【JDSCの新サービスのご紹介②】~「クラウドコンサル」編~
見出し画像

【JDSCの新サービスのご紹介②】~「クラウドコンサル」編~

JDSC

JDSCでは、日々新しい事業開発、新しいサービス、新しい取り組みを創造しておりますが、「クラウドコンサル」サービスについてご紹介します!

自己紹介:

はじめまして! JDSCのAsukaと申します。私Asukaは元々外資系コンサル会社の戦略コンサルティングのチームで、日本の超大手企業の変革を10年以上にわたって支援してきました。

より尖ったDX支援をしたいと思う中でJDSCと出会い、2年と少し前にJoinすることになりました。

そんな背景を持つ私から、今回はJDSCのDX実行体制構築支援サービス、「クラウドコンサル」についてご紹介させてください。

「クラウドコンサル」誕生の背景

大企業から中小企業まで、「DX」が求められています。マシンスペックは倍々ゲームで発達、通信速度は5年単位で10倍になる等、テクノロジーは超スピードで進化しています。
また、製品・サービスの成熟化が進み、新製品投入による買い替え需要の喚起が難化する等、顧客も変化しています。
このような変化を乗り越える為には、「DX」(「改善(=業務のデジタル化)」+「改革(=顧客体験のデジタル化)」)に挑戦していく必要があります。既にDXに関して「何をやるべきか?」について検討を進めている企業は多いです。ただ、必ずしもうまく進んでいるとは言えません。その理由は、「何をやるべきか?」と同じくらい、「どういう体制で実現するのか」が大事だからです。

JDSC視点で言うと、弊社は東京大学との技術連携や大手企業とのJoint R&Dを背景に、産業課題解決に向けた優れたAIプロダクトを保有しています。各クライアント企業のDXの実現を見据えた場合、「プロダクト」は「何をやるべきか?」を解くための手段の1つとはなり得ますが、それだけではないサポートの必要性を、日々感じていました。

「クラウドコンサル」とは?

IPAのレポートではDXに必要な人材を「プロデューサー」・「ビジネスデザイナー」・「アーキテクト」・「AIエンジニア」・「UXデザイナー」・「エンジニア」と定義しており、多種のスペシャリストが必要です。この幅広さから、「育成」や「採用」を強化するものの、いずれの人材も、「大きく不足している」との調査結果になっています。

出展:独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) これからの人材のスキル変革を考える
~DX時代を迎えて~

JDSCでは、この「体制構築」をサポートしています。DXテーマに合わせて必要なスペシャリストを、社員に加えて独自人材プールより選定して提供しています。クライアント企業内における人材育成や中途採用と比較して、タイムリーに即戦力を補充することで、DXテーマ推進を止めません。


特に、現在は優秀なプロフェッショナル(コンサルタント含む)がフリーランスとして活動していますので、これらの人材をうまく組み合わせることにより、大手のコンサルファームと比較して質を落とさず、割安で体制を提供することが出来ます。

フリーランスの方から見ても、お持ちのスキルを活かして、高単価を維持しつつ、多職種とのコラボレーションしながら、DX推進の現場での経験を得られることは、やりがいに繋がるのではないかと思います。また、プロジェクトの特性に合ったJDSC独自のデリバリーメソッドを学べるのも、特徴です。

「クラウドコンサル」について詳しく聞きたい方は是非こちらから、お問い合わせお待ちしております!

また「クラウドコンサル」サービスでは、上記のようなDXの実行支援に関するご興味を持つ仲間を探しています!DXの推進に興味のあるプロフェッショナルの方は、社員希望、フリーランスとしての関与含め、まずはカジュアル面談↓↓↓からお話させてください。

JDSCへ興味を持っていただいた方へ!

①JDSCリクルーティングページ
②カジュアル面談ご依頼ページ
③JDSCの福利厚生について

①JDSCリクルーティングページ:

②カジュアル面談ご依頼ページ:

③JDSCの福利厚生について:
JDSCでは社員が、最適な環境で、最高の結果をだせるように様々な福利厚生制度をご用意しております!!一部福利厚生はパートナーの方も対象となります。 ※情報は執筆時点の2022年2月14日時点のものです。

JDSCの福利厚生
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!励みになります!
JDSC
株式会社JDSC (旧:株式会社日本データサイエンス研究所)の会社noteです。 会社としての情報発信や、Mediumで書いているTech-blogの更新、そしてJDSCの社員、各メンバーの記事もピックアップして紹介していきたいと思います。