第37号:「積み重ねの量がヒットを生む」。USJをV字回復させた仕掛け人・森岡毅さんの緻密な戦略とバランス感覚。

第37号:「積み重ねの量がヒットを生む」。USJをV字回復させた仕掛け人・森岡毅さんの緻密な戦略とバランス感覚。

 でんでーん、いしかわごうです。

ここ最近、サッカーの話題が続いたので、今回はビジネスのことを

 4月のことなんですけど、テレビ東京の番組「カンブリア宮殿」に、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の執行役員・森岡毅さんが
登場していました。

 現在のUSJの盛況ぶりを支えている立役者です。
一時期、700万人台まで落ち込んでいた集客を1390万人へとV字回復させた
仕掛け人が森岡毅さんなんです(※2017年はすでに退社されてます)。

数年前にはNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演していました。

「カンブリア宮殿」では、経営的な戦略の話が中心でした。
 
 USJが従来のテーマパークと何が違うのか。

この続きをみるには

この続き: 2,043文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第37号:「積み重ねの量がヒットを生む」。USJをV字回復させた仕掛け人・森岡毅さんの緻密な戦略とバランス感覚。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

スキ、いただきました。あっざーす!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。