imamibookus

一滴の雨粒として、糸を紡ぐー村上春樹『猫を棄てる:父親について語るとき』を読んで

海を越えてやって来た本 楽しみにしていた村上春樹さんの久しぶりの新刊は、日本から海を越えてやってきた。 私はいまタイに住んでいる。 そして、この本を読む直前に、…