見出し画像

2020年 仮想通貨値上がりランキング!! 1位は、なんと4266%増!

タイトルは少し煽り気味にしてみましたw

昨今の大きなニュースとして、米国の上場企業や機関投資家がビットコインへ投資をする事が多くなり、本格的に暗号資産の金融商品としての注目が高まってきました。

今回の盛り上がりは、前回のバブル期との大きな違いが5つあり、これから、大きな波が起こると思います。

1, ビットコインがデジタルゴールドとして既存金融機関にも認められてきた

2, コロナで世界中の国が空前の金融緩和によってFiatが大幅にダイリューションした

3, PayPalやSquare、ロビンフッドなど顧客数が圧倒的に多いFintech企業がビットコインやイーサリアムを取り扱うようになった

4, イーサリアム上でDeFiやDappsというリアルなユースケースが生まれた

5, 各国の中央銀行や大手金融機関などでブロックチェーンの採用が本格化してきた

伝統的な金融商品と2020年のパフォーマンスを比較して、金融商品としての暗号資産を評価したいと思います。

以下、2020年の年初から直近の年初来利益率です。代表的な株価指数と比較して明らかにビットコインやイーサリアムの方が好パフォーマンスの年となりました。

➢ 暗号資産※CoinmarketCapより引用
● BTC:343%
7,200.17USD(2020/1/1終値) -24664.79USD(2020/12/25終値)
● ETH: 479%
130.80 USD(2020/1/1終値)-626.41USD(2020/12/25終値)

➢ 上場株式※Bloombergより引用
● S&P500: 115%
3231USD(2020/1/2)-3703USD(2020/12/24終値)
● Nikkei 225: 115%
23,205円(2020/1/6)-26,656円(2020/12/25終値)

暗号資産(BTC ,ETH) vs 株式(S&P 500,Nikkei 225)(年初-12/25)

画像3

また、日米ともに上場株式のうち年初来パフォーマンスは平均で115%なのに対し、十分な流動性を持つ暗号資産(時価総額TOP50)のうち高パフォーマンス銘柄は4200%や2500%を記録する銘柄も出てきています。

そのうちパフォーマンスでイーサリアムを超えるのは8銘柄(TOP5+WAVES、SNX、XEM)、ビットコインを超えるのは12銘柄(前8銘柄+ADA、OMG、DGB、XMR)でした。残念ながら、このうち日本の交換所で購入できるものはXEMの1つのみです。

➢ 2020年年初来利益TOP5※(年初価格記録なしの暗号資産は除く)
1.KSM:4266%
2.CEL:2516%
3.THETA:1472%
4.LINK:638%
5.FIL:634%

・2020年暗号資産年初来利益ランキング(年初-12/25)

画像2

ビットコインのデジタルゴールドとしての価値に支えられながら、高パフォーマンスを狙える投資対象として今後、機関投資家等の既存金融におけるクジラの参入等、大規模な市場規模の拡大が予想されます。

仮想通貨への資金流入とブロックチェーン技術の広がりは密接であるため、前回のバブルとは異なる適切な規制下での本格的な市場の盛り上がりに期待したいと思います。

最後に、我々の金融関連のブロックチェーンへの取り組みの一部をご紹介します。USベースでブロックチェーンファンドgumiCryptos Capitalを運営しており、ポートフォリオのうち今回2位Celsius、3位THETAがランクインしています。

上記は今年注目されたプロジェクトですが、ポートフォリオからDeFi関連で来年に向けて注目のプロジェクトをご紹介します。Idle Financeと1inchです。

DeFiで人気を集めているレンディングとDEX、どちらにおいてもサービスが乱立し、その中で最良の金利、取引価格をアグリゲートする役割が求められており注目を集めています。

Idle Financeは、ユーザーがプールに預けた流動性をレンディングプロトコルに自動的に資産を割り当てし、ユーザー資産最高の利回りを生み出すサービスで、1inchはDEXアグリゲーターでユーザーにとって最適な価格を見つけるために、複数の取引プラットフォームを接続します。共に凄く注目を集めています。既存金融においても似たような機能として株取引のSOR(Smart Order Routine)などがありますが、まだブロックチェーンを用いた取引にまだなかった機能をいち早く作ったプロジェクトが注目されています。

gumi Cryptosポートフォリオ一覧
https://www.gumi-cryptos.com/#portfolio

画像3


これまでの仮想通貨はただ通貨として存在していただけですが、最新のDeFiプロジェクトをみるとスマートコントラクトでここまで複雑なトランゼクションが自動的にできるようになったのかと感動すら覚えます。UI/UXもかなり洗練されてきました。ブロックチェーンは投機の時代から、イノベーションの時代へと移ってきました。これから既存の金融の仕組みを大きく変えていくと確信しています。

日本は規制だらけで先端なプロジェクトが殆ど生まれていないのが凄く残念ではあります… 今後も海外の最先端の事例を色々と伝えていきたいと思います!

Blockchain is Now!

リサーチ 松原亮

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!