見出し画像

海賊ブラッド (20)盗賊、海賊

この続きをみるには

この続き: 11,983文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Captain Blood本編の全訳に加え、時代背景の解説、ラファエル・サバチニ原作映画の紹介、短編集The Chronicles of Captain Blood より番外編「The lovestory of Jeremy Pitt ジェレミー・ピットの恋」を収録

1685年イングランド。アイルランド人医師ピーター・ブラッドは、叛乱に参加し負傷した患者を治療した責めを負い、自らも謀反の罪でバルバドス島…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
パブリックドメイン小説の独自翻訳を行っています。パブーやKindleストアでも「イソノ武威」名義で電子書籍を販売中。

こちらでもピックアップされています

ラファエル・サバチニの『海賊ブラッド』
ラファエル・サバチニの『海賊ブラッド』
  • 36本
  • ¥450

1685年イングランド。アイルランド人医師ピーター・ブラッドは、叛乱に参加し負傷した患者を治療した責めを負い、自らも謀反の罪でバルバドス島に奴隷として売り飛ばされてしまう。 後にスペイン船を奪取して仲間達と共に脱走した彼は、大海賊キャプテン・ブラッドとして勇名を轟かせる事となる。原題『Captain Blood: His Odyssey 』 (1922年初版刊行)。「英ガーディアン紙が選ぶ必読小説1000冊」

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。