見出し画像

インドネシアの印刷会社に名刺を発注してみた(イラスト検討編)

仕事以外でグラフィックレコーディングをする機会が増えたのですが、そこで会社の名刺であいさつするのもなんだかなぁ…職種も違うし…、と思っていたので、twitterでみかけたおしゃれ名刺に触発されて、「自分もつくったらええやん!」ということでプライベート活動用の名刺を作ってみることにしました。このおしゃれな名刺、インドネシアの印刷屋さんに発注されていたとのことで、自分も同じ印刷屋さんに発注してみることにしました。


これまでの名刺ふりかえる

趣味で名刺っぽいものをつくってインクジェットで印刷する、というような個人名刺は昔に作ったことがあったのですが、今回はどんな名刺にしたものか考えてみる。そのまえに過去どんなものつくったかハードディスクを掘りおこしてみました。

2005年の名刺
東京でてきたばっかの頃、下高井戸に住んでたころの名刺。たぶん何か変わったものを作りたくなったこの3枚連結な名刺。山折り・谷折りして畳んで渡すもの。このときはIllustratorでいろいろ描いていたのも懐かしい。でもこの名刺誰かにわたした記憶がまったく無いなぁ。この頃からすでにサルキャラになってた。

画像1


2006年の名刺
もうサルだけになった名刺。シンプルなところにサルだけいるので、名刺っぽい。hitoshi★worksって懐かしいな、自分のWEBを作っていたときに、そういうサイト名をつけていました。手動で日記を書いたりして。

画像2


2009年の名刺

Illustratorじゃなくて手描きになっている手描きへ回帰したあたりの名刺。好きなものを詰め込んでみた、自分ってこれ好きなんです名刺。ただ名刺としては、名前と好きなものしか載ってないという…。

スクリーンショット 2020-03-24 22.07.16


2020年の名刺づくり

ILLUSTRATOR / VISUAL PRACTITIONERの肩書き
これまでの名刺には特に肩書きはいってなかったのですが、今回の名刺はとくにグラレコさせていただいたりする場での自己紹介名刺なので、この肩書きをいれました。グラフィックレコーダーというよりは、イラストを使っていろんなもののビジュアライズに取り組む役割のため、一番しっくりくるのがこのVISUAL PRACTITIONERという肩書きでした。


楽しいイラストの検討
今回もなにかしらイラストを入れたいけど、アイデアもなかったのでProcreateでラフ書きながら検討してみた。なんとかちょっとでもおしゃれにしたい!と思いつつ、結局はイラスト描いて作ってみました的なものに。おもて側にはシンプルに文字だけにしつつも、いつもアイキャッチに使っているおサルと自画像的なマークをつくってみた。裏は自分らしいイラストってなんだっけ・・とはじめ家族でお絵かきしているようなものを描いてましたが、最終的には描いてるところから世界ひろがってる的な絵に。
なんとなしに描き進めている様子の動画はこちら。

おもて

うら


で、こんなふうになりました。

2020年版名刺 完成版

画像4

画像5


いつもな黄色でできあがりました!データまとめて発注!

次回は、インドネシアの印刷会社さんへ、Google翻訳しながら発注メールした流れをまとめておこうかと思います。3月末あたりにはできあがるはずなので、できあがったらそれも載せます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!イラスト精進します!(・⊆・)ゞ
22
イラストやグラレコ、可視化を仕事でもプライベートでも活用してます。アイデアやコンセプトの可視化、あいまいなもの、ややこしいものをわかりやすく描くこと、イラストの活用を、模索中です。おもしろいきっかけありましたら、声かけてください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。