見出し画像

いえながのやくそく vol.28

2020年11月10日

すっかり約束をすっぽかしてnoteを更新せずに三週間。。

忙しく過ごしてるうちにサボっちゃってました。

これからはもっと短めのボリュームで毎週更新みたいな感じにしよう!、、
といっても長くなるのが自分の癖。


何かを話そうとしても、話してるうちに本題の周りの話もしたくなり、いろいろくっ付けちゃって終わりがなくなって結局、話が締まらない。

雑念が多いのだ。
うまく話を締めれる人になりたい。

来年の目標はこれだな!


今日の一曲はこの曲。
先日のライブでベーシストでDJのTOMOHIKO HEAVYLOOPERが教えてくれた。

この曲をライブでやったけど面白かったなぁ。



Welcom New Warmth - Michel Sardaby

TOMOHIKOはクラブでかかってる音楽でいいなと思うとDJに聞いたり検索したりして、それをジャケで覚える。
ミュージシャンの名前や曲名で覚える訳じゃないので、レコード屋で片っ端からレコードを漁り、その中から記憶にあるジャケのレコードに巡り会えたらGETするというやり方をしている。

文字情報から探せばもっと楽に欲しいレコードに辿り着ける気がするが、その無駄に見える作業がいい結果に繋がってるような気がする。

実際、先日の渋谷琥珀でのTOMOHIKOのDJはすごく楽しかった。

情報過多で頭でっかちになりがちな世の中だからこそ、自分の感覚を信じてシンプルに実践しているのがいいなぁ。

画像1

そんなTOMOHIKOとのライブは12月17日。
新丸子の中華の名店、宝珍楼にて。cro-magnonのキーボード、金子巧と僕のDUOで始まり、TOMOHIKOのDJを挟んで2nd setは3人でやります。
友達ミュージシャンも遊びに気そうな予感。w

画像2

先日はこの3人での初めてのライブだったけど、いっぱい友達ミュージシャン参加してくれて面白かった。
ドラムもボーカルもいないから参加しやすいのかな。w
そうやって一緒に演奏できるのは楽しい。
12月17日もミュージシャン遊びに来てね。
ジャムりましょ。

あと、宝珍楼の中華はほんとめちゃめちゃ美味しいからぜひ食べて欲しいなぁ。
店の雰囲気も大友克洋の漫画『AKIRA』のネオ東京的なセンスでモダンでかっこいいのだ。
それでいて50年以上続く老舗!
しかもライブもできちゃうっていうミラクルなお店なので、ぜひ12月17日は宝珍楼で美味しいご飯と音楽で和みに来てね。
いい夜、間違いなし!

またまた長くなりそうなんで今日はこの辺で。w


11月は1st Album『emergence』のリリースもあって、新バンド、MONKY&FANCY BIRDSのリハーサルやライブに全力投球!
思い込めたライブを一回一回大事にやっていきたいなと思ってます。
11月15日、南林間Whisky River。
11月27日、渋谷BYG。
12月5日、藤沢Nesia。

この3箇所でのライブで新バンドのいろんな可能性が見えてくると思ってます。 どこまでも面白い音楽を、最高に気持ちいい!と思ったまたその先へいきたい! 連れていきたい、連れてって欲しい!
ぜひ会場で一緒に感じて欲しいです。
遠方で来られない方はライブ配信もするのでぜひ見てね。

レコ発ツアーフライヤー表

最後はこの曲で。

坂本冬美さんが歌っていて好きになったんだけど、この勘太郎さんのインストバージョンも沁みる。

作曲は宇宙戦艦ヤマトの宮川泰先生!

宮川さんの弟さんの宮川彪さんは関西在住のドラマーで、僕が通っていた大阪音大ジャズ科のドラムの先生をやっていて、老若男女に関係なくモテる、魅力のある人だった。
って、またその話は長くなるのでまた今度。w



寒くなったから身体に気をつけて〜

逢いたくて逢いたくて - 内田勘太郎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この「サポート」は、いわゆる「投げ銭」です。 monkyのnoteや音楽を気に入ってくれた方、よろしければ。 いつもありがとうございます。

やった〜〜
8
家永慎也(Shinya Ienaga):音楽家/Sax奏者/作・編曲家  Official site:ienaga2020.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。