見出し画像

重要:定期購読申込みと解約のしかた

松井久子のNoteマガジン「鏡のなかの言葉」にようこそ!
このマガジンは、月額1,000円ですべての記事(全文)が閲覧できる定期購読制になっています。
気に入っていただけたら、下記ページより購読申込みをお願い致します。

定期購読マガジンの申込み方法は「1.マガジンのトップページから購入」「2.マガジン内に含まれている記事ページから購入」の2通りあります。
いずれの方法にしても、初めてnoteでお申込みいただく際には後述のとおり「会員登録」が必要となりますので、ご注意ください。

申込み方法1.松井久子のトップページから購入

松井久子トップページ   https://note.com/hisakomatsui

スクリーンショット 2020-06-08 8.59.37

申込み方法2.各記事ページから購入

各記事の下にある表示から「購読して続きを見る」のボタンをクリックして、購読申し込みをお願いします。

スクリーンショット 2020-06-08 9.57.13

会員登録について

1.ボタンをクリックすると、下記のような画面が出てきます。

スクリーンショット 2020-06-08 9.57.27

2.「会員登録」を押すと、登録用画面が出てきます。
ニックネーム、メールアドレス、パスワードを設定し、画像選択、利用規約に同意にチェックを入れてボタンを押します。
Facebookまたはtwitterのアカウントをお持ちの方は、ボタンひとつで会員登録が可能です。

スクリーンショット 2020-06-08 9.57.43


3.記載したメールアドレスに登録完了のメールが届きますので、そこから先ほどのメールアドレスとパスワードでログインし、決済方法(クレジットカードまたはスマホ料金と一緒のお支払い)を選択のうえ、購読手続きをお済ませください。

解約について

なお購読手続きから1ヶ月間はお試し期間ということで「無料(全記事全文が購読可能)」とさせていただき、手続きの翌月からは登録頂いたカードより毎月の引き落としとなります。
もしお試し期間中に、あるいはご自身の希望で解約されたい方は、以下の手順で解約手続きをお願いします。

【解約の方法】
1:note右上にあるご自身のアイコンをクリック
2:マガジン一覧をクリック
3:停止したいマガジンを選択
4:表示された「購読内容」の右下の「購読を停止」をクリック
5:表示された確認画面で「購読を停止」をクリック
6:「閉じる」をクリックして終了
以上の手順で定期購読が解除されます。 

参考:このマガジンの楽しみ方

それではこのマガジンの楽しみ方についてご説明します。
つくりとしては、マガジンの中にそれぞれの記事が入れ子のように入っているイメージです。

松井久子のつれづれ日記では、テーマはバラバラながら、私が日々のなかで気づいたこと、考えたことなどを気楽に週2,3度のわりで綴ります。

連載コラム、オンラインショップ・セレクション、オンライン・ワークショップは月に2度のわりで新しい記事がUPされる予定で「つれづれ日記01,  02…」というように、 各記事が古い順にナンバリングされています。
noteはHPと違ってテーマ別でなく、すべての新しい記事が更新される順番で表示されるため最初は見にくいかもしれませんが、ご了承ください。

最後の語り場は、定期購読申込みをいただいた皆さんとの交流の広場です。
上記の各記事にはどれも直接コメントをすることができますが、語り場では自己紹介やご自分がメンバーに問いかけてみたいことなどを自由にお書きください。

尚、皆さんの書き込みで、私が著しくこの場に相応しくない記述と判断したものは、削除させて頂くことがあります。ご了承ください。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
1.映画監督松井久子と読者との双方向コミュニティに参加できる。2.ワークショップ(書くこと、映画をつくることなどの表現活動や、Yogaをはじめ健康維持のためのワークショップに参加できる)3.映画、音楽、アート、食と暮らしなどをテーマに一流執筆人によるコラム。4.松井久子が勧めるオンライン・セレクトショップ。

映画監督松井久子を中心に同じ価値観や感性をもつ者同士がつながり、生きること暮らすことを考えながら共感を分かち合う双方向マガジン。 特に文…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
❤️をいただきありがとうございます!ぜひ周囲の方にもご紹介ください。
1
東京出身。早稲田大学卒。雑誌のライター、俳優プロダクションの経営、TVドラマのプロデューサーを経て、50歳から映画監督。 『ユキエ』『折り梅』『レオニー』『何を怖れる』『不思議なクニの憲法』5本の映画をつくりました。http://www.essen.co.jp

こちらでもピックアップされています

鏡のなかの言葉(定期購読)
鏡のなかの言葉(定期購読)
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

映画監督松井久子を中心に同じ価値観や感性をもつ者同士がつながり、生きること暮らすことを考えながら共感を分かち合う双方向マガジン。 特に文章を書くこと、写真や映像を撮ること等の「表現」を学び、読者たちも作品を発表し、メンバー同士で批評し合う。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。