見出し画像

いえながのやくそく vol.26

2020年10月13日

気持ちいい朝。
久しぶりにすっきり晴れた。

そしていよいよアルバムが到着した!!



5月から作り始めて、紆余曲折しながらようやく出来上がったアルバム。
ずっとPCの画面で見ていたジャケットのイラストも、こうやって手に取り触れるようになり、出来たんだなぁという実感が湧いてくる。



ずっと巣で温めてきた卵から雛になり、それがいよいよ飛び立つ時期が来ている。
まさに飛び立っていく子どもたちを見送る親鳥の気分です。w



たくさんの人の手元に届いて欲しい〜!
聴いて楽しんでもらえたらいいなと心底思います。



まずはアルバムから一曲聴いてもらいたいとこだけど、サブスクにアップされるのは11月中旬。

AmazonやTower、家永吹産のWebshopでの販売は11月20日からです。

それまではライブ会場のみの先行発売なので、ぜひライブに来て手に取ってみてください。
そしてぜひ家に連れて帰ってやってください!


いまの気分はこんな気分!
 Mr.Blue Sky - Electric Light Orchestra

これまでBLACK BOTTOM BRASS BAND(BBBB)で24枚(ベスト盤含め)のアルバムを作ってきたけど、ソロで作るのは全然違った。


そもそも今まではバンドの編成がブラスバンドだったから、まずサウンドが違う。
今回のアルバムの基本はサックスとキーボード、ベースにドラム。
2曲ギターが入り、ハンドパンとヒューマンビートボックスも打ち込みのトラックもある。
世間では一般的な編成だけど、僕にとっては新鮮な編成。

ニューオリンズスタイルのブラスバンドの編成はコード楽器がなくドラムセットでもない、ベースでもなくスーザフォンだ。

だからこそ工夫してオリジナリティのあるサウンドになっていた。

カバー曲など、ギターやキーボードが元々入っている曲をブラスアレンジするのはいつもチャレンジだった。
 でもそれがうまく表現できた時は嬉しかった。


それが今度はどんな楽器を使ってもいいわけだし、自由過ぎて最初は戸惑ったくらい。
制作を始めた頃は自粛期間中だったし、リズムトラックから何から全部自分1人で作ろうと思い、録音を進めてていたけど、自粛が明けてベースのジュニアさんとセッションを始めたら、一緒に音を出すってほんとに楽しくて、そしてやっぱり人と会うっていうことが嬉しかった。



そして1人制作から方向転換して仲間のミュージシャンと毎週、渋谷B.Y.Gに集まっては録音セッションを繰り返した。
カレンダーを見ると6月から7月、8月前半までほぼ毎週やってる。
だんだんと部活感覚になってきて、毎週集まるのを楽しみにしてた。



自粛明けの6月、人もまばらな渋谷の街を楽器を背負って道玄坂を上がる。

伝説のロック喫茶B.Y.Gの地下のライブルームにミュージシャンが集まり人知れずセッションしているっていうシチュエーションも好きだった。w

アルバム制作しているっていう感覚よりは、純粋に一緒に音を出すのが楽しくて集まっていたように思う。

演奏して録音してビール飲んで、また来週!っていうのを繰り返した。
それだけでもう最高だ。


アルバムが出来てしまうと、もう集まる目的がなくなってしまった。
けど、楽しいことは続けたい。
ということで、今度はライブをやろうという話になりますな。w


そうするとリハーサルをやる必要があるから、またみんなで集まれる。


こうやって思い返してみるとほんと、アルバムを作るというお題目の元、みんなに会ってセッションして、あの楽しい時間を過ごしたかったんだなぁと思う。
そうやってバンドになっていくのかも、
初期のBBBBもそうだった。




10月17日のB.Y.Gでのライブでは、アルバムの曲や僕の大好きな細野晴臣さんの曲、ジュニアさんの曲など、メインはインストだけど歌モノもあって、たくさん楽しんでもらえると思うので、みなさま是非B.Y.Gへ観にきてください。
ライブで一緒に楽しい時間を作りましょ〜!

遠方の方は生配信もやるので、そちらもぜひコメントなどいれて参加して欲しいです。
よろしくお願いしまーす!

配信サイト↓
https://youtu.be/HkATz5vRKn0
投げ銭サイト↓
https://ienaga2020.thebase.in/


アルバムのメンバーで結成したバンドの名前は『MONKY & FANCY BIRDS』にしました。

おっさん4人でなんでファンシーやねん!って言われそうだけど。w



FANCYは空想、気まぐれって意味や、イケてるって意味があったり、日英米で意味が違ってるのも面白くて。 最初はFUNKYにしてたけど、それももう使い古された感があったんで、あえて自分に馴染みのなかったFANCYという言葉を選んでみました。


アルバムのジャケットのイラストを描いてもらったShinhaにバンドのイラストも頼んだら、とてもFANCYなものがあがってきたというのもあるかも。(Shinhaにイラストを依頼した時はまだFUNKY BIRDSだったのに)


画像1

B.Y.Gではできるだけ毎月ライブを続けていこうと思ってますが、10月17日は初ライブ!
ぜひこのスタートラインから一緒に観て欲しいなと思います。


そして月末には久しぶりに関西へ。


* 10月26日(月)『シミルヨル』Live at 梅田Royal Horse
* 10月28日(水)『アガルヨル』Live at 京都 Bons Rosary
* 10月29日(木)『Exotique Kobe』Live at 神戸スペインバル La Luna
* 10月31日(土)『まいんち祭』Live at 神戸mynch


29日以外は関西の至宝!ピアノの竹下清志とDUOで回ります。

竹下さんとはもう25年くらいの仲で歳の差もキャリアの差もあるのに、最初っから友達付き合いでずっと一緒にやっている仲。

竹下さんの芳醇な音楽の海で雄大に泳ぐ鯨のように演奏したい、って自分で言いながら想像がつかないけど。w

それはライブでのお楽しみということで、、
ぜひ仲良し二人組の演奏を一緒に楽しんでもらえたらと思います。



29日は関西の売れっ子中堅ミュージシャンが集合!

オルガンの岩井くんと続けてるこのセッションももう何年やってるのか。

毎回めちゃんこ盛り上がるので今回も楽しみです。

La Lunaもすごくいいお店なんで、ぜひゆるりとおいでませ。




では今日もよい1日を!


MONKY 1st Solo Album『emergence』の予約はこちらで受け付けています。

家永吹産 ONLINE SHOP
https://ienaga2020.thebase.in/items/34697378

TOWER RECORDS
https://tower.jp/item/5109992/emergence

AMAZON
https://www.amazon.co.jp/dp/B08KJ8VQK1/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_MKTDFbW85TXEE?fbclid=IwAR3LKBGvt-uOEgmaC_aTTIpul7goZovVPq0jnvLCu33aq2Q_jbz0CdgPALU

Jazzy Sport(試聴可)
https://jsshimokita.theshop.jp/items/34399181?fbclid=IwAR0nc6L3D6fnJtHr392kdPgO6kIVLvUn50xn-tnLA0-Tve-CpCS7Znubdbw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この「サポート」は、いわゆる「投げ銭」です。 monkyのnoteや音楽を気に入ってくれた方、よろしければ。 いつもありがとうございます。

やった〜〜
9
家永慎也(Shinya Ienaga):音楽家/Sax奏者/作・編曲家  Official site:ienaga2020.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。