「江別市になぜ世田谷?」 終戦の年からの開拓の歴史をたどる展覧会 開催中

江別市に東京・世田谷から来た人々が開拓した地区があります。その歴史と文化を伝える展覧会「新雪の時代」が、この1月〜3月、世田谷区の三軒茶屋で開催されました。その展示をぜひ地元、江別市の人たちにも見てもらいたいと、江別市野幌公民館で「拓北農兵隊 北の世田谷物語」の昔といま としてアンコール展が始まりました。地域の農民画家・山形トムさんが描いてきた絵画と、文化活動を記録した資料で、当時の暮らしぶりをたどることができます。開催期間は2019年3月19日(火)〜24日(日)江別市 野幌公民館です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

北海道の川に生きる生き物たちを記録しています。主にサケ科魚類と野鳥たちの姿を動画で紹介します。ときどき、写真や展覧会の情報も掲載します。