見出し画像

クックパッドが展開する料理男子プロジェクトのnoteが書籍化!『料理手順がスラスラわかる 図解レシピ』が飛鳥新社から発売

note公式

noteで、クックパッド株式会社の取り組み「料理男子プロジェクト」が公開した図解レシピが、『料理手順がスラスラわかる 図解レシピ』として飛鳥新社から9月14日(火)に発売されます。「料理男子プロジェクト」は、料理が苦手な男性向けに工程を分かりやすくフローチャート化したことで生まれた「図解レシピ」をnoteで紹介。noteが73のメディアパートナーと連携して新しい才能を世に送り出す「noteクリエイター支援プログラム」を通じて、出版が実現しました。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『料理手順がスラスラわかる 図解レシピ』

“図解型"の新しい料理の教科書!
図解レシピならメイン+副菜の献立も同時調理でカンタン!

複数レシピの同時調理ができるように調理の工程をフローチャート化したのが「図解レシピ」です。
チャートどおりに作ればムダなく、段取りよく調理できて時短。できたてアツアツ、おいしい料理がパパッと作れます!

2品、3品の定食メニューもラクラク。料理がもっと楽しくなります。

調理に時間がかかってしまう人、料理の組み合わせが苦手な人、段取りに自信がない人におすすめです。

▼書籍化までの道のりをつづったnote

著者・小竹貴子さん
クックパッド株式会社Evangelist コーポレートブランディング部本部長。日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010」受賞。著書『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』(日経BP)

監修・料理男子プロジェクトby クックパッド
クックパッド株式会社が展開する、料理を通じたコミュニケーションを図るプロジェクト。図解レシピは、自称・料理ができない男性を集めて開催した料理教室で偶然生まれた。
note / Twitter

料理男子プロジェクトby クックパッド のコメント

「図解レシピ」のアイデアを通して、世の中に料理が楽しくなる人を増やしたいという思いから、2020年3月にnoteでの発信を始めました。

"毎日の料理を楽しみにする"をミッションに掲げるクックパッドは、おかげさまで無数のレシピが投稿される料理サイトとなりましたが、皆さん果たして料理を楽しんでいるかというと、料理が苦痛になっている女性も少なくないこともわかってきました。今や共働き世帯が6割となっている中で、未だ料理は女性の役割となっていることが多いようです。もはや男性は仕事、女性が家事という時代ではない今、料理ができる男性が増えれば、女性の働き方も柔軟になり、より誰もが仕事をしやすい社会になるのではないか。そんな想いから、私たち「料理男子プロジェクト」はクックパッドのプロジェクトとして立ち上がり、活動の中で生まれた「図解レシピ」。図解レシピを通してちょっとしたコツやテクニックを習得するだけで、苦手意識のあった料理がどんどん楽しくなる料理初心者男性を目の当たりにし、もっと沢山の人に図解レシピを届けたいとnoteで発信してきたのですが、まさかこんなにも早く書籍化が実現するなんて驚いています。

料理初心者はもちろん、長年料理されている方にとっても料理が楽しくなるきっかけになると思いますので、料理レベルも性別も関係なく、是非手に取っていただきたいです!

noteクリエイター支援プログラム

クリエイター支援プログラムパートナー一覧の画像

クリエイターが活躍する場を広げるために、 noteがパートナーとともに才能の開花を後押しするプログラム。noteで話題のクリエイターを定期的にパートナーへご紹介。関心を寄せたパートナーからのオファーをクリエイターへ届けます。2021年9月時点で73のメディアがパートナーとなっています。

書籍化やメディアでの連載、マネジメント契約、番組への出演など、クリエイターの個性とパートナーの強みや特性に応じて活動を支援します。作品が書籍や映像化にいたったときは、当社も販売促進のお手伝いやアドバイスを行ないます。

書誌情報

図解レシピ書影

書名:料理手順がスラスラわかる 図解レシピ
著者:小竹貴子
監修:料理男子プロジェクトby クックパッド
発行:飛鳥新社
定価:1,400円     
ISBN-10:4864108528
ISBN-13:978-4864108522
版型:B5判
頁数:128頁

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
note公式
ミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や新機能(カイゼン)を紹介します。 編集部アカウント : https://note.com/notemag || イベントアカウント : https://note.com/events