保護犬の印象を変えたい!新企画をスタート!
見出し画像

保護犬の印象を変えたい!新企画をスタート!

まほ|動物愛護関連WEBメディアDogumentary(編集長)

保護犬ってどうして「悲しい命」みたいな印象がついて回るんだろう。
本当は殺処分になるはずが救い出された「奇跡の命」って思ったら、むしろポジティブな印象なのに。


過去は変えられないが未来は明るい。


保護された犬達はどんな過去を生き抜いてきたかは分からない。
だけど第二の犬生が幸せであって欲しいと願う気持ちには暗い気持ちは不要だと私は思う。


保護犬のイメージを変えたい。


そもそも全体的に暗い印象が良くない。
保護犬だって「犬」に変わりがないのに、悲しい過去にフォーカスを当て過ぎて「飼いにくい」印象にさせてしまう。


とにかく重いんだよね。保護犬って。


確かに保護犬は心に傷を負っている場合も多いから、向き合う時間は必要だけど「犬としての本質」までは変わらない。
だから、飼ってみたらペットショップやブリーダーからもらった犬と変わらなかったりするんだよ。


それを伝えるにはどうしたらいいかーーー。


考えた末浮かんだのが「保護犬を飼っている人の生の声を届ける事」だった。
幸せのバトンを繋いでいくイメージで、幸せの連鎖でハッピーな気持ちにさせたくて。

新企画名は『ONE LOVE STORY』

画像1

先日、同じ方向を向いている方の意思表示用にステッカーを販売することにした。
デザインはインスタグラムのフォロワーさんたちと一緒に決めたもので結構お気に入り。
まだステッカー印刷業者さんを探せていないので、販売はいつになるか未定。


このステッカーを作るにあたって、サイトのキャッチコピーをシッカリと決めたんだ。

保護犬にも「日常」を。
One love is all we need

Oneは犬の鳴き声のワンにかけているという、私の小さな遊び心(^^)
良くある保護犬のキャッチコピーって「保護犬を飼おう」「命は平等」みたいな感じで…やっぱり重めなんだよね。


私の活動の方向性って、保護犬を正しく知ってもらうことであり、飼ってもらうことが目的ではないので
もっとラフな感じにしてみました。
とはいえ、保護犬にも当たり前な日常(散歩だったりあたたかな環境)を感じて欲しいので…
その願いがこもったキャッチコピーね。


サブキャッチの「One love is all we need」に込められた想いは、

必要なのはただ1つの愛

って感じ。直訳だと少し意味が変わるんだけど、コチラがおさまりがいいので変えた。

前説が長くなったんだけど、新企画の企画名はこのサブキャッチコピーにかけていたという訳。


ONE LOVE STORYーーー。


1つの愛から広がる幸せの連鎖。ネガティブからポジティブへ。不幸な犬から幸せいっぱいの未来を待つ犬へ。
保護犬を飼っている方の生の声を繋いでいく…「ワンラブ」ってなんか可愛い気がしてる。


既に企画はスタートしてます―――。


第一弾


第二弾

第三弾

第四弾



まだ始まったばかりだけど、既にインスタグラムのフォロワーさんを中心に取材させてもらってる。

画像2

この子は飼育放棄で保護された大福くん。同じ犬!?ってくらい顔が違う。
目の周りや鼻の炎症もキチンとケアしてもらったからか美犬に生まれ変わったよね。

なんと言っても表情が違う。愛されているのが伝わってくる。

来た当初は感情の動かない犬だったみたい。それが家族として迎え入れて愛された結果…
ここまで変わったって思うと感動する。このように表情の違いを見てるだけでも幸せな気持ちになるよ。


この企画は、あえて文章に手を加えずに飼い主さんの「生の声」を届けることにしてる。
その結果、飼い主さんの感情が届くからより一層引き込まれると思った。
それぞれのワンちゃんにストーリーがあり、飼い主さんの向き合い方も人それぞれ。


犬を飼う上での苦労話もまとめているから、これから犬を飼いたい人の参考にもなる!犬を飼う上でのシュミレーションにもオススメ。



保護犬を飼っている方の「ONE LOVE STORY」を募集中!

画像3

今は私からインスタグラムのフォロワーさんへオファーをして記事を作成しています。

だけどもっともーっと保護犬を飼っている方のワンラブストーリーをサイトで紹介していきたいんだ。

なので、「メディア掲載してもいいよ」という方が居ましたら是非!インスタDMもしくはLINEにてご連絡貰えると嬉しいです!


【質問内容】
・ワンちゃんのプロフィール
(名前・生年月日・犬種・性格・名前の由来と、
伝えたいことがあればそちらも)
・飼おうとした理由
(その子じゃなきゃいけないと思った理由など)
・飼って良かったこと
・飼って大変だったこと
・飼って大変だったことを
どうやって乗り越えたか
(気の持ちようだったり感情面もOK)
・飼い始めと今の様子の違い
(表情のビフォーアフターもみたいので
来た当初と今の写真を貰いたいです)
・より一層大切にしたいと思う瞬間

こちらをコピーの上、回答内容を連絡頂けると記事掲載までスムーズで大変助かります!

写真はバンバン送ってください!動画もOK!あなたの可愛いワンちゃんネコちゃんをサイトで紹介させて下さいね。

ご協力よろしくお願いします!

LINEはこちら
インスタグラムはこちら



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まほ|動物愛護関連WEBメディアDogumentary(編集長)
動物愛護WEBメディア『Dogumentary(ドグメンタリー)』の編集長が取材時の胸の内を書き綴る。感情をあらわにした想いはここでしか読めない。 https://linktr.ee/hogoken_family