茨大演研

茨城大学演劇研究会の公式アカウント! 見学希望などお問い合わせはTwitterのDMまでお越しください!

茨大演研

茨城大学演劇研究会の公式アカウント! 見学希望などお問い合わせはTwitterのDMまでお越しください!

    マガジン

    • 2022年冬公演 稽古場日誌

      『稽古場日誌』は公演期間中、日替わりで会員が更新するブログです! 公演の見所や、稽古や裏方作業、日常の話まで色んなことを書いています。

    最近の記事

    雑記

    こんにちは。演研3年の山下です。 早いものでもう公演日となってしまいました。 早いですね。師走ですからね。 兎にも角にも本番というものはやってくるもので、不安と期待が入り交じったような不思議な気持ちでいます。願わくば多くの人に見ていただければ嬉しい限りです。 さてみなさんはここまでの稽古場日誌、お読みいただけたでしょうか。まだの方はぜひ読んでみてください。演研会員のリアルが垣間見えますよ。 私はみんなのように小粋で面白い文章は書けやしないので、一つなんでもない話をしてみ

      • 食べること、とか

        みなさんこんにちは、こんばんは。演研21、1年目の畠山です。2回目の投稿です。 初めましての方ははじめまして。前回読んでくださった方はお久しぶりです。 6000字という前例をつくって頂いたおかげで今回かなり長くなっています。2000字超えちゃった。 飛ばし飛ばし読む、若しくは心して挑んでくださいね。 さて、冬公演まで残り数日と言って差し支えない日にちになってしまいました。 楽しみな反面寂しくて、ちょっと怖くて…でも楽しみと少しの不安がない混ぜになったものをソワソワと表現する

        • 茨城の冬寒くないか??

          こんばんは 茨城大学演劇研究会一年  西野です。 寒いですね。うん、寒いです。 今僕はこの稽古場日誌を一人暮らしのアパートにて書き込んでいるわけですが何といっても部屋が寒いです。 やっぱり1ルームはだめですね。 友達の1Kは暖房付けていなくても部屋はほのかに暖かいのに僕の1ルームは暖房付けてもどこからか冷気が入ってきやがります。 寒いです。 きっとキッチンと部屋の間のドアが大事なんでしょうね。あそこできっと冷気がシャットアウトされているんです間違いない。 え

          • I wanna be a ...

            こんにちは。演研22の立花樹です。毎日めちゃくちゃ寒いですね。冬なんて嫌いです。寒い日に雨なんて降った日にはもう何もやる気がなくなってしまいますね。将来は雨が少なくて年中温暖な場所に住みたい次第です。 さて、世間話はこの辺にして、私が今回考えたいのは どうやったら主役になれるのか という話です。 私はあまり舞台を見に行くことはないのですが、これまでに観てきた舞台上の役者さん達に強い憧れを抱き、自分も舞台上で輝いてみたかったので演劇研究会に入りました。 初心者ながら本公

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 2022年冬公演 稽古場日誌
            茨大演研

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            冬公演まであと、そして私の…

             またまたこんばんは、あるいはこんにちは初めまして。演研1年の齋藤です。  前回の稽古場日誌、「ではまた会う日まで」なんて次いつ会えるかわからないみたいな終わり方しましたがそういえば役者は公演までに2回書くんですよね、これ。しかも2回書かなくても公演の日にお会いするんだからまた会う日までなんてカッコつける必要なかった。  あ、もしかしたら初めましての方もいるかもしれないので、その方は前回の稽古場日誌もよければ読んでいってやってください、って言おうと思ったけど自分語りしかして

            メリークリスマス!!

            メリークリスマス!! ……気が早すぎますかね?こんにちは、4年の金澤です。早いもので公演まであと1週間となりました。あっという間です。最後の本公演まであと一週間。滅茶苦茶嫌だなっていうのと、楽しみだなっていうのがごちゃ混ぜになっています。ちなみに、嫌だなって気持ちの半分くらいは、台詞と動きが抜けちゃうかもって恐怖です。嗚呼、恐ろしや。 さて、前回の稽古場日誌では、何となくこれまでのサークル生活を振り返ってみました。 今回は、折角のクリスマスシーズンと言うことで、一つ印象に残

            宇宙には夢がつまっています

            おはようございます、こんにちは、こんばんは。 前回書いた稽古場日誌を読んでくださった方はお久しぶりです。 西尾です。 とりあえずひとこと叫ぼうかな 全休気持ち〜 本当に46単位、CAP制ギリギリ取っているとは思えない生活。水曜午前休、金曜全休。いいですね。この生活。来年もこれくらいがいいな。 夜に寝れない(大学入ってから寝れなくなった、寝たくても寝れない)性分、朝が段々と苦手になりつつあります。一応起きられはするのですが、どうしても対面授業に行きたくなくてよく遅刻してい

            朗読研究員にへー

            みなさん、こんにちは。茨城大学演劇研究会所属舞台班二番隊作業員のうち1人、1年の二瓶です。冬も本番を迎え、目が覚めても30分布団の中から出られなくて1限に遅刻する日々が続きます。稽古場日誌も僕で16個目です。歴史を感じますね。そんな第16回演劇研究会冬公演「サカシマ」稽古場日誌では朗読について話していきたいと思います。 僕自身、中学校の頃に放送部で朗読をちょっとかじりまくって完食してました。そんな僕がちょっと語るのでしばしお付き合いしてください。(なお、異論は一切合切認める

            公演まであと10日

            皆様、お疲れ様です。おはようございます。演劇研究会1年の福嶋です。 タイトルにもある通り、冬公演まであと10日です。11月22日から始まった稽古場日誌も気づけば半分を過ぎまていましたね。あっという間です。 さてさて今回は僕の話したいことをおしゃべりさせて頂こうかなと思います。喋りたいことを順番を気にせずに書くので、順番はサカシマになるかもしれませんがご了承ください。 という事で僕目線の演劇研究会、略して「演研」のお話をします。 まず最初にお話ししたいのは夏公演ですね。僕は演

            おはようございます 舞台班です

            おはようございます。2022年冬公演で舞台班副チーフを担当します、茨城大学演劇研究会の大平です。よろしくお願いします。 違和感をおぼえたそこのあなた、そうなんです。いままで舞台班に副チーフという役職はありませんでした。今回は挑戦ですね。副チーフがいることで何が変わるのか。本番当日まで楽しみにしていてください。 さて、稽古場日誌を始めて書きますが、何を書こうか全く決めていません。ほかの皆さんの稽古場日誌を見てみると、6000字以上書く4年目の人もいれば、舞台班に勧誘する会長

            寒いです

            みなさまこんばんは、あるいはこんにちは初めまして。 演劇研究会1年の齋藤です。 演研古参オタクの私が茨大演研についていろいろ調べまくっていたときに読んだあの稽古場日誌を、今書いています。すごい。 なのに書くことがない。今回の冬公演から稽古場日誌が再開すると聞いてあんなに嬉しかったのに、何も考えてませんでした。 そんなわけで、初めましての方もいると思いますので、自己紹介も含めて、私が演劇を始めた理由でもお話ししていこうかと思います。 出演 ・2022夏公演『午前3時59分

            演劇ってなに?(木村編)

            このnoteを開いた皆さん,初めまして. 茨城大学演劇研究会4年の木村です. そもそもの話 突然ですが演劇ってなんだと思いますか? 高校や大学になんとなく存在する「演劇部」,社会人の加入する劇団での活動,アニメやゲームの舞台化とそれを演じる役者. 演劇にはベースとなる台本があり,そのセリフを役者が読む. 一般的なイメージはこの程度かなと思います. おおよそ正解です,彼らは決められた流れに沿って言葉を紡いでいます. ただ紡ぐと言っても世界観を保つために衣装や小道具,セット

            夜空が綺麗な季節になりました。

            おはようございます、こんにちは、こんばんは。 12月3日の稽古場日誌の更新を担当させていただく、西尾です。 どうぞ、以後お見知りおきを。 この文章を書いている私は金曜全休を何もせずに過ごした後に日付を少し超えるバイトに行きそして寝ずに次の別のバイトに行く送迎車の中で書いています(Now. AM.5:38)。車酔いしそう。まぁ、ニアイコール深夜テンションです。日本語おかしいところがあったらすみません。見逃してください。 誰ですか?バ畜だとかブラックバイトだとか言った人。怒らな

            気が付けば今年が終わりますね

            おはようございます。演劇研究会1年生の西野です。 本日も大変冷え込んでしまって過ごしにくいことこの上ない日々が続きますね。 さて、気が付けば冬公演もあと2週間ほどという所まで近づいてまいりました。歳を取ると時間が経つのが早くて困りますね。 今年の春に演劇研究会に入り、夏公演、茨苑祭と2つの舞台を経験してきましたが、いつまで経っても人前に立つのは慣れないものです。 舞台に立つ。といった意味での人前に立つこともさることながら、僕はなんと言っても指揮をする立場になる。と言った意味

            12月、演研の季節ですね。

            みなさんお久しぶりです、こんにちは。 12月に入りましたね。そろそろ会長の座から降りれるみたいです。演研2年中野です! 冬と言えば代替わり。最近は1年生が頑張ってくれていて、肩の荷がおりすぎています。 思えば1年前、不幸にもありがたいことに会長にならせて頂きました。それからは怒涛の1年でした。 なつかしいなぁと思って、思い出でも書こうかと思ったけど、長くなるからいいや。 どっかの誰かみたいに6千字も書きません。その力は卒論に使って欲しかった。さっさと卒業しろ。 いやぁ最

            心にうつりゆくよしなしごとを

            どうも、お久しぶりです。演研2年の益子です。 稽古場日誌を更新するのは久しぶり……あれ、1年ぶり? わーお ………………。 ……………………………さて、書くことがなくなりました。 いやね? いろいろ考えたんですよ何書こうかなーなんて。昨日の日中からずっと考えて。でも何も浮かばないのがオチで。 他の人を参考にしよう! と思って読みかえしても、みんなそれぞれ個性が出ている文章で案の定参考にならなくて。 金澤パイセンを参考に、稽古場日誌の更新が無かった期間に何があったか変わった