感情のシェア「自然体でいることの大切さ(対等性)」

感情のシェア「自然体でいることの大切さ(対等性)」

細川一滴
00:00 | 00:30
自然体でいるということは、誰に対しても自分のあり方が変わらないということを言います。このあり方を対等性といいます。これができると自分らしさを活かし、相手を尊重することができます。逆に相手によって態度が変わるということは、自分がどう見られるかに意識が向いている状態。その分だけ自分の本来の力が削がれてしまいます。
対等性を身につけて、誰といても自然体で居られるようになりたいものです。
自然体でいられるには対等性を実践するトレーニングが必要と伝えたい。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 
あなたは今、どんな感情ですか?

感情の学校URLはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。