第48号:お金を使うか。それとも、お金に使われるのか。フジテレビ深夜に放送されていた「百萬男」の思い出を語る。
見出し画像

第48号:お金を使うか。それとも、お金に使われるのか。フジテレビ深夜に放送されていた「百萬男」の思い出を語る。

 でんでーん、いしかわごうです。

今回はサッカーの話ではありません。

ちょっとお金の話をしたいと思います。

よく「宝くじが当たったら何を買う?」なんて語ることって
あるじゃないですか。

三億円というのはまず現実的ではないので自由に語りますけど、例えば、もしこれが百万円だったら、どうですかね?

俄然、現実味を帯びて真剣に考えたりしませんか?

当時2000年ぐらいですけど、フジテレビ深夜に「百萬男」というバラエティー番組がありました。

企画・演出は、おちまさとさん。

ざっくり説明すると、街行く男性に突然現金で百万円を渡して、5時間以内に使い切ってもらう。それだけの企画なんですけど、突然渡された大金をどう使い切るか・・・その人間性を観察する番組でした。


ルールとしては、時間内に使いきれなければ全額返金。
百万円は自分のために使わなくてはダメ(恋人や家族のプレゼントはNG)、ギャンブルや借金返済なども禁止。

つまり、基本的には物を買わなくてはいけないわけで、「その人は何を買うのか」が見どころでした。


たいていの行動パターンは、とりあえずビッグカメラなどの量販店に行き、ノートパソコンだったりDVDレコーダーなどの電化製品を買うんですよ。

 ただし、それでもまだ70〜80万円が残っている。そうなると制限時間内のルールに焦り出し始め(使い切れないと全額負担になる)、そこから高級スーツだったり、高級時計など高額なブランド品を求めていくんですけど、次第に冷静さを欠いて、気づいたら、すっかりお金に振り回されていくんですね。

それと同時に悩むんですよね。「本当にこれは欲しかったのだろうか?」と葛藤したり、「こんなに贅沢をしてもいいのだろうか?」と自己嫌悪に陥ったり・・・・。

お金を使うか。それとも、お金に使われるのか。そこで描かれる心理描写が実にリアルで、面白い番組でした。

 お金の価値観が変わりそうで怖いという理由で、途中でリタイアを申し出る若者もいましたし、湯水のごとく使い切って、「300万円でも余裕ですね」と言ったチャラ男もいました。

そしてエンディングに、お金の使い方をMCから総括され、「彼はお金のことなんて、何もわかっていない!」と一喝されます。

「自分だったら、こう使うなー」とか、 「お金って一体何なんだろう?」と考えさせられる番組でした。

もともとは、当時はウッチャンナンチャンの番組で「これができたら100万円!」という企画だったり、クイズ番組の賞金が100万円だったりすることが多かったものの、「100万円をもらった、その後」を伝える番組がなかったことが、
この番組が生まれたヒントになったそうです。


 昔、おちまさとさんと話す機会があったんですけど、この番組のファンだった僕は、「百萬女ではなく、百萬『男』にこだわる理由ってあったのですか?」と聞いてみたことがあります。


この続きをみるには

この続き: 439文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第48号:お金を使うか。それとも、お金に使われるのか。フジテレビ深夜に放送されていた「百萬男」の思い出を語る。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

スキ、いただきました。あっざーす!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。