見出し画像

Youtube撮影必要リスト(iPad ,iPhone,スマホ)



恵比寿と代々木上原にヨガスタジオがある”Yuka New York Yoga”のYoutube動画を作成しました。

Youtube撮影初めてだったので、備忘録として残しておきます

完成した動画がこちらです






自分が所持しているRX100m5がマイクを別でつける事ができなかったので

画像3


①撮影機種

iPadの第7世代で撮影しました。
お持ちのiPhoneやアンドロインドでも十分だと思います。


画像2

iPadの第7世代は、イヤフォンジャックがついていたため



②マイク

イヤフォン





ライトニングケーブルだと変換の必要ありです。
下の動画参考にしてください







③三脚



画像5



④照明


照明は以前のMV撮影時に導入しておりました。
この日はレフ板持っていったんですが、使わなかったです(反省)
やっぱり光のあたりが強すぎてわかる人には分かるということですね。
素晴らしいアドバイスをいただきました。

ただ照明あるなしではだいぶ変わってきますね。映像のクオリティーは。






安いやつだと



こちらでもこれだともスマホスタンドもついてるから
3脚いらないんじゃないか説。




⑤編集ソフト

Adobe Premiere Pro

画像6



iPhone,iPadで撮影した動画はLINE経由だと画質が劣化するので
Air DropがDropboxでのファイル共有したほうがいいです。
ラインで送りがちですが。めちゃくちゃ劣化します。



⑥字幕作成ソフト

Vrew(フリーソフト)

PC上のアプリで自動で字幕作成してくれます。
精度も高かったのでこちらは絶対使ったほうがいいと思います。

premiere Proへの反映もそのままできるので便利でした。





⑦ノイズ編集ソフト


iZotope RX7

画像7


ちょっとマイクの位置が悪くて若干入っていたため使いました。
3種類あるけど、映像の人はelement で十分だと思いました。







是非ともこの時期なんで
Youtube動画使って発信していきましょう

動画編集もやってるので是非ご依頼ください。


1本5000円(10分以内)編集のみ
10分以上は別途料金いただきます(2020/04/17時点)


















3
音楽、映像制作をしているIdiot Popです。 仲良くしてください https://idiotpop.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。