見出し画像

祝タケト優勝!全体面有利スピードザシアン!

お久しぶりです。Hiroです!
今回はlimitless onlineというlimitlessさんが主催するPTCGOのオンライン大会で調整メンバーのタケト(@pcg_1009)が予選1位通過でそのまま優勝したスピードザシアンを解説しようと思います!今回のデッキは主にタケト(@pcg_1009)とHiro(@Hiropkmn)とはる(@haruN_poke)で調整しました。

この記事は最後まで無料(投げ銭)でお読みいただけます。いただいたお金はタケトが関東に練習しにくる遠征費として使わせていただきます。

画像2

↑タケトの構築(優勝 戦績20-3)

大会前まであまりスピザシを練習できなかったので丸い構築にしました。今回は構築を丸くしたことによって勝つことができたと思います。

画像3

↑Hiroの構築(44位 戦績14-6)

多少構築が尖っているので練度が高くなってから使って欲しいです。


デッキのメリット


ザシアンさえ置ければゲームができる。
2ターン目から容易にブレイブキャリバーを使うことができる。
安定感がありどのデッキにも勝てる。(無理対面がない)
理想ムーブを決めるとサイドレースが追い付かれない。
盤面をひえくだけにすることができ1-2-2-2を押し付けられる。

デメリット

ザシアンをおけないと試合にならない。
HPのインフレにより基本ワンパンできない。
なぞにかちゃるときがある。(手札がエネだらけ、メタルソーサーが序盤に3枚セットとかでくるetc)
引かなきゃいけないカードが多い。
打点が決まっている。(基本230連打)

基本の回し方


ザシアンで殴りつつ埋めれるときにジラーチ♢を埋めます。
場はザシアン2体ジラーチ1体ヤレユータン1体バリヤード1体の場が理想でどの試合でもベンチに空きを作ると戦いやすいです。
さるじえやねがいぼしの順番がとても大事なので今のターンやこの先何が必要なのか考えてプレイします。
サイドまで拾えるデッキなのでサイドはなるべく覚えてください。毎試合メモしてました。


3神ザシアンとの比較


メリット

1ターン殴るターンが早い。
安定感がある。
オルタージェネシスを使わなくてもジラーチ♢でサイドをずるできる。
場にtagteamを置かないことで負け筋が減ったり場をひえくだけにすることができる。
3神ザシアンと違ってサイドプランが柔軟。
分岐が多くプレイングが出る。

デメリット

要求値が3神ザシアンより高い。
バリヤードがサイドに埋まるとジラーチ♢が機能しない。

対ドラパルトvmax 

(五分「ptcgo環境だと有利7;3」)


サイドプランは3-2でジラーチ♢を埋めつつドラパルトvmaxとドラパルトvかデデンネGXを倒すか3-3で2体のドラパルトvmaxを倒します。(3-2>3-3)
まずptcgoで起きているバグについて説明します。
メタルゴーグルがついているポケモンでホラー超エネルギーのポケモンに攻撃すると本来であればメタルゴーグルで攻撃したポケモンにホラー超エネルギー分のダメージが乗りますが今ptcgoではダメージが乗らないバグが起きています。
つまりメタルゴーグルをつけたザシアンがメタルゴーグルをつけている限りドラパルトvmaxの攻撃を2回受けられます。
なのでこのマッチはメタルゴーグルをザシアンに貼りつつザシアンが殴り続ければ基本負けないです。ただこちらが事故ってテンポロスするとかなりきつくなるので勝率を上げる場合はマオ&スイレンを入れて回復を挟むといいです。
仮にバグがなかったらザシアンが2回殴られて倒されるのでマオ&スイレンは必須かなと思います。
あとこのマッチで気を付けないといけないことはベンチを広げすぎないことです。
余計なポケモンを置くとダイファントムのベンチに5点ばらまく効果でサイドレースを有利に進められてしまうのと回収封じのバリヤードによってベンチに置いたシステムポケモンが回収できないのでベンチ管理がかなり大変です。
この試合で置くシステムポケモンはジラーチとヤレユータンと埋める用のバリヤードです。
出すのは基本この3枚で相手にサイドプラン1-1-1-2-2を押し付けると強いです。
ジラーチなど使いまわしたいときは必ず回収ネットで回収してバリヤードケアをしましょう。


対3神ザシアン(微々有利6;4)


サイドプランは3-2でジラーチ♢を埋めつつ3神とデデンネorザシアンを倒します。
スピードザシアン側は3神ザシアンより1ターン早く殴れるので3神をザシアンで2回殴って倒して相手のザシアンで自分のザシアンが倒された返しにそのザシアンを取ることを目指します。
負ける試合はオルタージェネシスgxした次のターンにザシアンでザシアンが倒される試合やデデンネを3神で倒されて裏にザシアン作られてテンポ負けする試合です。
あとはジラーチ♢が埋められなくて3-2-2プランを取らないといけなくて相手にザシアンを2体作られたなどです。
3神ザシアンは動きが決まっているので負けパターンを頭に入れておけば勝率は上がると思います。

対小ズガ(五分)

サイドプランは3-3のジラーチ♢を2回埋めてgxかvを2体倒すか3-2-1のジラーチ♢を2回埋めてgxかv1体とひえくを2体倒します。(3-3>3-2-1)
今の小ズガにはリセットスタンプやマリィなどの手札を流せるカードがないのとボスの指令を採用している人が多くないので2~4ターン程ひえくのポケモンをバトル場に出しながらふとうのつるぎを使って手札を増やしてメタルソーサーや回収ネットなどを集めに行きます。
自分が殴りだすターンは3-3プランの時は2ターンあれば勝ち切れるので相手のサイドが3枚になるまでは準備してて大丈夫です。
3-2-1プランの時はカプ・レヒレがいれば4枚、いなければ5枚の時から殴りだしてください。
あとリセットスタンプを採用していれば相手がサイド1枚か2枚の時にボスの指令でザシアンなどのを呼び出してほろびのゆめを打つとかなり通るので相手にサイドを先行されていても捲ることが可能です。ジラーチ♢を使う試合はサイドに埋めてベンチに出した後に起動させるのでメタルソーサーは2枚持っていてください。
相手の場をひえくのポケモンで埋められてしまうと3-3プランや3-2-1プランが取れないので相手が場を埋めるまでにクチートGXの特性で無理やり相手のベンチにポケモンを置きましょう。小ズガ側にこのケアとしてクイックボールや火打石などで捨てられるとかなりしんどいです。このケアをする相手に対してはカプ・レヒレがないと負けます。

対ミラー(先行6.5:3.5) 

先行がかなり有利です。
サイドプランはだいたい3-2-1です。
このマッチで大切なカードは相手の攻撃を耐えられるメタルゴーグルと相手のザシアンのメタルゴーグルをはがせるツールスクラパーとメタルソーサーです。
ジラーチ♢を埋めるより圧倒的にザシアンを盤面に複数作ってボードの強さで勝負したほうがいいです。
先に殴れるからと言って相手のザシアンじゃないポケモンを取りに行くとだいたい負けるので駆け引きが難しいです。
あと捲る手段としてジラーチ♢を2回埋めることがありますが殴りつつジラーチ♢を2回埋めることはかなり無理があるので2回埋めて勝つことはこのマッチでは無理です。

対ピカゼク(微々有利6;4)

サイドプランは3-2でピカゼクとパルスワンかデデンネを倒すかピカゼクとライライを倒します。(3-2>3-3)
基本ザシアンを作ってピカゼクに210を与えて殴ったザシアンが倒された返しでミュウのサイコパワーかサンダーマウンテン♢があればデデンネのGX技で倒します。
タケトの準決勝の試合のようなtagteamを2回押し付けられる立ち回りを相手にされるとかなり厳しいのでデデンネが入っていないブルーピカゼクなどのほうが相手してて嫌です。
マオ&スイレンでピカゼクが回復されるのもザシアンを2体とクチートgxかザシアンを3体作らないといけなくなるのでかなりしんどいです。



カードの使い方

ポケモン

ザシアン(確定枠)
このデッキの軸。場に2体置けると強い。
3体目はベンチのスペースがなくなりジラーチ♢が置けなくなったりその他システムポケモンが機能しなくなるので置きません。


ジラーチ(確定枠)
初手を安定させたいので3枚採用。4枚だと腐ります。
盤面には基本1体でサイドにジラーチ♢を埋めないプランをとるときはベンチに空きがあるので2体目を置きます。


バリヤード(確定枠)
基本はジラーチ♢を埋めるために使います。
ほかの使用方法は対戦開始時に埋まっているジラーチ♢の場所の確認をすることができるのでサイドにジラーチ♢が埋まっていても試合中に確実にとることができます。
埋まっている場所の確認はジラーチ♢を山に返してしまうかもしれないので回収ネットは最低でも1枚使います。
1ターンで確認したい場合はヤレユータンと回収ネット2枚があれば確認可能です。
あとはサイドにあるほしいパーツをジラーチが埋まっていれば20%(サイドが6枚時)で山に戻せるのでこの試合使わないカードをさるじえでのせてパントマイムを使うことでサイドもデッキとして機能させることができます。要するにグラジオのような使い方ができます。例えばのサイドの半分の3枚がエネルギーだった場合にパントマイムを使ってふとうのつるぎをすると50%で山のトップがエネルギーになるのでエネルギーが付きやすくなります。
この2つのバリヤードの使い方はかなりトリッキーで使う場面も多くはないので頭に入れておけばいいかなと思います。
バリヤードの2枚目は検討しましたが枠がないこと、ジラーチ♢を埋めなくてもそこまでデッキパワーが落ちないことので採用しませんでした。2枚目をもし入れるならダート自転車とセットかなと思います。


ジラーチ♢(確定枠)
パントマイムとさるじえをうまく使ってサイドに埋めます。
1回しかジラーチ♢を埋めない場合はリセットスタンプをケアしたいので最後に取るようにしましょう。
あとはタチフサグマ戦でメタルゴーグルをつけたジラーチ♢が殴ることで相手に単騎されても負けなくなります。マオ&スイレンがあると回復もできるのでタチフサグマへの勝負が1割りほど上がります。


ヤレユータン(確定枠)
ふとうのつるぎとジラーチ♢を埋めるのに使います。
Lo戦以外毎試合絶対に置くので2枚採用。山札にさるじえで戻すカードがかなり難しいので何ターンか先を見据えて残すカードを考えましょう。残すカードの中での優先順位は
デデンネGX=メタルソーサー>ポケモンいれかえ>回収ネットです。困ったらこの順番で返せばいいと思います。


デデンネGX(確定枠)
基本は最後まで出しませんがこのターンに引かないと負けるときは使います。
あとは対ピカゼク戦でサンダーマウンテン♢が出ているときにGX技を使ってザシアンで殴って弱ったピカゼクやライライを倒したりもします。


ミュウ(確定枠)
使う対面は主にピカゼク戦。
ベンチに置くだけでピカゼクのタッグボルトのケアができザシアンで殴ったピカゼクをサイコパワーでちょうど倒せます。最初は黄昏の弾丸を持ったネクロズマと択でしたがタッグボルトケアがかなり大事だったのでミュウを採用。


カプ・レヒレ(選択枠)
前回の予選1位が小ズガだったので増えると思いHiroは採用。なくても勝てますがあると楽なので入れました。


ミュウツー(選択枠)
あると便利カード1
このデッキは基本研究しか使わないので研究を連打できるカードであり回収ネットで使いまわして山を強くできるので便利でボールとベンチに出ていれば回収ネットがサポートになるのも偉いです。ですがベンチ管理が大変なデッキなので扱いが難しいです。
このデッキに慣れるまでは採用はおすすめしません。
あとマオスイレンとセットで入れると強いカードです。


ガラルジグザグマ(選択枠)
あると便利カード2。回収ネットで使いまわしができるので戒め祠とセットで使うことでtagteamをワンパンできます。このカードも使うのが難しいと思います。

クチート(選択枠)
2エネアタッカー兼コズガなどひえくメインの相手に対してジラプリを埋めて特性で相手の手札のGX.Vをベンチに出してサイド3-3プランを取りやすくするための採用。
ドラパルト対面でもかなり強く、メタルゴーグル+超抵抗(-50)によりダイファントムを2発耐えるためほぼ毎試合使う。
ひえくの盤面からザシアンだと1エネ+メタルソーサー2枚でないと殴ることが出来ないが、クチートだと1エネ+メタルソーサー1枚で済むためかなり便利なカードだった。
あととにかくかわいい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

画像1

サポート

博士の研究(確定枠)
強い。以上


マリィ(確定枠)
博士の研究の5枚目。相手の手札を流したかったんで採用。


ソニア(確定枠)
ソニアを使うだけでジラーチ♢を簡単に埋めることができます。
エネルギーもサーチできるのでふとうのつるぎとも相性がいいです。

ボスの指令(確定枠)
Hiroはグレートキャチャー2とミュウツーを採用していたので2枚。
タケトはミラーの時強い点とミュウツー不採用から3枚。


マオ&スイレン(選択枠)
ドラパルト対策で採用。ポケモンいれかえの5枚目として使えるのも便利。
ミュウツーとセットでの採用したい。

グッズ

フレンドボール(選択枠)
環境的に強いと判断。
どの対面でも腐らず使えた。1ターン目にザシアンを置くことだけを重視するならスーパーボールやモンスターボールやポケモン通信でもいいと思う。
2枚目をいれてもいい。

クイックボール(確定枠)
強い。以上

回収ネット(確定枠)
ジラーチ♢を埋めるための最低枚数を残しておけば基本的に雑に使って大丈夫です。
回収先で多い順はジラーチ>ヤレユータン>ミュウツー>ジラーチ♢=バリヤード。
あとはまれなパターンですが盤面をザシアンだけにすることでサイドプランをずらすこともできます。

ポケモンいれかえ(確定枠)
回収ネットは雑に使えましたがポケモンいれかえは雑に使うとザシアンが連続で殴れなくなるのでポケモンいれかえか回収ネットどっち使うか悩んだときは回収ネットを使ってください。

ツールスクラッパー(確定枠)
基本雑に使っていいですがピカゼク戦とミラー戦はキーカードなので大切に使いましょう。

グレートキャチャー(確定枠)
ピカゼクに負けたくなかったのと環境的にデデンネGXがベンチに出るのでHiroは2枚。
タケトは丸い構築なので1枚。ねがいぼし回収ネットがあるのでほしいときに引きやすいです。

メタルソーサー(確定枠)
ザシアンは意外と簡単に倒されるのでベンチにメタルソーサーを使って置いておくのはよくないです。メタルソーサーは基本殴るターンに使いましょう。

リセットスタンプ(選択枠)
捲る用のカード。ずっと2枚で回していましたが小ズガ相手にスタンプ無人発電所を何度も突破されたりピカゼクなど環境デッキにあまり刺さらなかったことから今回は抜きました。ですが終盤リセットスタンプが欲しくてたまらない試合が多かったので1枚は採用したほうがいいかなと思います。さるじえさえ置けていれば博士の研究で巻き込まずに好きなタイミングで使うことができるので。
あとこのカードがあるとジラーチ♢で殴ったときにポケモンを倒しやすくなります。
リセットスタンプ+ボスの指令+ほろびのゆめはコンボです。何度か通して負け試合を勝ち試合にしました。

メタルゴーグル(選択枠)
鋼鉄のフライパンとの択だが現環境に炎タイプは小ズガしかいないのと対ドラパルト最強カードなので採用。Ptcgo内で起きているバグ早く治れ。

エスケープボード(確定枠)
ジラーチとセット。
回収ネットが出たことで抜いて回していた時期もあったがやっぱりあると便利。
どうしても枠に困ったら抜いてもいいかもしれない。

スタジアム

戒めの祠(選択枠)
ピカザクの要求値を上げるカード。ミュウミュウにも多少強くなるので採用。

皆さん最後まで読んでいただきありがとうございました!スピードザシアンはこれからの環境でもまだまだ活躍できるデッキなのでこの記事を機会にぜひ使ってみて欲しいです!

いよいよ来週はinvitationalです。

みんなでタケトを応援しましょう📣

ではまた今度!

この続きをみるには

この続き: 0文字

祝タケト優勝!全体面有利スピードザシアン!

Hiro

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
110
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。