見出し画像

書店が閉まるから、僕たちは本を出す

コロナの影響で、今多くの人が自宅に閉じ込められています。
書店は臨時休業の嵐。
この状況下において、新刊の刊行を延期する出版社も出て来ました。

当然の判断でしょう。
リアルな書店に人がおらず、しかもAmazonでも本の流通が機能していない(緊急性の高い生活用品を送ることが優先されている模様です)。

だからこそ、僕たちはあえて予定どおりに本を出すことを決めました。

「そもそも」から始めよ

先週の会議。
僕たちはうなだれていました。
「さすがにこれだけリアル書店が閉じていては本を出せない。出したって、意味がない」
このときはまだAmazonの本の流通は比較的動いていました。
それでも、本を読むような心境にはなかなかなれません。
ニューヨークタイムズの記事によれば、ゲームと動画に費やす時間は激増している一方で、本は電子書籍ですらほとんど増えていません。

出すのか、出さないのか。
刊行を遅らせるとしたら、いつ出すのか。

コロナの蔓延に終わりが見えない中、何を基準にGOを出すのか。

そんなとき、石川善樹さんの新刊『フルライフ』の編集担当、中島さんが口を開きました。
「売れる売れないの話はいったん脇に置いて、僕らはそもそも何がやりたいんでしたっけ?

ああ、そうだった。
本が読まれない時代に本を届ける、新しい読書体験をつくるために僕らは立ち上がったんだった。
本が届けづらいくらいでやめるなら、僕たちは「そもそも」やらなくてよかったじゃないか。

「希望を灯す」をコンセプトに立ち上がった出版社が、これだけ不安に包まれた今本を出さないなんて、自己否定もいいところだ。
笑ってしまう。

だから出す。
書店に人がいないからこそ、僕たちは本を出す。
そう考えると視界がぐっとクリアになった。
今できることはなんだ?

・書店に本が並ばない中、読みたくても読めない人のために何ができるか?
→noteで新刊『フルライフ』に加え、『世界は贈与でできている』『D2C』全文を無料公開することにしました(趣旨にご賛同いただいた著者のみなさま、ありがとうございます)。

**
・本を読むような気分になれない中、読書を楽しくするために何ができるか?**

→著者参加の「花木(ハナモク)飲み」をzoomで開催することにしました(知ってました? フルライフって本によると、花金ではなく、これからは花金ではなく花木なんですって!)

当日は最所あさみさんも飲みにくるとか、なんとか。

このほかにも、読者主導でオンライン読書会をどんどん開くアンバサダー制度をはじめたりと、NewsPicksパブリッシングはどんどん仕掛けていきます。

さて、晴れて通常運行で『フルライフ──今日の仕事と10年先の目標と100年の人生をつなぐ時間戦略』が発売されるわけですが…
この本がどんな本なのかは、編集担当の中島さんが詳しく書いてくれています。

一言で言えば、3ヶ月先すら見えない今だからこそ、100年の人生を戦略的に考え直そうぜ、という本です。

Q.ハードな仕事と、長い人生の"重心"はどこにあるのか?
Q.そもそも「フルライフ(充実した人生)」とはなにか?
Q.フル(充実)の真逆にある、空っぽな人生とは何か?
Q.後悔が生まれる原因は?
Q.あなたはどのような戦略に基づいて、限られた時間を使っているか?
Q.戦略の先に、自分は何をしたいのか?
Q.ところで「戦略」とは何か?
Q.限りある時間の中で、Doing(する)とBeing(ある)のバランスをとるには?
Q.真のWell-Beingとは?

などなど、たくさんの問いに答える本になっています。


コロナは変化を連れて来ました。
これは『シン・ニホン』著者安宅和人さんがおっしゃっていたことですが、密集した都市空間で人生を充実させるという人間が2000年間志向してきた流れが、今まさに逆流しようとしている。
これは、出版を「維持する」のではなく「変えていく」と決め立ち上がった僕たちには、まさに追い風です。

今はひるむときではなく、仕掛けるときです。
どうせ変わるなら、楽しいほうに変えちゃいましょう。

さてさて、これから何をしちゃおうかな!


NewsPicksパブリッシングはこんな出版社です↓

「今すぐ役立つわけではないけれど、10年かけて効いてくるアイデア」を月一回届ける、スローなニュースレター、やってます↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!おかげさまで、また書こうって思えます。
78
担当『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』『シン・ニホン』『D2C』など。 弊レーベル月一のスローなNewsletter→https://publishing.newspicks.com/mailmagazine/ twitter:@inouheshinpei

こちらでもピックアップされています

【ライブラリ】notes
【ライブラリ】notes
  • 2656本
コメント (1)
NewsPicksさんの既成概念をぶち壊し続ける姿勢にいつも感銘を受けています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。