見出し画像

ヒモトレ介護術 第五回 「“良い人生だった”と思ってもらうためになにができるのか」

この記事は有料です。

「ヒモ一本でカラダが変わる」と話題のヒモトレ。中でも関心が高まっているのが、介護分野でのヒモトレの可能性だ。

そこでこの連載では、主に在宅医療の現場でヒモトレを活用している浜島治療院院長の浜島貫先生に、実際の使い方や臨床的な意義を紹介してもらおう。

ヒモトレ介護術

第五回 「“良い人生だった”と思ってもらうためになにができるのか」お話●浜島 貫
文・取材・構成●北村昌陽
監修●小関 勲


こんにちは。浜島貫です。

今回は、今年の夏に85歳で亡くなった女性、Eさんのお話をしましょう。

Eさんはもともと、ある大きな介護施設に入っていました。ひざなどに痛みがあり足はパンパンにむくみ、リウマチと診断され、まるまる4年間、寝たきり状態だったそうです。

今年の1月に、別の小規模な介護施設へ移ったことがきっかけで、私が関わることになりました。そのときも、両足が太ももまでパンパンにむくんで、まったく動かせない状態になっていました。

ここから先は

4,374字 / 4画像

¥ 150

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?