第40号:激動の2週間。そして優勝争いの現場で感じたことと、ある現役タイトルホルダーに聞いた、「どうしたらタイトルを取れるのか」の答え。

第40号:激動の2週間。そして優勝争いの現場で感じたことと、ある現役タイトルホルダーに聞いた、「どうしたらタイトルを取れるのか」の答え。

でんでーん、いしかわごうです。

ご存知の通り、川崎フロンターレはJリーグの1stステージで優勝争いを演じ、最終的には2位になりました。

日が経って少し落ち着いてきたとはいえ、自分が長く取材してきたクラブが優勝を逃すのは、やっぱり悔しいです。

・・・悔しいです!!(ザブングル加藤の顔で)


 さてと。
試合に関するピッチ上のあれこれや選手の思いなどは、
サッカーダイジェストのweb記事やごうnoteを読んでもらうとして、
今回の激動の2週間を振り返って、番記者として感じたものをこのメルマガで書き残しておきたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 2,972文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第40号:激動の2週間。そして優勝争いの現場で感じたことと、ある現役タイトルホルダーに聞いた、「どうしたらタイトルを取れるのか」の答え。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

サンキューです!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。