【結果発表】創作やしごとの裏側について教えてください!お題企画「#わたしの舞台裏」で募集します。
見出し画像

【結果発表】創作やしごとの裏側について教えてください!お題企画「#わたしの舞台裏」で募集します。

10月15日(金)〜17日(日)の3日間におこなわれた、創作のための祭典「note CREATOR FESTIVAL」。あわせて開催した、お題企画 「#わたしの舞台裏の結果を発表します!

【11/30追記】受賞作品をご紹介します!

この記事で募集していた、受賞作品が決定しました!Panasonicのレッツノートチーム担当からのコメントとともにご紹介していきます。

■一般人が都内の一軒家を借りてサウナを作った話

ミーハーな私は「サ道」の影響で最近サウナに行くようになりました。そんなタイミングで読んだこのnote。サウナってそうやって作るのか! と衝撃を受けました。こだわり抜いた、本気の趣味の舞台裏は必見です。


■エンジニア旦那と法務嫁の本気の結婚式準備

Happyなご夫婦の舞台裏にはビジネススキルがフル活用されていた?!
「旦那と結婚して正解だった!!と心から思った瞬間でした。」
とある通り、本当に気の合うご夫婦なのだなということが文章から伝わってきました(笑)


■大切にしたいスニーカーの理由

靴作りの舞台裏。素材選びや加工などのつくるプロセスのこだわり、クラフトマンシップが伝わってくるnoteです。レッツノートもつくるプロセスにこだわりがある(神戸の工場で製造しています)ので、共感するところがたくさんありました!


■ノリスケを笑えない。〆切を守ってもらえない編集者の気持ち。

「編集者」という仕事の舞台裏。「〆切を守ってくれない先生」とのやりとり、心の葛藤をユーモアある筆致で描いておられ、思わずクスッとしてしまいました。
仕事には見えない努力や苦労がたくさんある。それでも信念を持って愚直に取り組むことで価値ある結果が生まれるんだよなと思わせてくれる珠玉のnoteです。


■副業して見えてきた「人生を前に進める」ということ。

会社員とイラストレーターという2つの仕事をされているいなげさん。
副業で得られた知見、そして迷ったときに参考になる考え方を紹介されています。本業・副業の知見やスキルが相互に良い作用を生み出す。まさにハイブリッドワークですね! 自分軸を持って仕事に取り組み、価値ある結果を出す。素敵なプロフェッショナルの姿が見えるnoteです。


■Panasonicのレッツノートチーム担当からのコメント

「#わたしの舞台裏」へのたくさんのご応募をありがとうございました。ソウゾウの上をいく、3,850件ものnoteが集まり、本当にさまざまな舞台裏のストーリーを読ませていただきました。

舞台裏のストーリーからは、普段は見えない努力や苦労、なんなら失敗や後悔を積み重ね、転んでは起きる愚直で力強い生き方が伝わってきました。その結果としてしごとや創作活動から価値が生まれているということを強く感じます。
そして、レッツノートは自分軸を持って仕事に取り組み、価値ある結果を出す人を全力で支えるパートナーでありたいと思っています。

わたしたちも「レッツノートの舞台裏」をnoteに公開してみたので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

・・・

創作やしごとの裏側には、本人だけが知る悩みや工夫、そして思いもかけない喜びなど、さまざまなドラマがあります。
なにかを生み出すために挑戦していること、しごと以外で活動していることへの思いや背景、それらを支えてくれる道具でもかまいません。アウトプットの裏側にあるエピソードを募集します。

わたしの舞台裏概要

投稿は、コラム、エッセイ、写真のほかにも、マンガやイラストなど、形式は問いません。

ハッシュタグ「#わたしの舞台裏 」をつけてご投稿ください。
(過去に発表した作品でも、#わたしの舞台裏 をつければ参加可能です)

本企画への後援について

今回のお題は、2021年9月21日から10月17日の間、パナソニックのノートPC「レッツノート」に後援いただくことになりました。

期間中に投稿された作品のなかから、レッツノート担当者がすてきな作品5記事を選定。
Amazonギフト券1万円分を贈呈します。

後援期間中の投稿方法

以下の方法でご投稿ください。

①noteアカウントで会員登録(ログイン)
panasonic noteアカウントをフォローする

③ハッシュタグに「#わたしの舞台裏」を設定して記事を投稿

・応募の際は「無料公開」で設定して下さい。
・既に同じようなテーマで投稿した記事でも、このハッシュタグをつけて編集・公開すれば応募可能です

受賞作品はこちらのページで紹介します。

お題をはじめるにあたって

お題開催にあたり、パナソニック「レッツノート」担当者からコメントをいただきました。

しごとに使うパソコンに本当に必要なものは何か? 現場の声にヒントをいただきながらつくり続けてきた「レッツノート」は、おかげさまで2021年に25周年を迎えました。

今回「note CREATOR FESTIVAL」で「#わたしの舞台裏」というお題を後援させていただきます。しごとや創作活動のアウトプットという表舞台には、必ずそれを支える「舞台裏」があると思います。パソコンもそんな舞台裏で働く人を支える存在のひとつ。このお題を通じて、みなさんが今どんなことに情熱をかけているのか、そしてその舞台裏にどんなドラマや苦労があるのかをぜひ共有してください!

この先も、働く人ともに。これからの時代でも本当に必要とされる存在であり続けるために、みなさんのストーリーを新しいプロダクトにつなげていきたいと考えています。もちろん、レッツノートユーザーや、レッツノート開発の舞台裏を紹介する記事も公開予定ですのでお楽しみに。

よろしければ今後の活動に活かすため「ノートパソコンの利用に関するアンケート」にご回答いただけると嬉しいです。
アンケートはこちら

パナソニックの公式note「ソウゾウノート」もぜひご覧ください。

投稿内容の利用に関して
投稿内容は、Panasonicのnoteや公式ホームページ、公式SNSなどで紹介させていただく可能性がございます。
また、noteの公式Twitter・Facebookでも紹介させていただきます。

みなさんのご投稿、楽しみにしています!

<応募上の注意>
■ 応募作品について

・応募作品の著作権はクリエイターに帰属します。
・著作権を遵守した内容で投稿をお願いします。詳しくは「創作を後押しする著作権の考え方」をご確認ください。
・他のコンテストで受賞した作品やそれに類似する作品の投稿はお控えください。
・募集内容に関係がない応募記事のハッシュタグはnote運営側で外すことがあります。

■ 審査・受賞作品について
・審査基準など審査に関するお問い合わせには応じられません。
・利用規約に違反していた場合には、審査後であっても受賞を取り消すことがあります。
・受賞作品の発表は、本記事および受賞者へのご連絡メールをもってかえさせていただきます。
・個人情報の取り扱いは当社プライバシーポリシーに従います。
・賞品としてご提供するAmazonギフト券は日本のAmazonページでの購入にご利用いただけます。詳細はAmazonギフト券細則をご参照ください。
スキへのリアクションメッセージは、アカウント設定で追加できます👆
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events