「英語で言いたいことが言えない」を解決する学習術
見出し画像

「英語で言いたいことが言えない」を解決する学習術

hitomigoto11

1. はじめに

「基本的な英単語の意味や文法の使い方は知ってるのに、英語で言いたいことが言えない
「英会話レッスンを半年間毎日受けているのに、一向に話せるようになりません
「相槌をしたくてもどう言えばいいかわかりません
「頭の中で英文を組み立てるのに時間がかってしまいます

この記事を読んでいるあなたも、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。
英語を学んでいるのになかなか成果が出ず、英語習得を諦めてしまっている方が多くいます。

問題なのは、英語学習のやり方を間違っていることで、行動はしていても一向に話せるようにならないことです。

努力し続けているのに結果が出なければ、「英語を話せるようになりたい!」という意欲もいつの間にかなくなってしまいます。

でも安心してください。この記事では、あなたのこういったお悩みを立ちどころに解消します!

英会話をする場面で、どれだけシンプルに頭を使えるようになるかがこの記事のテーマ。

この記事では、英語をフレーズのかたまりで覚えることで、自分の言いたいことをスラスラ言えるようになる方法を紹介しています。

例えば「〜できて嬉しい」と言いたい場合、
I am glad to see you again. (あなたにまた会えて嬉しい)というふうに表現します。

同じフレーズを会話で使いたいときは、「I am glad to」以下の動詞や名詞をすり替えて様々な場面で応用させるイメージです。

このように、フレーズをかたまりで覚え、少々のアレンジを加えるだけで、あなたは英文の組み立てに苦労することがなくなります。それと同時に、スラスラと「ネイティブに伝わる英語」を話せるようになります。

この記事を読めば、次のことがわかります。

  • 英会話パターンを使いこなせば英語はスラスラ話せる

  • 頻出の英会話パターンを使いこなす学習の流れ

  • 「楽しんだ者が上達は早い」は本当だった

記事に書いてある学習法を実践すれば、ネイティブの生きた英語フレーズを「楽しく」・「効率的に」インプットし、自由自在に英会話で使えるようになるでしょう。

また、学習を継続することで、ありとあらゆる英文を表現できるようになるはずです。

世の中で「英語がペラペラ」と言われている人たちは、意識する・しないに関わらず、お気に入りの英語フレーズを使って英語を話しています。

つまり、自分の使いやすい英語フレーズをマスターさえすれば、少なくとも「どう表現したらいいかわからない」という状態からは抜け出すことができるのです。

英単語を1つずつ別々で文章を組み立てようとすると、考えるのにすごく時間がかかってしまいますし、日本語の直訳のような英文になってしまいます。

英語を「かたまり」で話す意識を持つことは、簡単に話せるようになる最大のコツ。
「かたまり」で覚えた英文を会話で活用するようになると、より自然で、ネイティブに伝わりやすい英文をスラスラ話せるようになります。

「こんなにラクに英語を話せるようになるなんて!」とびっくりすることでしょう。

さぁ、筆者からのプレゼント「「英語で言いたいことが言えない」を解決する学習術」をお受け取りください。

この続きをみるには

この続き: 18,038文字 / 画像3枚

「英語で言いたいことが言えない」を解決する学習術

hitomigoto11

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hitomigoto11
「自信を持って生きる人を増やしたい」がモットーの英語好きです。英語学習の方法について発信していきます。 TOEIC950 | 外資系IT企業でSEしてました | 海外ドラマ、デザイン、音楽が大好き。