見出し画像

あなたの作品がcakesで連載されるかも?「cakesクリエイターコンテスト2020」を開催します!

このたびnoteでは、姉妹サービス「cakes」とコラボして、「cakesクリエイターコンテスト2020」を開催します!

コンテストのハッシュタグ(#cakesコンテスト2020)をつけて投稿されたnoteを対象に、cakes編集部が内容を審査。「ぜひcakesで連載してほしい!」と思ったクリエイターの方に賞をお贈りし、連載に向けて打ち合わせをさせていただきます。

今回で第三回となる、cakesクリエイターコンテスト。過去に開催されたコンテストでは、かっぴーさん、有賀薫さん、幡野広志さんなどの連載作家も生まれています。

あなたも、cakesで連載してみませんか?

cakesとは?
cakesは、PCやスマートフォン向けの有料コンテンツ購読サービスです。連載のなかで書籍化されたものも多数あり、『嫌われる勇気』『やれたかも委員会』『ボクたちはみんな大人になれなかった』などのcakes発の大ヒット作も生まれています。
cakes:https://cakes.mu/

cakes編集長からのメッセージ

cakesは2012年にスタートしました。そのころから一貫してジャンルを絞らず、基本的に「面白ければなんでもあり!」の姿勢を貫いています。今回のコンテストもエッセイ、マンガ、コラム、小説どんな形式でも構いません。動画だってOKです。あなたが最高に「面白い」と感じるものを、ぜひ投稿してください。cakesのコンテンツはウェブだけにとどまらず、出版社と提携してベストセラー書籍もたくさん生み出しています。また、第一回コンテストでの優勝をきっかけにスタートしたかっぴーさんの『左ききのエレン』は、ドラマ化もされました。このコンテストを、あなたの人生を変える第一歩にしてみてください。

コンテスト概要

■募集期間
募集期間:2月6日(木)〜3月31日(火)
発表予定:5月上旬

■応募方法
cakesで連載したい作品に、noteで「#cakesコンテスト2020」をつけて投稿してください。コラム、エッセイ、小説、マンガなど作品の形態は問いません。応募の際は「無料公開」で公開してください。2020年2月6日以降にnoteに投稿された作品に限ります。 (過去にnoteに投稿した作品を応募したい場合は、ハッシュタグ「#cakesコンテスト2020」をつけて、新規にもう一度投稿し直してください)

■応募資格
・プロ・アマは問いません。
・作者が著作権を保持している作品であれば、なんでもOKです。
応募数は1人1記事でお願いします。2作品以上応募された場合は、選考対象から外れることがあります。
※終了時にハッシュタグがついている記事が対象となります。期間中の応募作品の変更は自由です。
※3/10追記
cakes編集部による「cakesクリエイターコンテスト受賞作ふり返り会」のアーカイブ動画を公開しています。過去受賞作品の振り返りのほか、「今回の応募作品に求めること」などの話もしているので、よければご覧ください。
動画の視聴はこちらから

お手本作品

今回のコンテストのお手本作品として、第一回、第二回の「cakesクリエイターコンテスト」受賞者である、かっぴーさん、有賀薫さん、幡野広志さんの記事を一部無料で公開いたします!

さっそく本日より、かっぴーさんの「左ききのエレンHYPE」第1〜9話が無料公開中です。

さらに、有賀薫さん、幡野広志さんの以下の記事も、順に無料公開いたします。

■2月27日(木)〜
有賀薫さん / 香ばしさがたまらない! 焼きブロッコリーのスープ

■3月19日(木)〜
幡野広志さん / ぼくの言葉なんかよりずっといい言葉があなたにはある

※いずれもコンテスト期間最終日の3月31日(火)まで無料。現在も、第1話は無料でお読みいただけます。

また、過去のcakesクリエイターコンテストの受賞作品は、以下のリンクからご覧いただけます。

■第一回cakesクリエイターコンテスト

■第二回cakesクリエイターコンテスト

・・・

クリエイターのみなさんのすてきな作品と出会えることをたのしみにしています。ご応募、心よりお待ちしております!

note編集部のおすすめ記事を紹介しています

noteへのご意見・ご要望は、フッターのカイゼン目安箱👇
1037
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events

こちらでもピックアップされています

コンテスト
コンテスト
  • 17本

自分を表現する機会が数多くあります。 ここで自分自身の感性を表現する機会をまとめています。