~棒犬のかなりお役に立てない話 02~ ありがとう、TASCAM US-144MK2
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

~棒犬のかなりお役に立てない話 02~ ありがとう、TASCAM US-144MK2

INUSOUND(イヌサウンド)

前回の話『私は、ただのオジさん』の中にも登場したオーディオ・インターフェースの話です。
オーディオ・インタフェースとは、簡単に言うと、マイクやギター、シンセなどの音をパソコンに取り込むことができる機器で、アナログ信号をデジタル信号に変換できます。
この時点で、「なんのこっちゃ?」と思われた方。はい、私もそうでした(笑)。

楽器屋さんで、「パソコンを使った録音や編集には、DAWソフト(デジタルで録音や編集が出来る音楽ソフト)とオーディオ・インターフェースが必要不可欠ですよ!」と言われて、ワケもわからず購入してしまった私。
これから音楽を始めようと思っていた頃に購入し、それから10年くらいホコリをかぶっていたのが、TASCAM US-144MK2です。
私は、この製品を、DAWソフトのオマケのような位置づけで購入しました。いわゆる、抱き合わせ販売的な?
引っ越しの際には、オマケだし使い方も分からないし、捨ててしまおう、と思ったくらいです。
今は、無知とは、とても恐ろしいことだったと思っています(汗)。

時は過ぎて2020年、仲間うちで、人生初のレコーディングを宅録(自宅録音)でやってみようという企画がスタート!
しかし、コロナ禍による輸入規制の影響もあって、手に入れたい録音機器は、軒並み店頭から消える始末。
(音楽ソフトなどに詳しい方はご存じだとは思いますが、この手の機器の多くは海外社製が多いのです。)

「ああ、困った! THE END!」と思っていた私の脳裏によぎったのは、ホコリだらけの TASCAM US-144MK2 でした。
すでに廃盤となっていたこのオーディオ・インターフェースは、ソフトのアップデートも止まっていました。
しかし、TASCAM社のサイトのサポートは健在だったため、「こいつ、動くぞ!」(ガンダムネタ、わかる人いるかな…)状態にまで持っていくことができました。

性能については、現在の後継機 US-2x2-CU をはじめとする、最新かつ高価なオーディオ・インターフェースには敵いません。
そして、現在では、山のように素晴らしい機器は存在し、コロナ禍でなければ、簡単に入手できたことでしょう。
私の場合、録音マイクも同様に入手が困難でしたので、安価で旧式なものを使用しました。
それも相まって、正直、宅録の中で、いくつか困ったことは起きました。
もっと録音における技術があれば、大した問題ではなかったのかもしれません。
それについては、これからの課題としたいと思っています。
それでも、この子がいなかったら、宅録もできませんでしたし、この文章を書いていることもなかったと思います。

US-144MK2、10年も放っておいて、ごめんよ。
US-144MK2、本当にありがとう。
君は、僕のガンダムMk-IIだったよ!

ティアック株式会社|TASCAM
https://tascam.jp/jp/product/us-144mkii/spec

棒犬 Vo. Takanori Inutake

犬|WEBサイト https://inusound.com/ 【2021年09月公開予定】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
正直、SNSに慣れておらず、本当に嬉しいです! ありがとうございます。
INUSOUND(イヌサウンド)
INUSOUNDは、『棒犬』の音楽活動を、みなさまと共に楽しむために開設したレーベルです。ここでは、バンドメンバーやバンドに関わる仲間たちの話題を中心に掲載しています。音楽情報としては、あまり役に立ちませんが、お読みいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。