「名言との対話」8月7日。キュリー・マリス「PCRを感染症の診断に使ってはならない」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「名言との対話」8月7日。キュリー・マリス「PCRを感染症の診断に使ってはならない」

久恒 啓一

キャリー・バンクス・マリス(Kary Banks Mullis, 1944年12月28日 - 2019年8月7日)は、アメリカ合衆国の生化学者。

ノース・カロライナ州生まれ。幼い頃に化学の楽しさに目覚め、さまざまな実験を繰り返した。シータス社の研究者時代に、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法を開発し、この功績で、日本国際賞も同時受賞している。そして1993年のノーベル化学賞を受賞した。

いい機会なので、 PCRの勉強を少ししてみよう。ポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction)とはDNAサンプルの特定領域を数百万〜数十億倍に増幅させる反応または技術のことである。英語表記の頭文字を取ってPCR法、あるいは単純にPCRと呼ばれている。

PCR検査とは、 DNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の働きを利用して、一連の温度変化のサイクルを経て任意の遺伝子領域やゲノム領域のコピーを指数関数的に増幅することで、少量のDNAサンプルから十分な量にまで増幅し検査する方法だ。医療、分子生物学、法医学などの分野で広く使用されている有用な技術で。細菌やウイルスによって引き起こされる感染症に対し、高感度で迅速な診断に役立っている。

今まさに、 新型コロナで連日「PCR」という言葉が流されているが、その開発者がこの人である。陽性反応者とはウイルスが体内に侵入したが感染には至っていない者、感染者とはウイルスが細胞内に侵入し増殖を始めた者、患者とは「感染」した者のうち各種の「症状」を発した者という定義となる。

病原体というのは常在性があり、人と共生している。病気の症状を引き起こすとは限らない。医療は本来、症状を観察して診断するものであり、確かめるために検査がある。先に検査から始まるのは問題がある。武漢でも病原体として特定されたわけではない。この検査を意図的に使われると、特定の人を合法的に隔離できるなど、危険で恐怖社会が到来する恐れもある。以上のような説を唱える人もある。だから、この開発者は「PCRを感染症の診断に使ってはならない」と遺言したのだ。皮肉なことだが、2019年8月に亡くなった直後に新型コロナ騒ぎが始まった。少し注意してニュースをみなければならないと感じた。火薬の発明者ノーベル、原爆の開発者たち、そしてPCRのマリスなど、人類の大発明者たちは、自分の業績がもたらす影響に懐疑的であったことは考えさせられる。

さて、『マリス先生の奇想天外人生』という自伝がある。世紀の発見は、ガールフレンドとのドライブ・デート中のひらめきから生まれたものだ。また、幼少期から繰り返した危険な実験の数々、LSDのトリップ体験。毒グモとの死闘、宇宙人との遭遇、結婚を4回繰り返した無類の女性好き、サーフィン狂、、、、。ノーベル賞受賞時にサーフィンをしていて「サーファーが受賞」と書かれたり、受章直前にいたづらで逮捕されそうになる、スウェーデン皇后とのやりとり、美智子妃殿下とのフランクな会話など、エピソードが満載だそうだ。この自伝はぜひ読みたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
久恒 啓一
ひさつね けいいち。