新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

滋賀県草津市の新規採用職員に向けた研修「コロナから考えるSDGs」を実施 Day1

皆さんこんにちは。インパクトラボのインターン生の戸簾紗弥香です。
今回は、滋賀県草津市の新規採用職員に向けての研修を2日間に渡って実施しました。「コロナから考えるSDGs」をテーマに、SDGsのことを学びながら、身近な問題意識や理想の社会について考えるワークショップをしました。それぞれの価値観や社会の未来像を共有することで、刺激し合いながら楽しく研修を行うことができました。
※今回の研修は、新型コロナウィルス感染対策を十分に行いながら、講義を実施しました。

ここでは、主に以下の5点をお伝えさせていただきます。

1. プログラム説明
2. 自己紹介
3. SDGsレクチャー
4. 身近に感じる問題意識を発見するには
5. 理想の社会を目指すには

1. プログラム説明

 草津市の令和2年度の新規採用職員として、新規採用職員37名を対象に、SDGsのレクチャーとワークショップを実施しました。そして最後に、自分自身のSDGsアクションを宣言し、行動へと移すきっかけ作りを提供しました。内容としては、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、テーマを「コロナから考えるSDGs」と設定しました。
 今回の研修をきっかけに、SDGsを理解し、実践者としてのアクションを考えるとともに、コロナ禍での草津市が取り組んでいるSDGsの見える化へと導くための研修となりました。


2.自己紹介

 今回の研修では、各部署から新規採用職員の皆さまに参加いただきました。そこで、1人5分間の時間を持ち、今日のワークショップで共にする仲間(ペア)のことを知る時間にしました。久しぶりの他部署の同僚と出会ったからか、みなさん楽しく会話を弾ませていました。最後には、一組に他己紹介をしていただき、なぜ草津市役所の職員になったのかなど、その他にどのような話を聴くことができたか発表していただき、全員で共有しました。

画像2

3.SDGsレクチャー

 初めに、講師である上田の体験談から、理想の社会は明確にすることが大切であることを伝え、SDGsレクチャーに入りました。

 レクチャーでは、SDGsの17のゴールと169のターゲットと232の指標を掲げ、「No one will be left behind」(誰一人取り残さない)な社会を目指していることを伝えました。また、SDGsを達成すべくさまざまな企業や大学、自治体があることも知っていただき、SDGs達成は私たちにとって必要不可欠であり、まわりまわって私たちの身近な問題になるという講演をしました。そこで、今回の研修で学んだことを是非これからの業務に活かしてほしいという思いで、レクチャーは終了しました。

画像3

4. 身近に感じる問題意識を発見するには

 「業務で感じる問題意識」をテーマに、ワークショップを進めました。問題発見のコツとして、問題はあるべき理想と現状のギャップを見つけることです。そして、価値のギャップに気づくことが重要であることを参加者に伝えた上で、話し合いを行いました。すると、身近な問題について沢山アイディアを出してくれました。

また、共有する時間では、「コロナ差別」や「安心した生活が出来る支援」などの意見がありました。問題を発見し、仲間と意見交換をすることで、新たな発見や価値観を持つことができ、それぞれが刺激をし合って良い時間を持つことができました。

画像4

5. 理想の社会を目指すには

 理想の社会を目指すには、二つの方法があります。一つ目は、フォアキャスティングです。フォアキャスティングとは、現状や過去のデータをもとに考えることであり、現在を起点に未来を予測する方法のことを指します。二つ目は、バックキャスティングです。バックキャスティングとは、目標とする未来から逆算して考えることであり、未来を起点にして考える方法のことです。

これらを踏まえて、まずは個人の理想の社会を考えました。そして、ペアでそれぞれの理想の社会を共有をし、ペアで一つの理想の社会を設定しました。その理想の社会になるためには、どうすればよいかを具体的にペアで考えました。

画像5

最後に何人かに発表をしてもらい、「三密を避けるために、窓口の整理番号をオンライン化する」や「オンラインと感じさせない、実際に会っているような感覚を持つことが出来るようなコミュニティを作る」などの意見が上がりました。

画像6

自分の理想の社会を作り上げるために必要なことを、具体的にすればするほど様々な課との連携が重要になってきます。そして、一歩一歩地道に積み上げなければ、成し遂げることができないという言葉を最後に伝え、本日の研修を締めくくりました。

最後に

今回実施させていただいた草津市新規採用職員研修のうち、「SDGsレクチャー」の詳しい内容は、以下の動画にて公開しています。


今回実施した、SDGsレクチャーやワークショップなどをインパクトラボでは実施しています。また、講演やワークショップの依頼も受付けております!興味を持たれた方は、是非インパクトラボのWebサイトをご覧いただき、お問い合わせをお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
一般社団法人SDGs Impact Laboratory(インパクトラボ)は、SDGsネットワークやノウハウを社会と共有し、豊富な経験を持った起業家・社会人・大学生が様々なプロジェクト事業を行っています。 公式サイト:https://www.sdgsimpactlab.org/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。