見出し画像

ひとりひとりが「今できること」を考えてみよう!お題企画「#いま私にできること」で募集します。

3/24追記
「#いま私にできること」当選作品を発表しました!記事の下部「当選作品紹介」のコーナーで、リクルートさんのコメントとともに紹介しています。

困っている「誰か」に目を向け、頑張っている「誰か」を応援するために、それぞれできることをみんなで考えてみませんか?
あなたの考えを、ハッシュタグ「#いま私にできること」をつけて、ぜひご投稿ください。

誰もが現在の状況に対して「できること」「やれること」があるはずです。みなさんのちからで社会を後押しするために、このお題を企画しました。

概要

たとえばこんな記事を書いてみましょう

■ 取り組みを呼びかけよう
飲食店やイベントスペースなど、リアルを主としたお店を応援するための取り組みをnoteで紹介したり、まとめたり。自分で応援企画をはじめて、その取り組みを紹介するのもすばらしいと思います。

■ 自分の経験・ノウハウを共有しよう
たとえば、在宅育児を余儀なくされている人に向けておすすめのグッズを紹介したり、困っている飲食店に向けて自分の経験をシェアしてみたり。あなたの知見が、誰かの役にたつかもしれません。

■ 最前線にいる人に応援のメッセージをとどけよう
医療や物流の現場、スーパーマーケットではたらいている人など、最前線ではたらいている人に感謝の言葉や応援のメッセージを送ったり。あなたのことばが、最前線の方が頑張るための力になるかもしれません。

本企画への後援について

今回のお題は、2021年1月19日から2021年2月22日の間、リクルートさんに後援いただくことになりました。

期間中に投稿された作品のなかから、読者の方のコメントなども参考にさせていただきつつ、「行動するきっかけになる作品」や「勇気をもらえる作品」を5つ選定。Amazonギフト券1万円分を贈呈します。

後援期間中の投稿方法

以下の方法でご投稿ください。

①noteアカウントで会員登録(ログイン)
リクルート noteアカウントをフォローする
③ハッシュタグに「#いま私にできること」を設定して記事を投稿
※応募の際は「無料公開」で設定してください。

※既に同じようなテーマで投稿した記事でも、このハッシュタグをつけて編集・公開すれば応募可能です
※選定方法に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※本キャンペーンへの応募は、日本国内在住の方に限ります。
※当選者の発表は、本記事および当選者へのご連絡メールをもってかえさせていただきます。選定の結果や基準等についてのお問い合わせには応じかねますのでご了承ください。
※個人情報の取り扱いは当社プライバシーポリシーに従います。

受賞作品はこちらのページで紹介します。

お題をはじめるにあたって

お題開催にあたり、リクルートの公式note編集部の担当者からコメントをいただきました。

リクルートは「Follow Your Heart」というビジョンのもと、毎日の暮らしや生活に関わることから、人生の大きなイベントまで、一人ひとりが自分の意思で行動しようとする瞬間を支え、勇気を届けられる存在でありたい、という思いで様々な事業や活動を行っています。
世界が大きく揺れ動くなか、それぞれに目の前の「いま」に向き合っていらっしゃる皆さまの一つひとつの行動や言葉は、きっと受け取った誰かの勇気や希望につながっていく。そんな気持ちで、今回noteさんとこのキャンペーンを実施させていただくことを決めました。
生活のなかで様々な接点を持たせていただいているリクルートとして、このキャンペーンを通じて、いま皆さまの日常に小さな勇気や希望が広がっていくことに、少しでも貢献できたら幸いです。

投稿内容の利用に関して

投稿内容は、リクルートのnoteアカウントや公式SNSなどで紹介させていただく可能性がございます。

・note公式アカウント

・公式Facebook https://www.facebook.com/recruit.jp/
・公式Twitter https://twitter.com/Recruit_PR
・公式Instagram https://www.instagram.com/recruit___official/?hl=ja

また、noteの公式Twitter・Facebookでも紹介させていただきます。

※ 記事の内容と関係がない場合は、ハッシュタグを外させていただく可能性があります。

みなさんのご投稿、楽しみにしています!

【3/24追記】当選作品をご紹介します!

この記事で募集していた、当選作品が決定しました!リクルートさんのコメントとともにご紹介していきます。

■コロナ禍でデザイナーができること

自分のスキルや経験を活かし、地域や経済に貢献できることを考えて行動を続ける様子に、自分もできることから一歩踏み出してみたい、という気持ちになる作品です。グラフィックデザインの力を信じ、今に向き合う姿勢に勇気をもらいました。


■銭湯に学ぶサイレントコミュニケーション

東京杉並区の銭湯「小杉湯」の隣に昨年オープンしたスペース「小杉湯となり」。いつでも来られる「第二の家」を目指して、数々の取り組みを進めるようすに目を見張りました。先の見えない不安の中でも、今できるチャレンジを続ける姿にとても励まされました。


■年中行事を当たり前に楽しむために。VRイベント「まつり神社 おうち時間で初詣」をcomonyで開催しました

季節ごとの行事やお祭りをオンラインでも体験できるようにと企画された「バーチャル初詣」。世界中どこからでもリアルな文化体験ができるなんて、夢が広がります。制限がある中でも「工夫次第で可能性が広がっていく」ということを、改めて教えてもらいました。


■パニック障害かもしれない彼と働きたい

「誰もが生きていこうと思える社会にしていきたい」という強い思い、従業員T君の気持ちに寄り添いながら一緒に働けるように試行錯誤する姿に、読んでいて心を打たれました。その勇気と、温かく優しいまなざしが印象的な作品です。


■一つ一つの言葉に愛を

自分の何気ない言葉が、誰かの“明日を生きる糧”になるかもしれない。そのことに改めて思いをはせる機会をくれる、素敵なエッセイです。普段の生活の中の何気ない言葉にも愛を持ちたいと感じさせてくれました。


■リクルートnote担当からのコメント

いま、少しでも明るい気持ちや勇気が広がることに貢献できたらと企画した今回のキャンペーン。私たちにとっても初めてのチャレンジで、毎日どきどきしながらnoteを開いていましたが、最終的に17,717件という予想をはるかに超えるご参加をいただきました。個性豊かで素敵な作品ばかりで、うれしい気持ちや明るい気持ちになりながら、必死に読ませていただきました。選定の会議では、担当者ごとに違う感じ方や受け取り方、意見も出ました。すべて紹介しきれずとても残念に思っていますが、他にもご紹介したい素晴らしい作品をたくさん投稿いただいています。ぜひ、こちらからご覧いただければうれしいです。最後に、作品を投稿してくださった皆さん、読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました!
今回のキャンペーンが、小さなきっかけや勇気につながれば幸いです。

note編集部のおすすめ記事を紹介しています

今日も楽しいnoteライフを✨
700
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events