チャンスを掴めるかどうかは自分次第。自分と向き合い続けている、今季の森谷賢太郎について語ってみた。
見出し画像

チャンスを掴めるかどうかは自分次第。自分と向き合い続けている、今季の森谷賢太郎について語ってみた。


「去年は自分が点を取って勝つ試合がなかった。今年はそういう試合を1試合でも多く作ることですね。そしてそれ以上に、自分がチームのために何ができるか。それが大事になってくると思います」

 シーズン前、森谷賢太郎に話を聞いていたら、そんな決意を口にしていた。去年のリーグ戦で決めたゴール数は「2」。ホームとアウェイでの浦和レッズ戦で、どちらもスコアは1-1。彼のゴールは勝利には結びついていない。チームを勝たせるゴールを、彼は決めたかった。

 そして生まれた2016年の1st第4節ヴァンフォーレ甲府戦での今季初ゴール。コーナーキックの混戦を拾った谷口彰悟からパスを受けると、トラップからシュートまで、実にスムーズにゴール隅に流しこんだ。狭いエリアで難易度も高かったはずのシュートだが、一連の作業が簡単だったように振り返る。

「足の膝下だけですね。踏み込んだ時に相手のGKが少し右に重心を移したので、逆に打とうと思いました」

 自身のゴールもあってチームは4-0で勝利し、第4節を終えた時点で首位を快走。それなりに手応えもあるだろうと尋ねても、彼の言葉は、いつものようにつれなかった。

「チームが勝っていれば一番だし、首位にいるのは大きいですね。ただ個人的には、そこまでの充実感はまだないです」


 今年、森谷賢太郎に話を聞いていると、その口から必ず出てくるフレーズがある。

 それが「自分と向き合う」という言葉だ。

 最初に聞いたのは、開幕直前のある時期のこと。彼は自分に言い聞かせるように言っていた。

この続きをみるには

この続き: 2,671文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

選手のオリジナルコラムを取り揃えております。1本2000〜3000文字前後です。少しずつ数を充実させていきます。

または、記事単体で購入する

チャンスを掴めるかどうかは自分次第。自分と向き合い続けている、今季の森谷賢太郎について語ってみた。

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

もっとスキになってください!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。