見出し画像

サラスワティ・プジャに、音楽の贈り物を。(インド修行の思い出)

ishiori

サラスワティプジャについて

サラスワティは芸術と学問の神様で、
そして美しい女性神なので、とても人気があります。
日本でも、弁財天のルーツということで有名ですね。

画像18

ヒンドゥー教は多神教で、地域や家庭、職業によってそれぞれ一番に崇拝する神様が違っていたりします。
Puja(「プージャ」、ベンガルだとほぼ伸ばさず「プジャ」。祭祀、神事、祈り)の日も神様ごとに設定されていますが、音楽家の家はなんといってもサラスワティがメインの神様ですので、サラスワティ・プジャは特に盛大にやります。

ほとんどのプジャの日程はヒンドゥー歴によるため、西洋カレンダー上では毎年変わります。2017年のサラスワティ・プジャは早めの2月1日でした。

サラスワティ・プジャは、別名' Vasant Panchami '(ヴァサント・パンチャミ)とも言われ、春を祝う日でもあります。
テーマカラーはイエロー。
この時期になると、鮮やかな黄色いサリーの人が増え、あちらこちらで花が咲き始めるようです。
 

師匠の家でのサラスワティプジャの1日をご紹介。

当日は、朝いちでシャワーを浴びて体を清めて、、、
8時半グルジの家に集合、プジャの準備!
女子は、プラサード(捧げもの)のフルーツを洗って、カットして、並べて、花を飾って、プジャに使う道具を一式準備します。

大理石のサラスワティ像が常に鎮座しているレッスンルームで行います。

画像3

そうこうしているうちに出席者も集まり、お坊さん(タクルモシャイ)がやって来て、プジャが始まります。
お経を唱えます。
歌がめちゃくちゃうまいお坊さんのお経を聞くと、ああ「インド古典音楽のルーツはヴェーダの詠唱です」というのはこれのことか、と思います。棒読みに近いお坊さんでも、忠実な音階で唱えているのは感じられます。

画像9

お供え物を用意します。フルーツ、野菜、ミシュティ(お菓子)、米、ミルク、ヨーグルト、ギー、蜂蜜、油、、、

画像14

シャンク(ホラ貝)を吹いて、神様を呼びます。これも女性の役割のようです。

画像1

サラスワティ像の横には、タブラ・ハルモニウム・ボルの書かれたノートなどをセットしておくのですが、そこに祈祷済みの花や水が撒かれて祝福されます。
 

Arati(アラティー)という、火を使う儀式が始まります。
火のお盆が回ってくるので、手ですくって焰を浴びます。

スクリーンショット 2022-01-28 12.02.03

儀式のあと。

画像10

画像17


プラサードのお裾分けをいただきます。

画像3

プジャの後には、一度全員部屋の外に出されます。
別の部屋で、みんなで並んで座ってランチをいただきます。

画像13

サラスワティ・プジャの2daysは完全菜食です。
イエローなキチュリがメインのメニューです。

画像13

4~50人くらい集まるため、一度に全員で食べるのは無理で、3交代制くらいで、食べ終わった人がまだの人にサーブしてあげます。兄弟子にサーブしていただいて、ありがたや。

画像15

ちなみにグルジ御用達ケータリング店からのデリバリー☆
ドーンと大鍋で届きます。

画像12

そのあとは、、、お昼寝タイムですね。一度帰宅する人もいれば、そのまま残ってのんびり過ごす人もいたり。
私も、近所のグルバイ宅で奥様方たちとおしゃべり&昼寝してました。


そして夕方から、もう一度集まって、今度は音楽プログラム。
生徒達が次々に神様に音楽を捧げます。

画像13

画像15

画像19

私も、毎年タブラを叩いたり歌ったりさせていただいています。この年はラビンドラサンギートを歌いました。写真をもらいそびれました。

画像14

夜10時も回り、子どもたちと父兄が帰り、みんなもそろそろ、、と腰を上げた頃、最後はいつも、グルジとグルマの演奏が始まります。
最後まで残っていた人の特権ですね。

スクリーンショット 2022-01-28 12.06.42

画像16

みんなが神様のために歌ったり演奏したりするおこぼれを横から聴いている状態なので、この日は、とても満たされた気持ちになります。

家によっても多少違いがあると思いますが、グルジの家でのサラスワティ・プジャの様子をレポートしました。
実はさらに、プジャ2日目のイベントに続くので、それはまた次回、ご紹介できればと思います。


※インド滞在中に書いた下記↓2017年のブログを、リライトしました。

http://ishiorin.blog24.fc2.com/blog-entry-235.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ishiori
インド音楽の演奏をしたり、日本画を描いたりしています。 インドリズムサークル「taalmandali」 アート&デザイン「Studio Siwun」 ishidashiori.com