【今年のベストバイガジェット2020】3台目のLG VELVET
見出し画像

【今年のベストバイガジェット2020】3台目のLG VELVET

毎年恒例、GeekDaysさん主催の「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2020」に参加させていただきました。


今年のベストバイガジェットは「LG VELVET L-52A

画像1

正直色々悩んだのですが、久々に惚れ込んだスマートフォンのLG VELVETをベストバイガジェットに決定しました。

LG VELVETは韓国LG電子から2020年5月に発表・発売されたフラッグシップモデルのスマートフォンです。LGのスマートフォンは売れ行き不調が続いており、市場シェアの巻き返しを図るべく、従来のVシリーズとGシリーズの2つのフラッグシップモデルを統合した第一弾として登場しました。日本ではドコモから一昨日(12/18)発売されましたが、私はなぜか通算3台目(韓国kt版→台湾版→ドコモ版)のVELVETになります。昨年のMW07 PLUSと同じパターンですね。

丁寧なレビューはライターの方々におまかせするとして、惚れ込んだ理由をつらつらと書き連ねようと思います。(特にelibomさんのレビューはVELVETに対する愛情と魅力がとてもよく伝わるためおすすめです)

シンプルで整った美しすぎる外観

画像2

今年発売されたスマートフォンの中で最も美しいといっても過言ではないほどに整った外観に一目惚れしました。
シンメトリーに徹したフォルム、美しくも筐体の頑丈さに一役買っている金属フレーム、"Aurora White"の名の通り、光の加減でオーロラのように穏やかに色の変わる背面ガラス、今どきのうんざりするほどゴテゴテしたカメラデザインへのアンチテーゼとも取れるレインドロップカメラ……
とにかく美しすぎるデザインに大変惚れ込んでしまいました。

LG公式の動画を見ると、いかにデザインが凝られているかが見て取れると思います。

ただ1つ残念なのが、ドコモ版は海外版とロゴの入れ方が違って結構目立つところ。海外版のLGロゴはデザイン性を高めるためか、Aurora Whiteの場合白文字で控えめな印字なのに対し、ドコモ版はシルバーで印字されています。そこは本体デザインを尊重して、目立たないようにして欲しかったなと思います。

5Gスマートフォンとして過不足なく必要十分な性能

VELVETは、ハイエンド性能のSoCであるSnapdragon 865ではなく敢えてミッドハイのSnapdragon 765G(一部5GモデルはSnapdragon 765またはDimensity 1000C、4GモデルはSnapdragon 845)を搭載しており、LGスマートフォンの起死回生を図る肝入りフラッグシップモデルとしては一見拍子抜けする性能です。

ただ、個人的には「これはアリ、むしろ良い」と思いました。
VELVETを購入するまではSnapdragon 865を搭載しているGalaxy S20 SC-51Aをメイン機として使っていたのですが、ハイエンド性能なのとモデム統合がなされていない関係もあってか、軽く操作するだけで発熱がひどく、電池消費も激しい印象でした。それに対し765Gを搭載したVELVETはブラウジングやSNSなどの普通の操作であればS20と大差なく動き、発熱も少なく、電池持ちも比較的良いため、これで十分、むしろ優れているように感じました。

どこぞのメーカーが製品発表会で「なんとなくハイエンドスマホ」の時代が終わったと語った通り、スマートフォン向けSoCの高性能・高価格化や通信料金と端末料金の完全分離化などによってハイエンドとフラッグシップを区別して考えなければならない時代に差し掛かっています。そんな中で潔くハイエンドSoCを捨て、上質なフラッグシップモデルを(昨今のハイエンド性能のフラッグシップスマホに比べ)お手頃に手に入れられることになったVELVETはなかなかいいところを突いており、見事オタクに突き刺さってしまいました(オタクに高評価なものは売れない理論で考えると……)。

ながら見に役立ちそうなデュアルスクリーン

画像4

ドコモ版は購入時にデュアルスクリーンケースの付属有無が選択できるのですが、一度試しに使ってみたかったこと、海外版のオプション品としての価格より安いこと、ドコモ版はオプションとして別売りにする予定は今の所ないことなどから、付属している方を選びました。

試しに家の中や外出時に軽く使ってみた感想としては、2画面で効率アップするよりも、折りたたみの2画面である弊害(なにか見る度に開く手間、片手じゃ厳しいサイズと重さ)のほうが大きく、普段からつけたままで使うことはないかなと思いました。
ただ、特定の場面では大活躍しそうだなといった印象で、私が具体的に役立ちそうだなと思ったのは深夜の製品発表会をごろ寝で眺める時。左にアプリを表示した状態で、右で2画面分割(合計3分割)を行うことで「発表会のライブ配信を眺めつつ、Twitterで反応を見たり書いたりしつつ、公式サイトで詳しいスペックを確認する」という、普通はパソコンじゃないとちょっと厳しいこともVELVETならごろ寝しながらできちゃいます。

ちなみに装着したままでも一応無理のない(気持ちしっかりタッチする必要はある)形でおサイフケータイは使えるため、この機種で常時2画面にしたいという奇特な方でも大丈夫な仕様です。

要するに「才色兼備なスマートフォン」

画像3

フラッグシップに相応しい上品なデザインと過不足なく実用的な性能や機能を兼ね備えているVELVETは、まさに「才色兼備」という言葉がぴったりなスマートフォンです(確かStyle3がそんな感じのキャッチコピーだったような…)。
ここ数年は特にビビっとくる機種もなく惰性でGalaxyを毎年買っていたのですが、久々にこれだ!というものに出会い大変惚れ込んでしまった結果、既に3台も買ってしまったのでベストバイガジェットに決めました。もしかしたらあと2台ぐらい買うかも(次はDimensityが載ってるT-mobile版がほしい)。

正直いいポイントがニッチ過ぎてハマる人にはハマるけどまあ売れないだろうなーと思っている(そもそも日本で発売されたことに驚いている)ので、多分この記事に影響されて買う人は居ないとは思いますが、もし興味を持っていただけたなら幸いです。

20201231追記:どうやら他にもVELVETを3台買った人がいるらしい……

この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!