた人が、一気に検索順位落とされて、言ってるだけなんじゃないかって思ってます笑。

【失敗9】変なキャラ設定でだんだん苦しくなった

画像20

細かいですが、ブログ始めた初期の人に大事な話かも。

最初僕は、こうした方が面白いだろうと思って、やたらとテンションが高い、変なキャラクター設定でブログを書き始めました。

この頃ですね。一応記念だと思って残しているのですが・・・笑。

キャラクター的に、相当無理していたので、続けているうちに、だんだんしんどくなるんです。

記事を書くことに、無駄なストレスを感じるようになり、モチベーションが下がってしまいました。

こういうモチベーション低下要因は無駄でしかないですね。それでなくても継続させるの難しいのに・・・。

▼失敗からの教訓

「自然体であれ。」

これにつきます。

ツイッターでの発信量もどんどん増えていくので、キャラ作らない方がラクですね。

ストレスを感じるなら、もっと本質的なところがいいかなと思います。と言うわけで、僕のブログも途中から一気にテンション下がります笑。

【失敗10】Twitterをやらなかった

画像21

これを読んでいる人は、割と情報感度高いと思うので大丈夫かと思いますが、僕はブログを始めて2年間、Twitterをやりませんでした。

昔持っていたアカウントが凍結していたのと、今から始めてもなぁ・・・なんて思っちゃって・・・。

で、どうなったか。

ガラパゴス状態です。

インフルエンサーの優良情報に触れる機会がないし、ツイート発信をしないので反応も見れず、世の中が何を考えているかのマーケティングが全くできない状況でした。

結果として、独学で、失敗をたくさん繰り返しながら、稼ぐようになるまで、ものすごく時間がかかりました。。。

▼失敗からの教訓

時短につながるから、ツイッターはやるべきって話になるのですが、もう少し深掘りしておくと、

「今更やってもな・・・」みたいな逃げは一番安直な逃げですよね。

何も考えずに逃げることと同義なので、それだけは絶対にやめようと心に誓いました。

※このような感じで、40個の僕の失敗と教訓をひたすらお伝えしますので、ぜひ興味ある方は以下読み進めてみてください。
返金もできるように設定してますので、ご安心くださいませ!

この続きをみるには

この続き: 24,113文字 / 画像44枚

【やらなきゃよかった・・・】ブログ副業歴4年の僕が後悔している「40の失敗」と学んだ教訓を公開

ジッキー

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとーございます!^_^
8
表の顔は某企業のマーケティング責任者。副業禁止の会社で働きながら、顔出しせずに、会社にもバレずに、副業ブログで月収約30万円(8サイト運営・5万pv/月)稼いでいます。ブログ歴は5年目になります。ブログ収入を伸ばすヒントとなる情報を発信します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。