ワンポイントレビュー:セットプレーから2得点。見事だったキッカー・狩野健太の蹴り分け。「あれは去年のレイソルの守り方。だから、リキのところが空くのもわかっていました」。(ナビスコカップ第3節・アルビレックス新潟戦:5-0)
見出し画像

ワンポイントレビュー:セットプレーから2得点。見事だったキッカー・狩野健太の蹴り分け。「あれは去年のレイソルの守り方。だから、リキのところが空くのもわかっていました」。(ナビスコカップ第3節・アルビレックス新潟戦:5-0)

 ナビスコカップ第3節・アルビレックス新潟戦は5-0でした。

 今回の深堀りポイントは5つです。大量得点を呼び込んだ背景を中心に読み解いております。

ラインナップはこちら。

1.三好康児の「ゼロトップシステム」が面白いようにハマった二つの理由とは?

2.セットプレーから2得点。見事だったキッカー・狩野健太の蹴り分け。「あれは去年のレイソルの守り方。だから、リキのところが空くのもわかっていました」。

3.勝利を決定付けた4点目。エロ過ぎる三好康児の柔らかトラップからシュートまでの一連の流れを深堀り解説。

4.鬼門・ビッグスワンでの大勝劇を呼び込んだのは、みんなのギラギラ感!?

5.今季4試合目の無失点試合。「5-0と5-1じゃ違う」と語る、奈良竜樹のこだわり。

以上のポイントを、約4500文字に渡ってレビューしております。興味ある方のみ読んでください。

なおプレビューはこちらです。→試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(ナビスコカップ第3節・アルビレックス新潟戦)

では、スタート。

この続きをみるには

この続き: 4,753文字

ワンポイントレビュー:セットプレーから2得点。見事だったキッカー・狩野健太の蹴り分け。「あれは去年のレイソルの守り方。だから、リキのところが空くのもわかっていました」。(ナビスコカップ第3節・アルビレックス新潟戦:5-0)

いしかわごう

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

センス、良いっすね。
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。