アートボード_14

未経験からデザイナーになって、8ヶ月を振り返る

このエントリは、コネヒト Advent Calendar 2019 の13日目のエントリです。

最近街中がすっかりクリスマスですね!🎄
今年もケンタッキーチキンの予約は完了しました、なべのです。

転職&キャリアチェンジをしてから一度もnoteを書いていなかったので、アドベントカレンダーのこの場の強制力を借りて、この8ヶ月をかるく振り返ってみようと思います💁‍♀️

※ そういえば、Wantedlyにてデザイナーとしてママリで叶えたいこと のお話を書いてみたので、お時間あれば是非そちらも!


入社したての無敵モード🔥

ゴールデンウィーク明けにコネヒトへ入社し、ママリアプリの改善チームに配属されました。デザイナーとしてのはじめてのお仕事はポップアップクリエイティブの制作で、クリエイティブが使われた母の日の企画では、たくさんのママさんたちから暖かい声をいただき、微力ながらデザインを通して貢献できた気がしてとても感動しました‥!

ママリにはすべての温かく包み込むような、独自の世界観があります。その世界観を自分のものにできるように、社内で信頼してもらえるデザイナーになれるように、ロゴやブランドガイドラインなど、任せてもらったものを期限内で自分なりのベストの状態で返す のみを意識して取り組んでいました。
自分なりに頑張ってはいたのですが、今思い返すと、受け身な姿勢で仕事に取り組んでしまっていたなぁと感じます。

アートボード 14 のコピー

わたしは〇〇デザイナー?迷走期🌊

私は元々UIデザインの領域において、まずはがっつり知見をつけていきたいの心意気で入社をしました。ガツガツやっていき!と思っていたのですが、タイミング的に他の領域におけるデザイン制作が多く、2-3ヶ月目頃をピークに焦りを感じていました。

将来的にはきよえさんのようなブランドを作るうえで必要なスキルが多面的に身についているデザイナーを目指していたのですが、まずはUIデザインの領域において尖らせたい気持ちが強かったのです。自分自身が描いていたキャリアの描き方と現状のギャップに焦り、もんもんとする日々を送っていました。

アートボード 17

きよえさんがいなくなる!?迷走期🌊

みなさんご存知の通り、今世に出ているママリはきよえさん中心に丁寧に作り上げてきたもので、私のなかで(多分みなさんもそうだと思うのですが)ママリ=きよえさんのイメージでした。クリエイティブを作るときも、ママリっぽさを判断してくれるきよえさんがいたからこそ安心ができたといいますか、ママリにおけるこれが正解!これならGOでいいよ!の基準を教えてくれる偉大な存在でした。

そのきよえさんが新しい挑戦をするためにコネヒトを卒業することが決まり、当時はとにかく不安でした。私がきよえさんの代わりにママリブランドやユーザビリティにおける門番的役割を担うことができるのか。当初はきよえさんが積み上げてきたものをみて、今の自分と比較して唖然とする日々を繰り返していた気がします。

こんなの作ってました3

ピンチはチャンス!再び無敵モード🔥

より影響範囲の広い、面白い仕事をやるためには、対応できるスキルがあること、信頼関係を築けていることの両軸が必要です。誰だってこの人なら信頼できる、安心して任せられると思える人に仕事を任せたいですよね👀その点、私は入社して歴も浅いし、そもそも実務経験も浅いので、客観的にみるとどちらも中途半端な状態です。

しかし、きよえさんが卒業したことにより、必然的にあらゆるお仕事が私に降ってくるようになります。これにより、不安を感じている場合ではなくなり、私は再びやるしかない!無敵!モードになります。笑

デザイナーとしてママリのブランド&体験を守る責任を強く感じるようになり、仕事について任せられるもの受動的に取り組むのではなく、積極的に意見や提案をするようになりました。これは周囲のサポートがとても心強かったこと、またとっても大きな支えだったきよえさんがいなくなったことにより、甘えられる対象がいなくなったため、自分がしっかりしなければという想いが強くなったがゆえだと思われます。


まとめ

この8ヶ月で改めて再認識したのは、環境は人を変えるし、環境を面白がれるかどうかは自分自身の行動次第だということです。

サイトを作ったり、アプリのUXやUI考えたり、ロゴを作ったり、冊子を作ったり‥。入社するときに想定していたよりもかなり携わらせてもらっているデザインの領域が幅広く、日々自分の知識・経験不足を痛感しながらも、周囲の人々に支えてもらいながら、積極的に取り組むことができています。

次の半年(もう8ヶ月経ったけど)は、私がいついなくなっても問題ないくらい整備された、綺麗なデザインデータを作れるようになること、ママリ内のUIやUXを改めて整備して、より多くのプレママさん・ママさんたちにママリっぽい暖かい体験を攻めの姿勢で提供することにポイントを当てながら、取り組んでいこうと思っている所存です。

コネヒトはデザイナーの新しい仲間も募集しているので、ご興味がある人はいつでもお声かけいただけると嬉しいです!


長々と書いてしまいましたが、 読んでくださりありがとうございました💃

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!ありがとうございます🙌
53
2016年に株式会社クラウドワークスに新卒入社し、キャリアサポーターとしてお仕事。2018年5月にコネヒト株式会社へUIデザイナーとしてキャリアチェンジ。ママリのデザイナーとして日々奮闘しております🏃‍♂️🏃‍♀️