Human Natures

『人と自然の共存』をテーマに環境にやさしく利便性の高いものづくりを目指すブランドです。このアカウントでは製品に対する思いやブランドとしての願い、また地球環境問題やゴミ問題に関するレポートを記事にいたします。 【HP】https://humannatures.jp/

Human Natures

『人と自然の共存』をテーマに環境にやさしく利便性の高いものづくりを目指すブランドです。このアカウントでは製品に対する思いやブランドとしての願い、また地球環境問題やゴミ問題に関するレポートを記事にいたします。 【HP】https://humannatures.jp/

    マガジン

    • 環境レポート

      近年問題になっているごみ問題・廃プラスチックなどについて章に分けてレポートをまとめています。

    最近の記事

    プラスチック汚染とは 第5章 「さいごに」

    第5章「さいごに」 プラスチックに限らず、ごみ問題の対策として、3R(リデュース・リユース・リサイクル)運動が進められていましたが、現在はこれに「リフューズ」を加えた4R運動が世界的な傾向です。 その優先順位は下記の通りです。 リフューズ:断る・使わない > リディース:減らす > リユース:再利用 > リサイクル:再資源化 日本人はその真面目さからごみの分別に対する意識は高いと思いますが、「ごみ」として扱っている時点で「リサイクル」という選択肢しか残っていません。

      • プラスチック汚染とは 第4章「プラスチック生活からの脱却」

        今回より、第4章「プラスチック生活からの脱却」を投稿します。 ー 目次 ー第4章「プラスチック生活からの脱却」  └(1)各企業の取り組み   └ [a] コカ・コーラ   └ [b] ネスレ   └ [c] パタゴニア  └(2)自然に還るバイオプラスチック   └ [a] 生分解性プラスチック   └ [b] バイオマスプラスチック  └(3)zero-waste運動  └(4)アップサイクル   └ [a] アディダス   └ [b] プラダ   └ [c] プレシャ

        スキ
        7
        • プラスチック汚染とは 第3章「世界の現状」

          皆様こんにちは、 「Human Natures(ヒューマン・ネイチャーズ)※」です。 Human Naturesは「仕事・身体・地球の環境を改善する」をテーマに製品の企画及び開発を行っております。 以前より『プラスチック汚染』と題し、投稿を行っております。 今回はその第三弾の発信となります。 現在の状況を知る上で大変興味深い話ですので、最後まで読んでいただければ幸いです。 ー 目次 ー第3章「世界の現状」  └(1)先進国によるプラごみの輸出  └(2)レジ袋・ポリ袋規制

          スキ
          3
          • プラスチック汚染とは 第1〜2章「海洋プラスチックごみ問題」「容器包装プラスチックごみの問題」

            皆様こんにちは、 「Human Natures(ヒューマン・ネイチャーズ)※」です。 私たちは「仕事・身体・地球の環境を改善する」をテーマに製品の企画及び開発を行っております。 前回までは『廃プラスチックについて』と題し、 ・読み物(文章) ・聞き物(音声)YouTube配信にて を投稿してまいりました。 今回から『プラスチック汚染』と題し新しいフェーズに入ります。 現在の状況を知る上で大変興味深い話ですので、 長文ですが最後まで読んでいただければ幸いです。 はじめに

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 環境レポート
            Human Natures

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            廃プラスチックについて 第1〜3章

            皆様こんにちは、 「Human Natures(ヒューマン・ネイチャーズ)※」です。 Human Natures(以下HN)は「仕事環境・身体の環境・地球環境を改善する」をテーマに製品の企画及び開発を行っております。 今回はその中で「地球環境」をテーマにした投稿です。 HNの第一弾の製品である「beak」の主な材料は「プラスチック」です。 HNの『SDGs』への取り組みの一つとして、「beak」のようなプラスチック製品は廃棄された後、どのように処理されているのか、リサイク

            スキ
            3

            どのようなミッションを掲げているか

            皆様こんにちは、 「Human Natures(ヒューマン・ネイチャーズ)※」です。 これまで、以下のタイトルでエピソードを綴ってまいりました。 Ep.1 Human Naturesを立ち上げたきっかけ Ep.2 ブランド名に込められた意味とは 「上記エピソードまだ読んでないよ」という方も前回のお話と合わせて拝読いただければ幸いです。 今回で3回目となりますお話の内容は 「どのようなミッションを掲げているか」について お話できればと思います。 前回までは、ブラン

            スキ
            3

            ブランド名に込められた意味とは

            皆様こんにちは、 「Human Natures(ヒューマン・ネイチャーズ)※」です。 (筆者:CEO / CDO 有本匡志 ) ※「仕事環境・身体の環境・地球環境を改善する」をテーマに製品の企画及び開発を行っておりますブランドです。 先日の投稿では、 「なぜブランドを立ち上げることになったのか」 について書かせていただきました。 その中で以下の二項目… 1. 現世で抱えている問題を製品を通して解決する 2. 皆様の快適な毎日の暮らしを製品を通してデザインする こちら

            スキ
            2

            Human Naturesを立ち上げたきっかけ

            皆様はじめまして。 「Human Natures(ヒューマン・ネイチャーズ)」です。 (筆者:CEO / CDO 有本匡志 ) 当ブランドは2020年より発足した、 「仕事環境・身体の環境・地球環境を改善する」をテーマに 製品の企画及び開発を行っております、まだまだ新しいブランドです。 現在、その第一弾の製品として「スマホ用 グリップ・スタンド」<beak>を開発中です。 この製品に関しての詳細な情報は今後追ってリリースしていく予定です。 ※本体画像は開発途中のものです

            スキ
            4