HIS-FACTORYが扱う植物タンニンなめし革、プエブロとは?
見出し画像

HIS-FACTORYが扱う植物タンニンなめし革、プエブロとは?

HIS-FACTORY STAFF

HIS-FACTORYでは、植物タンニンなめし革を使用した製品を作り販売しています。

植物タンニンなめし革にも様々な種類がありますが、HIS-FACTORYが多く使用している革の一つが、プエブロ。

多くの製品で使用している素材ですが、初めて触れる方からすれば「これは一体どんな革なんだろう…?」と思うでしょう。

この記事ではプエブロとはどんな特徴の植物タンニンなめし革なのか、ということをご説明します。

イタリアの植物タンニンなめし革・プエブロとは?

画像1

あえて毛羽立たせた表面の繊維、ザラザラとした質感が特徴のプエブロザー。

吟面の細やかなザラつきが特徴的で大きな魅力を持つ植物タンニンなめし革ですが、経年変化(エイジング)により、徐々にその姿を変化させていきます。

プエブロという名称は、アメリカのプエブロインディアンという民族から取られています。民族的な印象からつけられており、まさに"名は体を表す"という表現がぴったりの革ですね。

HIS-FACTORYでは、このプエブロレザーを多くの製品に使用しており、各アイテムでプエブロの独特の風合いと変化を楽しめるようになっています。

プエブロの経年変化(エイジング)

画像2

こちらは、プエブロの経年変化の様子を表した画像です。各画像の左側が新品の状態で、右側は数年を経て変化した様子になっています。

プエブロは、あえて毛羽立たせたザラついた質感が特徴の革ですが、年月を経ると内側のオイルが染み出し、その姿を変化させます。

毛羽立った吟面は艶が出てなめらかになり、色合いも深く落ち着いていきますので、購入当初とは大きく変化した様子を楽しむことができます。

プエブロのタンナー・バダラッシカルロ社について

画像3

プエブロレザーは、イタリア・トスカーナ地方に拠点を置くタンナー・バダラッシ・カルロ社によって生産されています。

1000年以上の歴史を持つ幻の製法”バケッタ製法”を現代に蘇らせ、世界中へ魅力を広げたタンナーです。

バケッタ製法とは、化学薬品を使用せず、植物製タンニンのみを使用し長い時間をかけて脂を染み込ませていく製法。時間も手間もかかる古典的な製法で、環境にやさしく、必要な分を最小限に生産します。

バケッタ製法により時間をかけて作られたプエブロは、オイルがたっぷりとその身に含まれている革で、しなやかでやわらかく、手に馴染む心地よさが際立つ革になっています。

キズがついた場合、キズがついているものについて

プエブロは傷がつきやすい革ではありますが、経年変化によりどんどん目立たなくなりますので、ご安心ください。

最初から傷がついているものもありますが、自然にできたものであり製造工程内で生じたものではございません。

天然の革の風合いは傷も含めて感じていただけるものですので、その革だけにしかない表情として楽しんでいただきたいポイントでもあります。

プエブロの手入れの仕方

ホコリがついた時には軽くブラッシングしたり、水に濡れた際に乾拭きしていただくことは推奨しておりますが、それ以外の特別なケアは基本的には必要ありません。

革自体にオイルが染み混んでいますので、クリームを塗る必要もございません。

毛羽立ちがまだ目立つ頃にクリームを塗ってしまいますと、色や風合いが大きく変化してしまう可能性があるためお控えください。

プエブロを使用した製品について

HIS-FACTORY製品の多くのものがプエブロを使用していますが、その中の一部の製品についてご紹介いたします。

トートバッグ Ammassare

HIS-FACTORYの代表的なトートバッグであるAmmassare (アンマサーレ)は、一部のパーツを除いてプエブロにて製作されたトートバッグです。機能的であり、強度の高い頑丈な作りになっています。カジュアル、ビジネス問わず、存在感の高い立ち振る舞いをしたバッグです。

キーケース&財布 Quattro

ミニマルなスタイルにおすすめしたキーケースと財布が一体となったアイテムです。お札やコインカード、鍵を十分に収納できる機能性と、味のあるプエブロが人気の逸品です。

※現在品切れです。

名刺入れ

ベーシックでシンプル、扱いやすい名刺入れです。購入当時の姿から、年月を経て深みのある色と艶を出してくれるので、ビジネスキャリアの相棒として、長く使っていただたい品となっております。

ーーーーー

以上のほかにもプエブロで作られてた製品が多くありますので、ぜひHPのプロダクトページにて各製品を確認していただければと思います!

HIS-FACTORY(ヒズファクトリー)

画像4

HIS-FACTORYは、鞄をはじめ財布・名刺入れなどの小物類まで、イタリア製植物タンニン鞣し革を用いてハンドメイドで製作している、すみだの工房ショップです。

隅田川のほとり、スカイツリーが大きく映える空の下の工房で、ひとつひとつ丁寧に製作しています。工房で製品を作りあげるのはもちろん、お客様へお届けするのも、工房から行っております。


代表:
中野克彦

住所:
〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1丁目16番5


店舗営業時間:
月、水、木、金 11:00〜19:00
土、日 10:00〜18:00

定休日:
火・水曜日

TEL:
03-5619-1602
FAX:
03-6740-7883

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
HIS-FACTORY STAFF
墨田区・吾妻橋にある革工房ショップ、HIS-FACTORY(ヒズファクトリー)のスタッフです。植物タンニンなめし革で作られた革鞄、財布、小物を販売。オーダーメイド受注や、楽しく参加できるワークショップも展開中! https://his-factory.com/