見出し画像

Statement of Protest Against Putin's Invasion of Ukraine

ヨーシャ

English Version (Translated by DeepL)

Today I must talk about a sad reality.

I am an Orthodox Christian belonging to the Japanese Orthodox Church.
Currently, it is not officially allowed for Korean Orthodox Christians to pray in the cathedral of the Japanese Orthodox Church. Recently, there has been an issue of hate speech by Japanese people against Koreans, but this issue is not due to the "hatred" that Japanese people have for Korea. The Japanese Orthodox Church is treated as an autonomous church within the Russian Orthodox Church, while the Korean Orthodox Church is under the jurisdiction of the Patriarchate of Constantinople. As you know, the Russian Orthodox Church has pronounced a communion with the Patriarchate of Constantinople regarding the independence of the Ukrainian Orthodox Church. The Japanese Orthodox Church also agrees with the Russian Orthodox Church and is in the process of declaring a state of diplomatic relations with the Patriarchate of Constantinople. Hence, the problem arises that Orthodox Christians of the Korean Orthodox Church cannot pray in the Japanese Orthodox Churches. The Tsushima Strait has become the boundary of our hearts. I am deeply disturbed by this situation.

Currently, Russian President Vladimir Putin calls Ukrainian President Zelensky a "neo-Nazi" and insists that "de-Nazification" is necessary for peace in Ukraine. However, President Zelensky's grandfather was a Jew whose father and brother were taken from him by the Nazi Holocaust. I believe this is "soul murder" that is doubly offensive to President Zelensky's dignity. As a developmentally disabled person with Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) and Autism Spectrum Disorder (ASD) who has been issued a "Health and Welfare Certificate for the Mentally Disabled," I am also aware of the barbaric acts perpetrated by the Nazis against the disabled. In Germany under the Nazi regime, people with disabilities were regarded as "lives unworthy of living" and many of them were "disposed of". If I had been there, I probably would have been "punished" as "a life unworthy of living. That is why I can never endorse the barbarism of the Nazis. I protest to the utmost against calling those who lost relatives in the Holocaust "Nazis" while ordering attacks on innocent civilians.

History shows that the Russian people have never been powerless against their oppressors. St. Alexander of Munich and St. Mary of Paris, both of whom were of Russian descent, died on the decapitation table as members of a resistance movement against the Nazis called the "White Rose. St. Mary of Paris, who saved Jews persecuted by the Nazis, was sent to the gas chambers of the Raffensbrück concentration camp where she died. They acted according to the justice inherent in their hearts. Therefore, I do not consider the Russians to be satanic people who are in favor of invasion, and I strongly oppose such a view.

When I was a junior high school student, I went on a school trip to Hiroshima and heard the horrific experiences of many hibakusha. Among them, the experiences of Korean residents in Japan were deeply etched in my mind. Japan is an A-bombed country, having suffered nuclear attacks on Hiroshima and Nagasaki in World War II. Japan also has a "criminal record" of invading Asian countries, including Korea and China, and causing injury and suffering to many people. Japan has been questioned at every turn by the people of the affected countries about its "responsibility for the war," yet to this day, Japan has never understood the suffering of the people of those countries. Recently, I have seen many hate speeches against Koreans and Chinese people on Japanese social networking sites. I am terribly hurt by this situation, but now I am also hurt by the mindless hate speeches of Russians in Japan due to this invasion of Ukraine. I have also seen the words of Russian people apologizing for this invasion. I do not want to see a future where the Russian people are hated any more and suffer from war responsibility. We should not hate the "people" as a whole. Only the tyrants who started the war should be held responsible for it.

I am also a geek. Today, Japanese and other otaku content is popular all over the world. Of course, there are many people in Ukraine and Russia who love otaku content. What was particularly shocking during the recent war was that the illustration of Soryu Asuka Langley from "Neon Genesis Evangelion" was reduced to rubble on the battlefield. Wars can also do great damage to culture and sports. We hope that Ukraine's culture, which was damaged by Putin's war of aggression, will be quickly restored and that the emotional wounds of culture lovers will be quickly healed. There is also a cancellation culture against Russia in culture and sports, which increases the isolation of the Russian people and may lead to the birth of a second or third Putin. I wholeheartedly oppose the shutting out of Russians and Russian culture through cancellation culture.

Hatred will lead to nothing but more hatred. After the tyrants who started the war have taken responsibility for the evil of war, it is necessary to heal all those who have suffered physical and emotional wounds from the war and to help them to live a fuller life. I would like to support them as much as I can after the war is over.

As an Orthodox Christian, I protest against Putin's invasion of Ukraine.

日本語版

今日は、悲しい現実についてお話しなければなりません。

私は、日本正教会に所属する一人の正教徒です。
現在、日本正教会の聖堂で韓国正教会の正教徒が参祷することは公的には認められていません。最近、日本人による韓国人へのヘイトスピーチが問題になっていますが、この問題は日本人が抱いている「嫌韓」のせいではありません。日本正教会はロシア正教会の中の自治教会という扱いであり、韓国正教会はコンスタンティノポリ総主教庁の管轄下にあります。ご存じの通り、ロシア正教会はウクライナ正教会の独立に関してコンスタンティノポリ総主教庁に断交を宣告しました。日本の正教会もロシア正教会に同調し、コンスタンティノポリ総主教庁との断交を宣言している状態です。それ故に、韓国正教会の正教徒が日本の正教会で祈ることができないという問題が発生しています。対馬海峡が、現状心の境目になってしまっているのです。私は、この現状にひどく心を痛めています。

現在、ロシアの大統領であるプーチンは、ウクライナのゼレンスキー大統領を「ネオナチ」呼ばわりし、ウクライナの平和のためには「非ナチ化」が必要であると主張しています。しかし、ゼレンスキー大統領の祖父は父親と兄弟をナチスのホロコーストによって奪われたユダヤ人であります。これは、ゼレンスキー大統領の尊厳を二重に傷つける「魂の殺人」であると思います。私は、注意欠陥多動性障がいおよび自閉スペクトラム障がいを持ち「精神障害者保健福祉手帳」を発行されている発達障がい者でもあり、ナチスが障がい者に行ってきた蛮行のことも知っています。ナチス治下のドイツでは、障がい者は「生きるに値しない命」とされ、多くの障がい者が「処分」されてしまいました。おそらく、私のその場にいたら「生きるに値しない命」として「処分」されていたことでしょう。だからこそ、ナチスの蛮行を是とすることは決してできません。罪もなき民間人に対する攻撃を命じておきながら、親族をホロコーストで失った者に対する「ナチス」呼ばわりをすることに対し、最大限の抗議をいたします。

なお、歴史を振り返るとロシアの人々が圧政者に無力だったわけでは決してありません。ミュンヘンの聖アレクサンドルとパリの聖マリアという二人のロシア人の血を引く致命者がいますが、ミュンヘンの聖アレクサンドルは「白いバラ」と呼ばれるナチスに対する抵抗運動のメンバーとして断頭台にて致命しました。また、パリの聖マリアはナチスによって迫害されていたユダヤ人を救うも、ラーフェンスブリュック強制収容所のガス室に送られ致命しました。彼らは心の中に内在する正義に従って行動したのです。だから、私はロシア人を侵略に賛成する悪魔のような人たちと考えませんし、またそういう見方をしてしまうことにも強く反対します。

私は、中学生の時、広島に修学旅行に行き、多くの被爆者から凄惨な体験を聞きました。中でも、在日コリアンの被爆者の体験は私の心に深く刻まれました。日本は、第二次大戦において広島と長崎に核攻撃を受けた被爆国です。そして、韓国や中国をはじめとするアジアの国々を侵略し、多くの人々を傷つけ苦しめた「前科」を持っています。そして、日本は被害を受けた国々の人々からことあるごとに「戦争責任」を問われていながら、彼らの受けた苦しみを全く理解することなく今日に至っています。最近では、日本語のSNSを見ると韓国人や中国人に対するヘイトスピーチすら多く見かけるようになりました。私はこの現状にひどく心を痛めていますが、いま、このウクライナ侵略で日本にいるロシア人が心ないヘイトスピーチに心を痛めています。今回の侵略を謝罪するロシアの人々の言葉も目にしました。私は、これ以上ロシアの人々が憎まれ、戦争責任に苦しむ未来を見たくありません。「民族」全体を憎んではいけないのです。戦争を巻き起こした専制者のみが、その責任を負うべきのです。

また、私は一人のオタクでもあります。現在、日本を中心とするオタクコンテンツは世界各国で親しまれています。もちろん、ウクライナにおいてもロシアにおいてもオタクコンテンツを愛する人たちが多くいます。とりわけ、今回の戦争でショックだったのは「新世紀エヴァンゲリオン」の惣流・アスカ・ラングレーのイラストが戦場のがれきになってしまったことでした。戦争は、文化やスポーツにも大ダメージを与えます。今回のプーチンの侵略戦争によって傷ついたウクライナの文化が速やかに復興され、文化を愛好する者の心の傷がいち早く癒えることを望みます。また、文化やスポーツなどの場においてロシアに対するキャンセルカルチャーも巻き起こっていますが、これはロシアの人々の孤立感を増大させ、第二第三のプーチンを生んでしまうことにも繋がりかねません。キャンセルカルチャーによるロシア人とロシア文化の締め出しには心から反対いたします。

憎しみはさらなる憎しみ以外、何も生みません。戦争という悪の責任を、戦争を巻き起こした専制者が責任をとった後は、戦争で体と心に傷を負ったすべての人を癒やし、彼らが心豊かに生活を送れるよう支援をすることが必要であると考えます。私は、戦争が終わったらそのための支援をできる範囲内でしていきたいと考えます。

一人の正教徒として、プーチンによるウクライナ侵略に抗議いたします。

注意書き

この記事は、3月3日に自ブログに投稿した記事の転載です。

https://huideyeren.info/2022/03/03/statement-of-protest-against-putin-s-invasion-of-ukraine/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!