第43号:ソンリョンとカワシマは一日にしてならず。チョン・ソンリョンと川島永嗣のプロフェッショナル・イズム。

第43号:ソンリョンとカワシマは一日にしてならず。チョン・ソンリョンと川島永嗣のプロフェッショナル・イズム。

 でんでーん、いしかわごうです。

最近、チョン・ソンリョンを取材する機会がありました。

「誰?韓流スター?」と思う人がいるかもしれないので説明しておくと、
今季から川崎フロンターレに加入した韓国代表のゴールキーパーです。
顔は俳優の鈴木亮平さんに似てます。

 GKとしては超一流です。
まず韓国代表ではワールドカップに3回出てます。
オリンピックにも2回出てます。前回(ロンドン五輪大会)は
銅メダル獲得しました。クラブでは、城南一和時代にACL(アジアチャンピオンズリーグ)を制覇してます。(ちなみにこの年はフロンターレとACLで対戦しています)。

そんなすごいGKが来たので、今シーズンの川崎フロンターレは
失点がかなり減りました。というか、今は浦和レッズと並んで失点が一番少ないチームになりました(2016年2nd第6節終了時点)。

 取材した内容は記事になるので、ここでは書きませんけど、
彼を取材していて感じるのは、やはり超一流のプロフェッショナルだな、
ということです。

サッカー選手はみなプロフェッショナルとして尊敬してますけど、
中でもゴールキーパーは「個人」がより問われるポジションだからなのか、
セルフマネジメント力が非常に高い印象です。

そしてチョン・ソンリョンを取材していて思い出すのが、日本代表GK・川島永嗣のことだったりします。

この続きをみるには

この続き: 1,697文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第43号:ソンリョンとカワシマは一日にしてならず。チョン・ソンリョンと川島永嗣のプロフェッショナル・イズム。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。