いちとせしをり

エッセイスト / 定期購読マガジン『涙と栞の化粧台』毎週金曜日 更新中 / 花屋勤務

いちとせしをり

エッセイスト / 定期購読マガジン『涙と栞の化粧台』毎週金曜日 更新中 / 花屋勤務

    マガジン

    • 涙と栞の化粧台

      大切にしたい"ひとり"に向けた言葉をここに。"あなた"に寄り添う涙を書いて残したい。

    最近の記事

    固定された記事

    ツイートがバズったわたしは、口紅を買えていない

    仕事を辞めた翌日、わたしは生きていた。 「当然である」と、言えるだろうか。わたしは自分のことを"よくやっている方"だと思っている。意味もなく宙を見上げ、水滴を仕舞う。人生を都合のいい妄想へ預けなければ、硝子のように心が割れてしまいそうだ。 「大丈夫ですか?」 歩きながら眠っていた。目が血走り、足が痙攣する。どこかから声が聞こえた気がしたが、辺りを見渡しても人は少なかった。ロクにごはんも食べていない。生命の境界線を、平均台を渡るようにしてふらふらと進む。 常に不安と手を

    スキ
    4,973

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • 涙と栞の化粧台
      いちとせしをり
      ¥500 / 月

    記事

    記事をすべて見る すべて見る