#6.ママの抱っこは 愛そのもの
見出し画像

#6.ママの抱っこは 愛そのもの

子どもがまだ乳幼児だった頃、それはもう腕がパンパンになるくらい、毎日毎日抱っこしてました。

乳児の頃は、寝る時も抱き枕をし、泣いて起きては抱き、授乳で抱き、あやすのに抱っこする。腕がひと回り大きくなるくらい筋肉がついて、どんどん大きくなる子どもの体重の変化も感じられるくらい、毎日毎日抱っこの日々。

少し大きくなってからも、子どもが嬉しくて飛びついてきては抱き、不安で側に来ては抱き、眠くなっては抱き、恥ずかしくて抱き、泣いては抱き、転んでは抱き…

そんな日々も、気がつけばあっという間に過ぎていて、大きくなってしまったら、はっきりと記憶には残っていないかもしれない抱っこ。

でもね、この抱っこ、すごいんですよね。子どもの全部の感情を、つらくても悲しくても痛くても眠くても、しばらく泣けてたとしても、そのどんな感情も包んでくれる抱っこ。

言葉じゃ伝えられないかもしれない抱っこのぬくもり。ほかに何もいらないくらいに、子どもの全身からぬくもりと安心感が伝わる抱っこ。

受け止めてくれてるってことが、全身で感じられるって、子どもにとってはすごいことなんですよね。

「どんな私も、いていいんだな」 

「こんなに泣いても、大丈夫なんだな」

「ひとりぼっちじゃないんだな」

って感じられる。言葉にはしないけど、そんなことを全身を通していっぱいいっぱい感じて、潜在意識の中に残っていくんですよね。

そして、そんな時間が

「世の中はつらい後でも、幸せが待ってるんだな」

「困ってしまったら助けてもらえるんだな」

「僕は愛されてるんだな」

っていう実体験をしながら、愛を感じながら、大丈夫って安心しながら育っていくんですよね。

ママって子どもが泣いてると、なんとかしなくちゃって思うものかもしれないけれど、そのママの抱っこがね、もう何はなくても愛そのもの・安心そのものなんです♪

何もできないと思ってるママさん、泣かせちゃってごめんねと思ってるママさん、大丈夫ですよ。子どもたちはきっと、その腕に抱っこされて、全身で愛を感じたいだけ。自信持ってね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます🥰あなたと、そのご家族が幸せに包まれますように🌈🌱
子どもたちの生きる力を育む「irodori.musica〜イロドリ・ムジカ〜」
岡山市の子どもたちの生きる力を育む音楽哲学教室irodori.musica〜イロドリ・ムジカ〜🌈🌱 リトミック・ピアノ・クラリネット・療育・子ども哲学・学校教諭✨様々な実体験から「生きる力」に繫がる話を投稿します🥰https://lit.link/irodorimusica