見出し画像

サンタさん

過去に書いたものから。2015年12月。

____________

息子がこれまでになくサンタさんを待ちわびていたので、今年のクリスマスはとても楽しかった。

サンタさんはどんな人なんだろう?
日本語はしゃべれる?
いろんな絵本を読んだけど、友だちもいろいろ言ってるけど、どれもほんとじゃない気がする…きっとこんなふうだよ!

自分の中だけのサンタさんのイメージがどんどん形作られていってる感じに、わたしもわくわくした。クリスマスの朝は飛び起きた。サンタさんからの手紙を読んでやると、「サンタさん、優しい…!」と号泣。わたしももらい泣き。

自分が世界から愛されている実感とか、自分のがんばりを誰かが密かに見ていてくれる安らぎとか、この世にはいろんな秘密や不思議があるんだという敬虔さとかが、クリスマスやサンタさんにまつわることにはあるように思う。これがひとつの生きる力の源として、心の深いところに降り積もってくれるように願う。

それはいつか魔法が解けても、きっと息子を助けてくれるはずなのだ。


今回のプレゼントは、友人のEさんの全面的なご協力があってのことなので、それも非常にうれしかった。彼女の気遣いの深さにはいつも驚かされるけど、今回もまた。


しみじみと喜びに浸ると同時に、サンタさんが来ない家、来られない家もあり、あくまでもこれはこの世界に生きる人々の、多様な営みの中のひとつに過ぎないことも、息子には知っておいてほしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。コメントやSNSでご感想をいただけるとうれしいです。 また、サポートもとてもうれしいです。いろんなところに行って、見て聴いて体験して、ますます世界を寿ぐ表現活動に使わせていただきます。

金剛の露一粒や石の上 茅舎
4
鑑賞対話ファシリテーター、場づくりコンサルタント、感想パフォーマー。関係性、対話、表現。温故知新。鑑賞の力を生きる力に。作り手・届け手と受け手とのあいだに橋を架け、一人ひとりの豊かな鑑賞体験を促進する場をデザインします。https://seikofunanokawa.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。