イリザロフ

【生きているって、いいな】

私は20数年前、交通事故で入院していたことがあります。かなりの怪我で歩けるようになるまで7年、入院中に病室から桜の花を3回見ました。籠の鳥です。
大きな事故だったので、事故の後一週間ほど記憶がありません。気がついたら病院のベットの上です。横に母親がいて、何がどうなっているのか聞きました。

「あんた事故起こしたのよ」と母から聞いて、「どこで!?」「いつ!」と聞いたのを覚えています。事故現場はのどかな田舎の田んぼの見える信号のない交差点。交通量は極めて少ないところです。なぜ事故が起きたのかさっぱりわかりませんでした。バイクに乗った私が直進、対向車が右折のタイミングでぶつかったそうです。

「あんなに見通しのいいところで?信じられない!」そんな会話でした。ふと気がつくと母の服の肩の部分が破けています。「どうしたの、服破けてるよ」と問うと「あんたがやったのよ」と母。記憶にないのですが、昼夜を問わず叫んだり暴れたり大変だったそうです。

当時、大学生だった私が大学とアパートの間にあるたった一つの十字路で起きた事故。0.5秒、タイミングがずれていたらそのまま死んでいた可能性もあります。ありがたくも、今は歩くことすら普通にできるようになりました。人間、いつどうなるかわからないものです。今できること最大限楽しんでいきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

頑張ります☆
7
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメント (1)
今を大事に!瞬間瞬間を大事に!💦😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。