【HUGノート】大好きな「お友達」といっしょに
見出し画像

【HUGノート】大好きな「お友達」といっしょに

HUG for ALL

こんにちは。
HUG for ALL代表のあややです。

2施設目の「まなびクエスト」、子どもたちにもそれぞれのペースができてきました。前回ダンスを踊ってくれたみゆちゃん(仮名)は、今回は毎朝やっているというヨガを、HUGメンバーのたえちゃんとかずさんに教えてくれました。ヨガの本を見ながら「このポーズは初めて!」と自分も挑戦しようとする姿が、がんばりやさんのみゆちゃんらしいなと思います。

図6

前回おみくじを作ってくれたしょうくん(仮名)は、今回はなんと「手作りドーナツ」をいっぱいつくって、みんなに配ってくれました。ホットケーキミックスを元に、焼いて作ったというオリジナルレシピです!オンラインでつながっているHUGメンバーへの気遣いもこまやかで、そのホスピタリティの高さに、毎回驚かされています。

図7

今回は、前々回のHUGノート「探究心に火がついた!」でご紹介した年長さんのたいきくん(仮名)のお話です。

たいきくんが大事にしているもの

実は、2施設目の活動開始前に、職員さんから「たいきくんは、アンパンマンにでてくる”だだんだん”のぬいぐるみに”ばぶちゃん”と名前を付けてとても大事にしているんです」というお話を聞いていました。

今回のまなびクエストには、その「ばぶちゃん」をいっしょに連れてきてくれたたいきくん。来て早々にzoomをつないだパソコンを見つけて、中継コーナーに一直線!オンラインでみんなを見守っていたHUGメンバーのえのに、さっそくばぶちゃんを紹介していました。

ばぶちゃんと一緒に画面に映ってみたり、机の下に隠れてみたりを繰り返して大笑いをしていたたいきくんですが、「何をすればどんなふうに映るんだろう」といろいろ試していることが伝わってきました。

図8

「レインボーばぶちゃん」誕生!

後半は「ばぶちゃんを描く!」とお絵描きタイムに。ばぶちゃんを机に寝かせて、見比べながら丁寧にばぶちゃんの絵を描いていました。これまでのまなびクエストで一番、たいきくんが集中していた時間だったような気がします。

大好きな「ばぶちゃん」だからこそ、しっかり丁寧に体の模様まで完全に再現して描いたのだと思いますが、それにしても、これだけ細かく描けるのはすごい観察力…!

最後にばぶちゃんの体を灰色に塗りたかったのに、灰色のペンがなくてがっかり。しばらく悲しそうに「この色がほしい~!」と言っていたたいきくんですが、自分で気持ちを切り替えて「じゃあ、レインボーばぶちゃんにする!」と、手元にあるペンで色を塗り始めました。

顔も、体も、手も、足も、いろんな色を使って「レインボーばぶちゃん」が完成!…と思ったら「レインボーばぶちゃんのまわりには虹があるの」と、背景にも虹を描いて、空や雲の色も塗って、今度こそ完成!!!最後は「できた!」とすごく満足そうな顔をしていました。

「写真を撮ってもいい?」と聞くと、誇らしそうに、レインボーばぶちゃんとぬいぐるみばぶちゃんを並べて見せてくれました。

図9

そのあと、レインボーばぶちゃんを描いた紙にばぶちゃんをギューッとくっつけて、「ばぶちゃんがレインボーばぶちゃんをギュッてしてるの。お友達なんだよ。」とお話をしてくれました。

たいきくんとばぶちゃんに、新しい「レインボーばぶちゃん」というお友達が増えたみたいで、なんだか気持ちがほっこりしました。

思い通りにいかないことから気持ちを切り替えることができたこと。その結果、とても素敵な「レインボーばぶちゃん」が生まれたこと。この体験が、たいきくんの成長につながる大きな一歩になると嬉しいです。

大好きなお友達の「ばぶちゃん」がいたからこその今回の展開。やっぱり子どもの「好き」っていう気持ちの大きさはすごいです。これからも子どもたちの「好き」や「得意」を大切に、その子の力を伸ばしていくかかわり方を考え続けていきたいです。

さいごに

いま、HUG for ALLは、ともに子どもたちを見守り、支える仲間を増やすための活動を始めています。そのためにも、まずは社会的養護のことや子どもたちのことを「知っていただく」ことから始めていきたい。現在、その「はじめの一歩」としての1コイン寄付キャンペーンを行っています。

寄付のお礼には、①社会的養護のこと、②現在の活動について、③これからのHUGコミュニティとやりたいこと、という3通のメールが届きます。

18歳の春に、子どもたちが希望と自信をもって社会に出ていくことができるように。まずは「知る」ことから、はじめてみませんか?みなさまの「第一歩」を心からお待ちしています。

▼1コイン寄付キャンペーンはこちら
https://syncable.biz/portfolios/41/
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Happyです♥
HUG for ALL
「すべての子どもに安心できる居場所と生きる力を」 HUG for ALLでは、児童養護施設等でくらす子どもたちに対して、社会人ボランティアによる「生きる力」を育むための体験プログラムの提供を行っています。 https://hugforall.org/