見出し画像

[おぐねた]熱中症対策として空調服をテストする

8月某日。
夏の暑い最中、外出から戻り、自席で涼んでいるとスマートフォンが鳴った。
突然、「小栗来てくれ」と社長から呼び出された。
「なんか悪いことなんかしただろうか・・・?」
過去の経験から、決まってよいことではないだろうと高を括り、覚悟をして社長室に向かった。。。

序章

社長室につくと、突然暑さで倒れても困るからと、空調服なるものを渡された。

中味は直径10cm程度の穴の空いたペラペラの青い服である。
まさか!?この青い服を営業同行で着てくれというのだろうか・・・?(心の声)

どうやら穴に差し込むためのファンが4つとそのケーブル どうみてもやばそうな服だ。おそらく、アマゾンで仕入れたのであろう。。。

面白そうだし、ネタになりそうだからと、、、自分を 呼んだのでだろう。

困ったものである。

ちなみに自分でいうのはなんだが 、サガゼンの大きな服でないと服が入手できない。

嫌な予感がする 2人で、いろいろとやってみたがすぐには動きそうもない。「試してみてくれ」といわれ持ち帰った。

就業後に構築をしてみる・・ ・

はてさて空調服なるものをしらべたみたところ、本当はかっこいいものらしい・・(笑)

原理は簡単だ。風を送り込むことで 気化熱をフルに使って温度をさげるもだ。

画像1

組み立て編

さて自席に戻り組み立ててみる。

全部で4つのファンがあるがこれを服に挟むためには上下を分解しなければならない・・ファンと蓋である。

画像2

これが・・回らない・・・よほど固くつけられたファンを4つ剥がすのに10分もかかってしまった。
最後の一つははずれなかったので、技術部の力持ち!某君に頼んではずしてもらった。
歳はとってよかったのは、気楽に外してくれと言えることぐらいである・・・。

画像3

はずした部品を下記のように穴に挟み込み電源ケーブルを渡す。だが、普通は多分穴にこのファンは取り付けらているのだろうが自分でつけなければいれない・・・。
4つのファンを動かすのにモバイルバッテリーを使うらしいがこれは自腹・・・あいにく手持ちがないので、借りることにした。

画像4

なお嵌め込む際にこのファンに服がはさみこまれ・調整するのに苦労をした・・・。
美しいバラには棘があるものだ。○○ものには理由がある。

電源はとりあえず、長距離通勤(ほぼ成田空港)から会社にきているK君に借りる。 たぶん、スマホでもないと電車通勤の2時間弱は困るのでは?と聞いたところ・・・案の定持っていた。相手の行動を読むことは大切なのである。

さっそく、ポケットにモバイルバッテリーをいれてスイッチを ON にしてみたが・・・回らない(笑)。

画像5

このファンは相当の電圧が必要らしい・翌日に我が家にある10000 mA のモバイルバッテリーをもってくることにした。
やはり日毎から言っている常に大は小を兼ねるというのは正しかった。あくまでも動作に関してではあるが・・・。

いざ、実践!

新しい電源を入手した。ちなみに同じようなファンを搭載している専用バッテリーは9Aである。
私のもっているものは、最大で2.4A・・これモバイルバッテリーとはいえ専用でないとダメだろう・・・。

着ようとしてみた・・・

ああ、前が締まらない まあ予想していたけどさ・・

少なくても自分が着なくてもよくなったので、斜め後ろにいる4年目のB君にきてもらうことにした・スイッチON!

すごい音である。まさにウォオーという音で詳しくはリンクを 参照いただきたい。

(社長に一番大きかったのに・・と言われたのはご愛嬌)

画像6

なお電圧が低すぎて4つのファンのうち3個しか回らないのは仕方がない。
問題は、快適さ。上から空気がでるので、風は通るようだ。・・・が、この音は不快でだ。おそらく、客先でも外でも「なんすかこれ?」と聞かれることは間違いない。
社内で利用しようものなら、文句言われるのは間違いない音だ。
音は、電圧をかけてバッテリーならわからないかもしれない。。。

着用してもらった本人に聞いたみた。 「これで通勤できる?」 「ちょっとまってください」と言われた まあ 当然ですね・・ これは外出先で音をだしてもいい場所で相当量の大型リチウムバッテリーを杖K無いと 10000ma程度のモバイルバッテリーでは30分も持たないと思われます・・ 社長・・多分私には団扇かUSBモバイル扇風機(ブーンとなるけど・・)の方が良かったようです。両方とも着る必要はありませんので・・

ちなみに下は化け猫団扇・・客先にもちこんで涼めば、「なんですか?これ?」といわれること間違いなし!? 熱い風でも背筋が涼しくなります・・・笑

画像7







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よろしければシェアいただけると嬉しいです!
忙しい情シス担当の皆さんの「困った」や「悩み解決」のヒントとなる情報を楽しく発信していくメディアです。 noteではスタッフや関連メンバーのブログを発信していきます。