Yuki sako

無下融通 Thanks for everything.出会った表現者とセッションして生…

Yuki sako

無下融通 Thanks for everything.出会った表現者とセッションして生きてます。

メンバーシップに加入する

ダンスの幅を広げる, 音楽の聴き方や捉え方に対する考え方を対話し合うメンバーシップです. 月に3回のセッションクラスで出てきた内容や, 実際に演奏家に「音楽理論」的な解釈を教えて頂いたり, 「ダンスパフォーマンス」に関する研究や技術の情報を発信したりします. 即興, インプロダンスをしたいと思う方はぜひいらして下さい. 楽曲の世界観を壊さず, あるいは即興時において演奏家と“音”の対話をしたい方はおすすめします!  記事だけでなく, Jam session classもありyuki sakoのLiveへ招待もありますので参加方法をお選び下さい.

  • じゃむじゃむスタンダード

    ¥500 / 月
    初月無料

マガジン

  • 光と魔法のダンスを考える.

    僕が見ている情景を月に一度配信します. 迫 裕樹が一体何を考えているのか. “音楽が見えて, ダンスが聞こえる世界がもうすぐ待ってる... ” ダンスの歴史から, アートとの関わりと科学まで. ペーパーや情報を取り入れています.

  • 社会科見学xスーパーマーケット

    社会科見学をしながら考えていたのは、最前線で働く人々の功労と幸福だった。

  • 筆者が何考えてるかわからなくなった時に

  • パフォーマンスツアー 体験記

    タイ🇹🇭、ミャンマー🇲🇲、ラオス🇱🇦 参加国を仲間たちと渡り歩いた。 あの数日間の記憶をまとめたものです。

  • 心の距離

    • 光と魔法のダンスを考える.

    • 社会科見学xスーパーマーケット

    • 筆者が何考えてるかわからなくなった時に

    • パフォーマンスツアー 体験記

    • 心の距離

最近の記事

デトックス休載.

    • 備忘録. 新宿徒然.

      多岐にわたって語り合える友人と新宿を3時間渡り歩いて語り合ったらいろいろ整理がついたり疑問が湧いたりと楽しかった. その備忘録を書き記しておく.  この辺りに繋がってる.  絶えず何者かになろうと圧迫感の中で生きねばならないような社会では, 若者達は“自分が何者なのか”が分かり易い指標やステータス着るファッションを好んでしまうだろう. 一方で「どんだけ渇いているんだ人類は!」思わずにはいられないほど, 飢え渇きを回復しようとする動きはあれど動きだす本人の欠乏からできてい

      • 休載

        作品創作のため休載です. 

        • 休載

          本日は休載です. 

        デトックス休載.

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 光と魔法のダンスを考える.
          Yuki sako
          ¥500
        • 社会科見学xスーパーマーケット
          Yuki sako
        • 筆者が何考えてるかわからなくなった時に
          Yuki sako
        • パフォーマンスツアー 体験記
          Yuki sako
        • 心の距離
          Yuki sako

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 聴きたいことあればどうぞ!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 聴きたいことあればどうぞ!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          音楽の聴き方 ~音楽と対話したいダンサーへ。~

          「じゃむじゃむスタンダード」に参加すると最後まで読めます

          音楽の捉え方としてアプローチ云々の以前に、聴き方の知覚的な話をしておかないとそもそも論だと思うので記述しおきます。多分正確な題名は、音楽を聴くときのアプローチ・補助輪だと思う。

          有料
          300

          音楽の聴き方 ~音楽と対話したいダンサーへ。~

          有料
          300

          ダンスとセッション-即興の考え方について. ❷

          「じゃむじゃむスタンダード」に参加すると最後まで読めます

          前回はこちらから読むことができます.  さて今回は前回のところをもう少し深掘りしていきます. ジェラルド・クレイトン氏が“language “ と何度も言っているように、言語や対話にJazzや即興は喩えられます. この言語. 実は最近どうもただの比喩ではないことが分かってきました.(なんと科学がアカデミズムが追随するという展開!)

          ダンスとセッション-即興の考え方について. ❷

          練習動画

          「じゃむじゃむスタンダード」に参加すると最後まで読めます

          ご活用ください! 今回のテーマは表拍:裏拍の感じ方の違いになります。UP-DOWNの違いではありません。お見知り置きを!

          有料
          300

          練習動画

          有料
          300

          低音。

          「じゃむじゃむスタンダード」に参加すると最後まで読めます

          低音の見解。非常に感慨深いディスカッションになってるので共有します。

          ダンス AI 音楽

          「じゃむじゃむスタンダード」に参加すると最後まで読めます

          ダンス AI 音楽

          個性に関わる話。(グルーヴの対話から)

          「じゃむじゃむスタンダード」に参加すると最後まで読めます

          グルーヴの話以前に集中力、没入感が大切なのはいうまでもなく。演奏者だけの問題でもない。踊るときだって一緒。choreography(振付) における問題提起の一つに、録音音楽の固定性というものがあると考えているのだけれどそれは時空間の話に通づるものだ。 振付の芸術性を考える時、消費されるエンタメのとの対比の中で残るものはここでも人間性とは何か?という問いが残り滋味な味わいを醸すのだろう。 そういった意味で、振付の素晴らしさと違ったコンテクストが即興性や音楽的対話のダンスに

          個性に関わる話。(グルーヴの対話から)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          関数のような人とのチーム.

          どんな仲間達とプロジェクトだったり, 課題だったりと物事に取り組んで行きたいのかを考えることは理想のチームビルディング的観点だけでなく未規定なゴールを目指すときにも重要な役割を話すのではないだろうかと考えてる.  予測できる達成は当たり前に, 予測不可能な場所へ飛んでいける不協和音が起きるかもしれないという“予測”と期待は変数くらいの心構え. 変革を望んでいながら, 変わらないための変化を実装しがちな組織に新しい明日はない. のにも関わらず一向に変わらない. そうだ, 心の

          関数のような人とのチーム.

          3月に向かう背中.

          言葉が持ってる意味のicon性をよく考えるのだけれど今日も気づきとしてメモしておく. 「気をつけることができるようになったよね.」の「気をつける」というか!と感動した. 支援員のプロはそういうのかと.  会得していく, 学んでいく健全育成の中で「気をつける。」ことができるようになったのだというのは的を得ているなぁと思いつつ僕の中ではそう呼ばないなと.  世界を,他人を,自分を. 愛することができてこそ調和を慮り自他共に生きるというこの実感,感覚, 距離を“感じ取る”ことが

          3月に向かう背中.

          呟き.

          何者になるべきか, 君は何者であるかを絶えず圧迫されて生きなければならないようなシステムから抜け出すのはなかなかに難しんだろうなというのは嫌な直感があるのだけれど, 学校外で後進達と関わる上でその直感の気持ち悪さをどう伝えられるかよりもそんなこと強いられる前の段階でのびのび感性が育つ環境を考えて手を動かしてる.  本屋に行くとラベリングに成功したカテゴリー隷属がずらりと並んでいてむしろ祝祭をあげたいのだけれど, これからどんな人生を送っていきたいか生き様を考えたいかの岐路に

          休載

          休載します. 

          あなたの中にある星.

          先日の茶道で足が痺れて初めて立てなくなったので, 疲労がなかなかに蓄積していたのだろうと思う. そんな疲労感と最近の絶望感がクロスオーバーしながら今日の撮影を迎えたわけだけれど, まだ人間性を捧げられるなって思いつつ願いと祈りをダンスに浸透させてきたここ数日を思い返していた. この辺はまた改めて書きたい. まだ僕には絶望できる希望が残ってる.  イスラエルの情勢は, 聖書における霊的視点なしにはただの人間による人間のための善悪の二元論になりがちで最後は感情でぶった斬れる

          あなたの中にある星.

          休載

          撮影のため休載します. 

          浮世狂言を生きる中で.

          この前のsuper bowl のshowcase を見てアメリカ的なエンタメ鉄槌感があってやっぱり凄まじいなと思っていたけれど, 資本主義のジェノサイドを想わざるを得ないので諦念感と感心している自分を観心している. 感慨深い.  Taylor  Swiftのプライベートにまでついていくお暇な人類には辟易しているけれど, 見たいものしか見ない癖は一生付きまとうのだろうとわかっているので今更論でもある.  そういう意味で, 竹田さんの声には完全同意である. いやほんと… そ

          浮世狂言を生きる中で.

          思い返し.

          流れを留めておこうとする不健康さが蠢く人工物に囲まれた街に帰ってきて昨日書いたことを思い返していた水曜日.  動脈を塞き止めるような不健康さの嫌悪を, 再び味わいながらアウトドアを好き好む人類の一片を少し理解できる気がした. 自然に帰りたいのではなく行きたくなるのは人類との共存に疲れたか, 考えることから放棄したくなったからか, はたまた痛みに慣れてしまった傷を癒すためか. 頑張りすぎだ, 人類.  極私的に山と畑に囲まれた身としては, アスファルトを踏み続ける気持ち悪さ

          思い返し.

          言語化する脳をぬか漬けにして, 感化された後引っこ抜く.の巻.

          思い立って秩父三峰へ. 先日の雪が残っているだろうと思っていたけれど案の定, 雪化粧が美しく覆っており銀世界というか, 白い宇宙がそこにあった. 行きのバスで気がついたのだけれど, 何かを求めて向かっているらしい. 三峰神社へ. 僕はといえば, まぁ思い立ったら向かっていたので最近考えてたことを一旦ぬか漬け. スカイラインが一旦低くなり, 山々に囲まれていくうちに生命の流れを思い出し人工物のジャングルがいかに気持ち悪いのかが落ちてきた. とどのつまり, その形に, “そこ

          言語化する脳をぬか漬けにして, 感化された後引っこ抜く.の巻.

          休載

          休載します. 

          休載

          休載します. 

          2024, 02/10 幸せのちから備忘録

          なんて胸糞悪い映画なのだろう. 貧困とは病であると, よく聞くその言葉が頭をよぎった. 勤勉さ, 守りたいもの, 愛すること. そして喜び. Selfishな生き様, そのアメリカナイズ感が大陸を感じたけれどなんだかその倫理観にすらそのSelfishに匂いが染み付いている気がした. 余裕のない毎日だと, 守りたいものに執着してしまうような個人主義を強いられる現実を生きてるとそうなってしまうよなって思う. 大事だと思うものを幾つも背負わされるのだろうか.その時捨て去るべく事

          2024, 02/10 幸せのちから備忘録