見出し画像

『クイズ!THE違和感』「ノブ違和感」の“無駄”な面白さ

もう1週間以上前の話なんですけど、6月29日放送の『クイズ!THE違和感』(TBS)見ました?

千鳥ノブMCによる、クイズの皮をかぶった「大喜利バラエティ」な番組なんですが、この日に出題された「ノブ違和感」が面白くてくだらなくて。

CGでノブの顔にされた有名人を当てるクイズなんですよ。

単純に顔をはめるだけじゃなく、表情まで追従しているので、ホントに顔だけノブ。クイズなんだけど、それ以前に「ノブwww」と笑いが止まらない。

さらに、ダイアナ妃来日のニュース映像の中にノブが何人いるかを探すクイズもあった。警備員や群衆がノブの顔になってるのだ。正解は「7人」だったんだけど、パネラーの大悟は思っていたノブとカウントが違っていて、「ワシ、ノブじゃないやつをノブだと数えてる」ってなってた。

日常に潜むノブ。今そこにあるノブ。

で、このCGで顔をはめる技術、以前『内村のツボる動画大賞』(テレ東)でもやっていた「ディープフェイク」である。

ディープフェイクは「深層学習」と「偽物」を組み合わせた混成語で、人工知能にもとづく人物画像合成の技術を指す。「敵対的生成ネットワーク」と呼ばれる機械学習技術を使用して、既存の画像と映像を、元となる画像または映像に重ね合わせて、結合することで生成される。 
ディープフェイク-Wikipedia

『ツボる動画』がYouTubeにアップした動画では、ハライチ澤部が赤ちゃんにされている。本放送ではウッチャンがボディービルダーにされたりしていた。

だが、なぜかノブのほうが面白い。ノブの顔は他の人の身体になんかしっくりハマるのだ。人の顔のベースラインに近い顔なんじゃないだろうか。基本顔。機械学習もしやすそう。

最新技術の無駄づかいが、ディープフェイク×ノブというケミストリーを生んだ。こんな未来を誰が予想しただろう。

* * * * *

「ノブ違和感」には、ノブの顔自体の面白さもさることながら、ディープフェイクをこんな大喜利バラエティに使うなんて、という面白さもあった。無駄づかいである。

人は「無駄」に面白さを感じるところがある。

思えば、「昔のテレビは面白かったよね」という回顧のなかには、「今ではコンプライアンス上できないけど」という声と同時に、「今ではあんな無駄なことできないけど」という思いも含まれていると思う。

無駄にお金がかかったセット、無駄に豪華なキャスティング、無駄に派手な爆破。

クイズをやりながらアメリカを横断したり、探検隊を結成してジャングルの奥地に赴いたり、それはそれはもう「無駄にすごい」のオンパレードだったと言っていい。海外から超能力者を呼んでスプーンを曲げるとか。

あれから時が経ち、お金や人をかけることができなくなった。効率と採算を求めるようになった。

だからと言って、あぁ「無駄」がなくなってしまった……というわけでもない。違う形で「無駄」は生きている。

『ロンドンハーツ』や『水曜日のダウンタウン』に見られる執拗なまでのドッキリも、『マツコの知らない世界』や『タモリ倶楽部』に出てくるマニアックな趣味もそうだろう。そこまでするのかよ、という「無駄にすごい」がそこにある。

そして、その「無駄にすごい」のラインナップには「技術的に無駄にすごい」もある。

最近だと『魔改造の夜』(BSプレミアム)もそうだ。トヨタや東大が技術を尽くし、トースターからパンを飛ばしたり、犬のオモチャをキメラにしたりしていた。


『99人の壁』(フジテレビ)が、コロナ禍でスタジオに人を集められないので、自分たちでリモート早押しシステムを作ってしまった、というのも「技術的に無駄にすごい」だろう。


あとは『ほこ×たて』の「絶対に穴の開かない金属 VS どんな金属にも穴を開けられるドリル」や、『トリビアの泉』の「「笑い」を研究している人達が作る一番面白くないギャグはダジャレ3連発の後に「このセメントセメント」」なんてのもありました……。

他にもっといい例があると思うんだけど、「そんなところにそんなスキルを使うんじゃない」という企画はやっぱり面白いし、記憶にも残っている。

* * * * *

無駄、やっぱり大事だ。『クイズ!THE違和感』がクイズの皮をかぶった大喜利バラエティなのも、一周回った無駄とも言えるし。

また「ノブ違和感」をやってほしいけど、ノブ本人は「番組の予算をここにつぎ込んだ」と言っていたので、どうなることやら。

なんとか隙を見て予算も無駄づかいしてほしい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すと世界の路線図がランダムで表示されます。

イスタンブール(トルコ)
54
フリーランスのライター/テレビっ子/路線図マニア/共著「たのしい路線図」/「時空の歪み」「インディーズ路線図」を提唱/『99人の壁』「路線図」でグランドスラム達成/『着信御礼!ケータイ大喜利』でレジェンド初段(INO)でした/MENSA会員/宮城県出身

こちらでもピックアップされています

テレビはたのしい
テレビはたのしい
  • 17本

テレビを見たことを書いているマガジンです

コメント (2)
ノブさんの親和性凄いですね。ほんとに無駄なケミストリーですけど。「ノブさんの顔」が使いやすいツールになる日が来たら「有用」な発見ですね。
日本人の「無駄でもいいから作りたいんじゃあー!」の力は本当に貴重だし、大好きです。もっと売れればいいのに。
マサキさんのテレビの前でツボってる姿がめっちゃ伝わってきて、番組見たくなりました。
ありがとうございます! ノブさんが日本のAIテクノロジーを前に進めるかもしれないと思うと未来も捨てたものじゃないですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。